公務員が転職活動で書類選考通らないときの対策は簡単!

公務員から転職活動始めたけど書類選考すら通らないよ‥

公務員さん

こんなお悩みを解決します。

この記事で分かること
  • 書類選考は基本的に通らないという事実
  • 書類選考が通らないときの対応の仕方

私は消防士の地方公務員を4年間務めて、webデザイナーに転職していました。

実際に転職活動もしてきた中での経験に基づいてこの記事を書いていきます。

 

公務員から民間への転職で書類選考は通らない

先日のツイート

自分が転職活動中のリアルな数字ですが、結論からいうと

公務員からの転職は基本的に書類選考は通らない 

と思っていてください。期待する分だけ無駄です。

 

なぜかというと以下のポイントがあるから。

・公務員はビジネス経験がないという評価をされる

・中途採用は即戦力を求めているから

ここで私は「転職は無理」ということを言いたい訳ではありません。

なぜなら、この2つポイントを理解することで公務員のデメリットをメリットに変換して転職活動ができるからです!

この2つのポイントを深掘りしつつどうメリットに変換していくか?というのもご紹介します。

 

公務員からの転職はビジネス経験がないという評価を受ける

公務員の転職市場においての市場価値というのは「ビジネス経験がない」という風に見られています。これは仕方がないです、どう亜がいても民間からはこう見られているということ。

公務員は利益のために普段、仕事をしている訳ではありませんので、ビジネスのことは全くと言っていいほど無知ですよね。

 

じゃあどうしようもないじゃんって思うかもしれませんが、このデメリットをメリットに変換するのは意外と簡単なことなんです。

どうすればいいか?というと「自分で実績を作ればいい」ということです。

 

つまり

ビジネス経験がない=これまで利益を求めた仕事をしていない=実績がない

ということです。

 

公務員が転職するために実績を作るにはどうすればいいのか?

とはいえど、どうすればいいの?って話ですよね。

希望職種がありますよね、その職種の実績を作ればいいだけです。といっても抽象的すぎますね。

 

例えば、私が公務員からの転職で一番オススメなエンジニアであれれば「ポートフォリオを制作する」というのが1番手っ取り早く効果的です。

なぜエンジニアがオススメかというのは「公務員はプログラミングで稼げるスキルをつけるべし!2つの手順を元消防士が解説!」の記事で詳しく書いているのでどうぞ。

 

営業であれば、自分の物を売る訳にはいかないので(副業禁止なため)、誰かの技術を売るというのもありです。

例えば、私が(現職webデザイナー)仕事が欲しいと思っている、そこに対して私のできることやスキルをピックアップしてWeb制作会社に営業するというのを無料で請け負うなど。

つまり営業代行を無料でしますよってことです。

 

SEの部分やディレクションん一部を学ぶいい機会ですよね。無料っていうのがミソで、もちろん公務員という理由もありますが、無料なら仕事もってこれなくても最悪いいよってなるので、実績作りにはもってこいです。

これももちろん職務経歴書に大々的にアピールしていいですよね。営業成績ですから。

 

営業代行を行う人を探さないといけないですが、クラウドソーシングとかにたっくさん仕事が欲しい人がいますので探してみてください。

オススメサイトはクラウドワークスです。無料で使えるのでどんな人がいるのか?というのを見るのもいいと思います。

 

他の業種も上記のことを意識して実績を作ろうと思えばいくらでも応用できると思います。

何よりもエンジニアになることを決意してポートフォリオを作るのが一番手っ取り早く進みますよ。

 

中途採用は即戦力を求められるから書類選考で落ちる

転職となったときに、中途採用になるわけで、全くスキルのない年齢だけ取った人を企業は採用したいと思うでしょうか?やる気と元気だけで内定をもらえるのは残念ながらブラック企業か新卒だけです。

 

新卒と変わらず教育コストはかかるし、戦力になるまでにも給料を払わないといけない‥

という状況があるからただの公務員だと書類選考でバンバン落ちるんです。

そう、ただの公務員だと。

 

ここの部分の解決策はわかりますよね?そうです、独学をしてスキルをつけましょうということ。

先ほどとほぼ同じですが、ここで大事なのは

・独学をしてまででも転職したいんだ

・自分で解決する能力がありますということ

・自分で考えて動くことができるただの公務員ではない

というアピールができます。

 

