転職失敗したらどうする?対応策と解決策を紹介!使用期間の疑問も解決します!

あ〜これは転職失敗かもしれない‥どうしたらいいんだ?使用期間に辞めても大丈夫なのかな?やっぱり経歴に傷がつくし‥どうしよう

転職失敗かもさん

こんなお悩みにお答えします。この記事で分かることは以下の通りです。

・転職失敗したときにどう対応するべきか?対応策と解決策

・使用期間に辞めたり在籍期間が短いのは不利か?

意を決して転職をしたのに失敗したとなると精神的にけっこうくると思います。しかし、転職の失敗なんて普通にあることなので、悩むのではなく次どうすべきか考えていきましょう。

転職失敗したときにどう対応すべきか?対応策と解決策を理解しよう

さっそく転職失敗したときの対応策と解決策からご紹介します。

・なぜ転職に失敗したかを考える

・原因が理解できたらライン引きをする

・転職に失敗したときの動き方を知る

上記3つを知ることで転職に失敗してもしっかりと対応できます。

転職に失敗したらなぜ失敗したかを考える

いきなり転職活動だ!なんて人もいますが、落ち着きましょう。今回、なぜあなたは転職に失敗したと感じているのでしょうか?

妥協して内定が出た企業に転職したから?給料ダウンを飲んだから?やりたい仕事に就かせてもらえなかったから?

どうでしょうか?思いの外、会社のせいで失敗したというよりも自分が原因の部分もあるのではないでしょうか?

もちろんブラック企業に行ってしまってというのは別パターンですが、自分が転職活動時にもっとリサーチしておけば‥そこの企業の人と話す機会を作っていれば‥など反省点が出てきますよね?

ここが大事です!この反省点を繰り返さないことが非常に大事。同じように転職活動をしても同じ過ちを繰り返すだけです。

転職に失敗する典型例を「転職でよくある失敗事例から学ぶ転職失敗学のススメ!実体験を元に誰でもわかりやすく解説!」の記事で紹介しつつ解決策まで紹介しています。

では、自分が原因というのは理解できましたが、どのようにして問題点を炙り出していくか紹介します。

5つのwhyで転職の失敗の原因を突き止めよう!

マーケティングの世界ではなぜなぜ分析だったり、トヨタ自動車が発祥元からトヨタ式なんて言われますが、1つの事象に対して5回のなぜを問いかけて問題の根本をあぶり出すという方法です。

私も1度目の転職に失敗しているので5つのwhyに当てはめてみました。

上記のようにしていけば根本的原因が見つかります。この原因を潰していくことで次の転職は成功する可能性がグッと高まりますよ!

転職失敗の原因が理解できたらライン引きをする

転職失敗の原因が5つのwhyを使って発見できたら、あとは潰すためにライン引きをしましょう。

ライン引きというのは「ここは譲れない、妥協できるというライン引き」のことです。

自分の例を出すと1番の原因は「給料ダウンが激しすぎたことと残業代が出なかったこと」ですね。

では次の転職では何を考えるか?というと「給料は最低でも300万円は確保する、残業代をちゃんと出してくれるぐらい売り上げがある企業を選ぶ」ということになります。ここは妥協できない部分です。

では続いて、どんな仕事をするか?というと、私は現在webデザイナーとして働いていますが「Webマーケティング」の分野にいきたいと思っております。

ということなので、Webマーケティングのキャリア作りのためなら職種を変えても大丈夫(いきいなりWebマーケではなく広告代理店を挟むなど)なので、多少なりとは妥協できます。絶対に次がwebマーケティングじゃないといけないという訳ではありません。

では続いて休みは?福利厚生は?勤務地は?‥といった具合にどんどん妥協できるか?必須項目か?というのをライン引きしていきます。

 

