消防はよくある体育会系とはかけ離れています

消防って聞くとよく、体育会系だよねって言われます。

この体育会系というのが、

一般的な体育会系と消防の体育会系では大きくかけ離れているということ

をこの記事で紹介します。

これから消防に入りたいという人はぜひこの記事は見ておくべきです。
(いろいろな自治体で職場環境は違いますが一例としてどうぞ)

消防士は体育会系で厳しい

一般的な体育会系というと…

体育会系は運動部に所属していたということだけでなく、目上の者への服従や根性論などを尊ぶ気質のことを指します。

このような認識でしょうか?

 

結論からいうと、消防の体育会系はこの認識では通用しません。
消防の体育会系は

消防の体育会系
・年上の言うことが絶対
・年上が間違っていても指摘してはダメ
・年上の違反は隠す

このようなのが消防の体育会系というものです。

 

ここ最近ではこのような傾向は少なくなっては来ていますが、やはり年功序列の悪いところがでてきます。

 

消防の体育会系は年上の言うことが絶対

 

実はこれはいい面もあります。

年上が言うことは絶対なら、その年上の人は発言すると責任を持たないといけません。

責任を取る人なんてみんなビビりだからいないでしょうが(笑)

良くも悪くも縦社会なんです。

以前こんなことがありました。


結局殴られはしませんでしたが、先輩の勘違いですよね。

このシーンで謝られることはありませんでした。

普通なら

勘違いだった、ごめん

ぐらいは言わないと気が済まない場面ですが、ここは消防の体育会系。

先輩の勘違いでも先輩は悪くないのです。

 

消防の体育会系は年上が間違っていても指摘してはダメ

 

先ほどのツイートの場面で自分が

「先輩の勘違いですよ、謝ってください。」

なんて言ってしまえば火に油どころか、火にガソリンですよ。

 

消防では先輩が間違っていても訂正してはいけません。

なぜかというと先輩を立てるためです。

先輩たちも人間ですからミスはあります。

訓練中に間違ったことを教えてもらっていても、あとから先輩のいないところで訂正しましょう。

先輩の面目を保つ必要があります。

 

消防の体育会系は年上の違反は隠す

 

これは体育会系というか(笑)

自分の消防の悪いところです。ほかのところはどうなんだろう?

 

交通違反は車に乗っていれば誰しもがしてしまう可能性は持っています。

もちろん安全運転はするのですが、結局は捕まるかどうかは運です。

いつも50キロしか出さない人がたまたま下りでスピードが出てしまい捕まることもあります。

いつもスピード違反は当たり前、一時停止もくそもない人が捕まらないパターンもあります。

 

それにも関わらず、自分の消防では若手の交通違反はみんなの前で怒られます。

そしてペナルティがあります。
(訓練できない、機関員できないなどあります)

 

しかし先輩たちが違反をしたら何もありません。

むしろ知らされることすらないです。

 

やんわりと「交通違反がそろそろ出てくるから気を付けて」と言われるだけです。

 

先輩によっては「あそこ張ってるから注意しろよ捕まったわ」と教えてくれる人もいます。

年上の面目を保つために必死なんだなってすごく思います。

 

他のところで頑張れよって思いますが…

あなたがいる、これから入る消防がこんなところではないことを祈ります。

 

消防の体育会系はいい部分もある

もちろんデメリットだけではなく、体育会系はいい部分もあります。

体育会系のいいところ
・上を立て礼儀正しくなる
・責任を負ってくれる
・おごってもらえる

といった点でしょうか。

上を立て礼儀正しくなる

実際、今転職活動中でエージェントと面談などをしていますが、やはり

「体育会系にいるのでやっぱり礼儀正しいんですね」

といわれました。

どちらかというと、へーこらするのが得意ってことでしょうが(笑)

 

好印象を持たれるので、いい部分なのかなと思います。

転職活動については

消防士から転職の現在(辞める6ヶ月前)はどういう状況か

を参考にしてしてください。

 

責任を負ってくれる

先ほども言いましたが(もちろん人によります)先輩の言うことは絶対なので責任は先輩にあります。

現場でも統率が取りやすいので体育会系はいい部分ではあります。

自分の消防のところは裏目に出ていますが、この話は別記事で書かせてもらいます。

 

先輩がこういったから、こうした

ということが言えるため体育会系では隊員が判断に迷うことなく活動ができます。

 

もちろん言ってきた先輩が普段から責任逃ればかりする先輩だと逆効果です。

むしろ自分の判断が全てになってくるので迷います。

スピードも遅くなります。

一緒に現場に出る先輩がちゃんと責任を取ってくれるかくれないかは大きいですね。

 

おごってもらえる

体育会系となると兄貴肌を見せないといけないというか(笑)

悪い言い方をすれば

後輩は気を使うから先輩は金を使う

っていうのを聞いたことがあります。まぁ最低かなと(笑)

 

金は出すから全部しろってことですよねー、そんなの一緒にいたくないです。

むしろ金なんて払わなくていいですよって話ですね。

 

しかし、そんなことは言わずに出してくれる先輩も多いです。

これまで先輩にしてもらったように後輩にもしてあげる。

この気持ちがほかの部分も出てくればいいのになぁとしみじみ思います。

 

己の欲せざる所は人に施すことなかれ

ですね。

消防の体育会系のまとめ

消防の体育会系は

消防の体育会系
・年上の言うことが絶対
・年上が間違っていても指摘してはダメ
・年上の違反は隠す

このようなのが消防の体育会系というものです。

もちろん、メリットもありますが普通の体育会系のイメージとは少し違うかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です