未経験からWeb制作会社へ転職するときどこまでスキルがあるといいのか?

この記事では「Web制作会社に転職するまでどれぐらいスキルがあるといいのか」という内容になっています。

Web制作やwebデザイナーに転職したいけど、転職活動の時にどれぐらいのスキルがあればいいの?という悩みに、実際に自分が独学したスキルと、転職活動をしてここまで必要だなと実感したことを紹介します。

 

未経験からのWeb制作会社へ転職するときの必要なスキル

実際に、独学していてどれぐらいを求められるかわかりませんよね。

この記事がその指針になればと思います。

 

求められるスキルは以下の通り。

  • WordPressテーマ作成までできる(レベル別あり)
  • 自社開発だとVueやReactなども求められる
  • デザイン会社だとPhotoshopのスキル

わたでゅが独学した領域は以下の通り。

  • WordPressテーマ作成までできる
  • ポートフォリオサイトを公開できる
  • ブログで1万PV以上達成する

自分はWeb制作かマーケティングに行きたいと考えていたので上記3つになりました。

では、私が独学した内容を織り交ぜつつ、求められるスキルを深堀りしていきます。

 

Web制作はWordPressでテーマが作成できる

今Web制作を勉強していて、コーディングを勉強しているという人には特に読んで頂きたい内容です。

現場に入って思うのですが、コーディングできるだけじゃ即戦力になりません

 

正直、コーディングってググれば解決するじゃないですか。

しかも今やコーディングできなくてもwebサイトは作れてしまう訳で。

 

さらに、WordPressで自分がコーディングしたものを入れてテーマできた!って言っても制作会社は実際はそれで終わりではありません。

これは有料級の話になってしまうので書くか迷いますが、制作会社はWordPressでホームページを作るとき、全部コーディングでする訳ではありません。

なぜかというと保守性が下がるからです。

 

仮に今やっているフルスクラッチで全部書いたとしましょう。

取引先の情報も入れてあって、その取引先が変わったらどうしますか?

 

またエディターで書き直してテーマをアップしますか?

それともやってはいけない直接書き直しをしますか?

 

まだ副業の合間で2件とか3件とかならわかります。

ですが制作会社がそんな数ではないのはわかりますよね。

 

もちろんテーマ作成までできるのは大事ですが、テーマを作って終わりではありません。

そこから保守性を高める必要があります。

 

この辺についてはnoteで今後書いていこうかと思います。

 

ただ、評価されない訳ではないのでテーマは作れるようになっておきましょう。

自分のポートフォリオもWordPressで作ってレスポンシブも作ってってしておくと評価はされますよ!

 

Web制作はVueやReactも求められる

これは自社開発の企業を受けていたときに実際に面接で言われたことですが、

「人間性は大丈夫なのはわかりました、あとはスキルですね。」

ということで、ポートフォリオを提出していたけどスキルチェクが入りました。

 

つまりWordPressのテーマ作れるぐらいじゃ自社開発には入れないよということですね。

その企業はVue.jsとReact.jsを使ってアプリを開発している企業でした。

 

JavaScriptに関しては再燃してきている言語であったのですが、自分はそこに手を出すまでの時間と余裕がなかったのです。

 

そしてその企業から「今から独学してこのアプリを作ってください」という課題がきました。

アプリの内容自体は難しいものではなかったので作れるは作れるなとは思いました。

ただタイミングが悪く年末だったんですよね‥

 

当時、消防士だったのですが年末っていろいろと忙しいんですよ。

年末警戒とか消防団とのお付き合いとかありましてなかなか課題に取り組めず、作りはしたものの満足いくものではありませんでした。

 

またアプリを作るだけではなく、仕様書とどうやってお客様に営業するか?も考えてくださいとのことでした。

ここで何を求められているのか?ということですが自分は実務経験皆無というのはわかった上での課題なので、やはり自走力とどう考えているのか?ということだと思います。

 

答えはわかりませんが、時間がかけられなさすぎて納得のいくものが出せずに終わり、この企業様には本当に申し訳なかったなと感じました。

少し話が逸れましたが、コーディングだけを求められる訳ではなく、それぞれの企業で使っている言語、フレームワーク等で試されるということも事前に知っておいてください。

 

 Web制作でデザインはPhotoshopのスキルを求められる

こまで自分はgimpを使って対応できる範囲は対応してきましたが、やはりWebザインの企業はPhotoshopがあって当たり前だなと思いました。

ポートフォリオにスキル欄を設けていたのですが、当時の私はまだPhotoshopについては触れていなくて‥ポートフォリオを提出しても「Photoshopの経験はないんですか?と質問が来るか、書類選考で落ちるかのどちらかでした。

 

これは当たり前っちゃあ当たり前ですよね。

現場でほぼ使われているアプリが使えないっていうのは無知の状態で転職活動しているのと同じです。

こんな感じで独学していなければガンガン書類選考で落とされるので、後半の話にも繋がりますが、独学はしておきましょうね。

 

 

未経験から転職するときにガッツだけでは通らない事実

未経験から転職するときにガッツだけでは通らない事実

もちろん時代にもよりますが、元気よさと愛嬌だけで受かるのは新卒だけだと思います。

もちろん転職でもコミュニケーションの能力等は必要ですが、それは必須というかあって当たり前ぐらいな感じです。

つまり、ガッツだけで通るほど転職は甘くないよってことです。

 

言い方悪いですが、受かったとしても大量募集している求人ぐらいだと思います。離職率がめちゃくちゃ高いところですね。

コミュニケーションがありますとか自己アピールで言っても、うんそれで何ができるの?ってなりますから、やっぱり大事なのは独学です。

 

独学については下記の記事で解説しているので参考にしてください。

消防士から未経験の転職の独学はどうしたらいいか? 消防士がWebデザイナーに転職するまでにやったこと3選

 

未経験からWeb制作会社へ転職するときのスキルは?のまとめ

求められるスキルは以下の通り。

  • WordPressテーマ作成までできる(レベル別あり)
  • 自社開発だとVueやReactなども求められる
  • デザイン会社だとPhotoshopのスキル

コーディングできるだけでは正直そこまでプラスになりません。

コーディングありきで、そこから他にWordPressが使えるのか?デザインができるのか?マーケティングができるのか?SEOが強いのか?

このへんが大事になってきますよ!

 

あなたにオススメの記事

消防士から未経験の転職の独学はどうしたらいいか? 消防士がWebデザイナーに転職するまでにやったこと3選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です