上記のようにライン引きをはっきりさせておけば、求人をみたときにもどんどん精査していくことができます。みなさん自分の中で自然とこのライン引きはしています。

ですがはっきりと言語化はしていないはずです。転職エージェントも最初の面談でここの部分を聞くはず。はっきりとさせておかないと望んだ転職にならないからなんですよね。

また、このライン引き、実は内定をもらったときにも役に立ちます。例えば3つ内定をもらったときの判断基準になったり、面接で「明日から入社してよ」って言われたとしても優先順位がついているはずなので答え方が変わってきます。

転職活動で失敗したくなければ妥協することなく言語化することをオススメします。

転職に失敗したときの動き方を知る

では原因を追求し、ライン引きまでできたら、これからどう動くのか?を決定しましょう。

ここまで転職する前提でお話を進めてきましたが方向性は大きく分けて3つです。

・今の状況を受け入れて仕事を続ける

・すぐに転職活動を行う

・前職場に出戻りする

では世間のみなさんは転職失敗してしまった!というときにどういう対応を取っているか?というと以下の画像。

(参照:https://corp.en-japan.com/newsrelease/2018/13243.html)

1年以内に転職した人が4割強を占め転職に失敗したらすぐに転職を考えていることがわかります。

かく言う私も4ヶ月で転職活動をスタートさせているので、1年以内に転職する4割の人間です。

この数字をみて背中を押す訳ではないですが、私は「転職失敗だと思ったら原因を突き止めて転職した方がいい」と考えています。

転職失敗を受け入れて働き続けるメリットデメリット

先ほどの画像の半数以上の人が一旦は受け入れて1年以上働くということですが、メリットは以下の通り。

・経歴に傷がつかない

・1年以上在籍することでその職場でのスキルが身に付く

デメリットは以下の通り。

・時間がもったいない

・モチベーション高く仕事ができない

・失敗したというストレスを抱えつつ生活

どういった転職の失敗だったか?ということにもよりますが、メリットが薄いわりに時間が過ぎていくのはもったいないのでは?と思います。

転職の失敗が、給料なのか、応募した仕事内容ではなかったとか、様々かもしれませんが失敗である以上、転職するのがオススメです。

その仕事で最低限の生活ができて、自分の目指すキャリアに近づけるのであれば続けてもかまいませんが、自分の目指すキャリアに近づけないのであれば続ける理由はありません。

転職失敗したらすぐに転職活動をするメリットデメリット

続いて私と同じ1年以内に転職するメリットは以下の通り。

・自分の目指すキャリアに近づける

・不満のある生活から抜け出し仕事もモチベーション高くできる

デメリットは以下の通り。

・1年以内の転職ため企業によってはマイナスポイント

・環境の変化が激しく疲弊していく

以上となります。

おそらく転職失敗したけどどうしよう‥と迷っている人が1番気になるのは「1年以内に辞めるのはマイナスポイントじゃないのか?」という部分だと思います。ここについては後述します。

転職活動に失敗したら前職場に出戻りするメリットデメリット

最後のパターンとして転職は転職しますが、前の職場に戻るという選択肢もあります。出戻り転職のメリットは以下の通り。

・即戦力になれる

・環境の変化がそこまでない

デメリットは以下の通り。

・以前と同じポジションを与えてもらえるか分からない

・周りからは煙たがれる可能性

以上となります。

前職場に戻る出戻り転職については「転職失敗して出戻りしてもいい人、しない方がいい人の違い3選!あなたはどっち?」の記事で数値などと一緒に詳しく解説しているので、出戻りを考えている人は参考にしてください。

転職に失敗して使用期間中などに辞めるのはあり?