ここが公務員がビジネス経験がなくてスキルのない即戦力でもない人材というデメリットをメリットに変換できるポイントです。

 

もし、いま転職活動をしていて、実績作りをしていなくて書類選考を落ちまくっているという人は一旦、転職活動は求人などの調査だけにして、もう一年ぐらい見越してスキルアップにつなげた方がいいかもしれません。

 

職場に辞めるって言っちゃった人はキャンセルして全然OKだと思います。

自分の人生ですから、少しぐらい振り回しても大丈夫です、もう一年くださいって頭下げるだけでいいですからね。

 

オススメのスキルはやっぱりプログラミングです。なぜプログラミングを押すのかというのは「公務員はプログラミングで稼げるスキルをつけるべし!2つの手順を元消防士が解説!」この記事にかいてあるのでどうぞ。

公務員はプログラミングで稼げるスキルをつけるべし!2つの手順を元消防士が解説!

 

それはできないよ‥という人は次の章をご覧ください。

 

公務員が転職活動で書類選考が通らないときの対応の仕方は実は簡単

公務員が転職活動で書類選考が通らないときの対応の仕方

実績を作ってスキルアップする以外で書類選考を通過する方法がもう一つあります。

希望職種ではなく希望業界に転職する

という方法です。

 

一番わかりやすい例は実際に自分の例かなと思います。

上記ツイートの内容は、書類選考でバンバン落ちていたときにエージェントと話し合って、少し路線を変えていこうとなって応募した結果のツイートです。

もともと、マーケティングの方で自分は転職しようと思っていました。マーケティングかWeb制作かの二択でしたが最初の期間だけマーケティングの方を中心的に転職活動をしていたんです。

 

当時の自分はTwitterのフォロワーが400?人ぐらいでブログが初月1万PVという実績でアピールしていました。SNSに関しては力を入れていなかったのでブログの方だけをアピールしていました。

ここで感じたのは実績不足だなということ。

薄々は感じていましたが、ブログが1万PVならせめてインスタ1000人以上のフォロワー2ヶ月で達成とか、そういったのが付け加えてあればよかったかなぁと今頃反省です。

 

マーケティングにおいてのSNS戦略のアピールがなかったということもあって書類選考がかなり落ちました。

そこで、Web業界に絞りましょうとなって、Web制作会社も応募することになりました。

 

Web制作に関してはポートフォリオもあったのでツイート通り、書類選考が通っていきました。

ここで言えることは「希望職種ではなく希望業界に入ってビジネス経験を積んで転職するのもあり」ということです。

 

私の場合で言えば、マーケティング業界にいきたいなら、Web制作などでSEOに対しての現場で経験を積む、もしくは広告代理店などでリスティング運用などを経験してマーケティングの企業に入社する、といった具合です。

つまり急がば回れということ。

 

希望の業種ではなくそこに近い業界に入ってから、そのあとに転職するのも一つの手です。

公務員というデメリットでなかなか通らないのであれば、考え方を変える必要もあります。

 

しっかりビジネス経験を積んで、結果を残せば、その後からでもその職種は評価してくれるはずです。

そのときに、「○年前は書類選考で落とされたので今回は〜」なんてのを面接で入れてもいいかもしれませんね。

 

こういった考え方になれたのも、やはり転職エージェントが無料でたくさんサポートしてくれたからです。

現場、どんな転職活動をしているかわかりませんが、転職エージェントは絶対に使っておくべきで、様々なメリットを無料で受けれます。

 

公務員から民間へ転職するときには必要不可欠です。ぜひとも使い倒してほしいので「公務員が使うべき転職エージェント・サイトまとめ5つを元公務員が紹介」こちらの記事で私が実際に使った転職サイト、エージェントを見てみてください。

公務員が使うべき転職エージェント・サイトまとめ5つを元公務員が紹介

 

公務員が転職活動で書類選考が通らないときの解決法まとめ

 

まとめると、

・スキルをしっかり身につける

・希望職種ではなく希望業界に転職するのも1つの手

ということです。

1番いいのはスキルを身に付けて実績を作るほうが転職後も自分がある程度余裕を持てるのでオススメです。

公務員はプログラミングが一番向いてますよ!

公務員はプログラミングで稼げるスキルをつけるべし!2つの手順を元消防士が解説!

公務員はプログラミングで稼げるスキルをつけるべし!2つの手順を元消防士が解説!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です