公務員は市場価値がありません‥しかし簡単な逆転の方法があります

公務員から転職したいけど転職市場じゃ公務員って価値ないって聞くんだよなぁ‥どうしよう?

公務員さん

こんなお悩みにお答えします。

この記事で分かること
  • 公務員は転職市場で企業から評価されないという事実
  • 評価されていないことを逆手に取る簡単な方法

私は、地方公務員の消防士を4年間務めてから、webデザイナーに転職しています。

これまでの転職活動の経験を踏まえてこの記事を書いていきます。

 

先に結論を書いておくと、

公務員は転職市場においてビジネス経験がないので評価は低いけど、ちゃんと転職準備をすることでそのデメリットをメリットに変換することができる

というのが結論です。

 

公務員は転職市場で企業から評価されていない

 

先述した通り、公務員はビジネス経験がないため転職市場では評価が低いです。

 

先日のツイート

割と本当に「公務員だから評価されるんだね」なんて真顔で言ってくる先輩がいましたが、申し訳ないですが世間知らずすぎます。公務員の中だけにいれば仕方がないですが。

 

とにかく公務員は市民や国民のために働くわけであって、利益のために動くことは一切ありません。

消防士なんて特にで、たくさん現場に出たから歩合でボーナスが増えるなんてこともないので、利益が出るためには‥なんて考えたことないんですよね。

 

これは仕方がないことです、公務員という仕事上どうしようもないですから。

転職市場で評価が低いのも仕方ないです。

 

では、転職市場においてデメリットを抱えたまま転職活動をするとどうなるか想像つきますか?

 

公務員がそのまま転職活動しても落ちまくるだけ

仕事も未経験、転職市場でも価値が低い、さぁ誰が雇ってくれるでしょうか?

 

どこの企業も雇ってくれないorブラック企業

 

この2択が待っています。

 

公務員からの転職で営業や土木関係の仕事が多いのは「大量採用しているから」です(仕事を馬鹿にしている訳ではありません、営業がないと仕事は企業にはきませんから)。

割と誰でも就ける仕事であって、公務員の人たちがみんな営業がしたくて営業の仕事に転職したか?というと疑問ですよね。

 

もちろん年収が最初から高い、大手の企業もあるなどのメリットもありますが、あなたが転職したい仕事ですか?

あなたが営業や土木関係に転職したいなら頑張って少しでも自分が売りたい商品がある企業にいけることを応援します。

 

その気持ちがあればすぐに転職先はエージェントを使えば見つかると思います。

公務員から民間へ転職するときは絶対にエージェントを使っておくのをオススメします。「公務員が使うべき転職エージェント・サイトまとめ5つを元公務員が紹介」この記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

 

公務員が転職してる割合が多い職種意外の仕事に転職したい方はもっと別な方法を探るべきです。

その方法を後半で紹介していきます。

 

公務員には転職市場で評価されていないデメリットをメリットに変換できる

公務員には転職市場で評価されていないデメリットをメリットに変換できる

幸運なことに、転職市場には実務経験があるのにスキルがない人がいます。

その人たちのおかげで簡単なあることをすれば「実務経験ないけどスキルあるのか、やる気もハンパないし、自己解決能力も高そうだな、これはいい人材かも」と思わせることができます。

 

その簡単な方法はいたってシンプル「独学」です。

 

もともと市場価値が低いと思われているのでハードルが下がっている分、独学をしてスキルを付ければ有能だ!って思わせることができます。

これはけっこう有効的で、自分のポートフォリオや面接での受け答えで相手の反応が全く違います。

自分も面接では「公務員なのにスキルがここまであるのはびっくりしました」と言われたこともあります。

 

別に大したスキルじゃないですよ?普通に独学して成果物(ポートフォリオ )を作っただけです。でもハードルが低いからインパクトが大きく取れます。

これが公務員のビジネス経験がないデメリットをメリットに変換する簡単な逆転の方法です。

 

正直、意識低くとくにスキルアップもしてこなかった会社員より公務員の方がよっぽど転職市場では有利になります。

特に大した成績も残さなければ、いままで何してきたの?って民間の人は思われますからね。

 

ではその独学はどれぐらいの期間、どれくらいのスキルがあるといいでしょうか?

 

公務員が転職時にメリットにするための独学

自分としては石橋を叩いて歩くではないですが、短期間で成果をあげるのはしんどいので、1年なら1年と決めて独学と絵転職までしちゃうのがオススメです。

 

どの職業にも共通して言えるのが「専門用語の独学」です。転職してもすぐ会話に付いていける、面接でも専門用語が出ても大丈夫といった部分をカバーするため。

 

そして成果物を作ることです。

私は、公務員に1番のオススメの職業は「エンジニア」といつも言っています。

理由は簡単

・独学しやすい

・成果物が作りやすい

という理由があるからです。

 

ここの部分については「【体験談】公務員の転職はプログラミングで解決します」の記事で詳しく解説しているのでどうぞ。

【体験談】公務員の転職はプログラミングで解決します

 

じゃあ他の職業の場合は?と思うかもしれませんが、他の職業も成果物を作るといいですよね。

 

おすすめはしませんが、資格でもいいんじゃないかなと思います。国家資格などになってくると条件がいるので、民間の資格を取ったりなど、土木関係なら土木検定とかありますし。

簿記とか宅建とか、必要であるならば資格取得もいい手かなとは思います。

 

資格以外であれば、数字が出るものがいいです。マーケティングなどはその点に関してはわかりやすいですね。ブログのPV数、Youtubeのチャンネル登録者数、SNSのフォロワー数など数字に現れやすいです。

 

他の方法としては例えば美容師に転職したいなら、3ヶ月で100人カットやカラーをしてInstagramに全部載せるというのもありかな。

そのインスタのアカウント自体がポートフォリオになります。

 

営業であれば、プログラマーの営業代行を無料でやるとか、方法はいくらでもあります。普通に公務員思考で考えちゃダメです。

じっくり考えてみて、自分にできそうなのを継続させることをオススメします。

 

何よりもエンジニアになるためにプログラミング勉強するのが1番簡単で手っ取り早いと思いますけどね。

公務員はプログラミングで稼げるスキルをつけるべし!2つの手順を元消防士が解説!

 

公務員は市場価値がないけど簡単に逆転する方法があるのまとめ

まとめると

・公務員は転職市場で価値が低い

・低いおかげで少しのスキルで驚かれるイージーモード

ということで、とにかく独学をしてから転職することをオススメします。

でないとブラック企業しか待っていないという状況もありますからね。

 

自分が今、どんな仕事がいいか分からないけど転職したいという人はプログラマーしかないんじゃないですか?

需要もあって年収も高くて独学できる職業はなかなかないかなと思います。

 

公務員はプログラミングで稼げるスキルをつけるべし!2つの手順を元消防士が解説!

公務員はプログラミングで稼げるスキルをつけるべし!2つの手順を元消防士が解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です