この記事の読者さんが気になる部分の「試用期間中や1年以内に転職するのは大丈夫か?」という部分です。結論としては以下の通りです。

・使用期間にやめようが正社員になってから辞めようがあまり関係ない

・転職理由がしっかりしていれば1年以内でも大丈夫

・スキルがなければ我慢しつつスキルアップするのがオススメ

どうしても1年以内だとまた辞めるんじゃないのか?と思われそうですがカバーできます。

使用期間、正社員などタイミングはあまり関係ない

実際に私もどうなんだろう?と思ったことですが、使用期間で辞めた方がいい、正社員になってからがいいというのは転職に関してはあまり関係ないようです。

実際、使用期間というのは雇用者と企業側がしっかりと仕事にマッチするかどうか?を試す期間です。この期間に合わなかったということで辞めても正統な理由になります。

結論、ここはどっちでもいいです。次の転職先がすぐに決まったのであれば使用期間でも大丈夫ですし、正社員になっても大丈夫です。

1年以内で転職するなら転職理由をしっかり作る

使用期間でも正社員でもどっちでもいいですが、1年以内で辞めるのであれば転職理由はしっかり作っておきましょう。

ポイントとしては

・なぜミスマッチが起きたのか?

・今回の転職ではどういうことを叶えたいのか

・その上で企業にどういう貢献ができるのか?

上記をしっかり伝えることで、単にきつくて辞めたとか、目的がなくて転職したいという印象をもたれなくなります。

面接でもしっかり自分は御社で長く活躍していきたいですということがアピールできます。具体例をわたしの2回目の転職で考えてみましょう。

前職、未経験の消防からwebデザイナーになり、4ヶ月で転職するというのが現状です。マイナス部分はできるだけポジティブに言い換えます。

なぜミスマッチだったか?

・給料が低すぎた→最低限いただければあとはパフォーマンスでカバーします

・残業代が出なかった→残業をしないように効率化を測っていこうとする

・上司が全員辞めた→上司とはいい関係を築いていたが転職のため仕方ない

・制作をやりたいのではなかった→制作よりも売り上げに貢献する仕事がしたいと気づけた

今回の転職でどんなことを叶えたいのか?(ここは面接時の企業によって違います)

・制作だけでなくその後のコンサルまでしたい

・お客様の売上をあげたい

・自分の提案でお客様を救いたい

その上で企業にどのような貢献ができるか?

・Web制作、デザインができる

・独学でやってきたため自走力があり自分で問題解決ができる

・問題解決ができるということはお客様を満足させることができ売上があがる

簡単な例をあげると上記のような感じになります。本当はもっと深く掘り下げて、たくさん自分の強みを出して転職先の企業とマッチするものを選ぶのがいいですよ。

すべて一辺倒の答え方をしていると、企業理念や企業が大事にしていることと微妙にずれてきて分かってないなって思われてしまいます。とはいえ、これも自分の棚卸しになりますから、キーワードでもいいのでバンバン出していきましょう!

一見、短い期間の転職は不利に思われがちですが、言い方一つでアピールポイントに変換ができるのでしっかり考えていきましょう!

スキルがなければ我慢しつつスキルアップすることがオススメ

ブラック企業(残業代出ない、給料低すぎる、パワハラがやばいなど)でないのであればすぐに転職するのではなく、その企業でのポジションでどんなスキルが得られるか?を考えましょう。

そこでそのスキルが自分のキャリアパスにプラスであるのであれば継続していいでしょうし、プラスにならないのであれば社内異動を打診してみたり、独学をすることでスキルアップもできます。

この選択は20代前半の方は有効ですが、20代後半の人や30代の方は焦りが出てくるので転職することをオススメします。

転職失敗?後悔した?失敗しないための方法を1年で転職2回経験するwebデザイナーが紹介!

転職失敗したらどうする?のまとめ

・なぜ転職に失敗したかを考える

・原因が理解できたらライン引きをする

・転職に失敗したときの動き方を知る

上記3つを知ることで転職に失敗してもしっかりと対応できます。

世間の数字に惑わされることなく、自分の状況をしっかり考えて原因を追求し、ライン引きをして転職活動をしましょう!

あなたにオススメの記事

転職失敗?後悔した?失敗しないための方法を1年で転職2回経験するwebデザイナーが紹介!

転職失敗して出戻りしてもいい人、しない方がいい人の違い3選!あなたはどっち?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です