大学受験失敗したぐらいじゃ人生そんな変わらん

この記事は、大学受験を2度失敗し、地方国公立大に行って消防士になった私が受験ってそんな重要じゃないなって思ったことを記事にしています。

今日は2020年1月20日で、何って最後のセンター試験の自己採点の日なんですよね。

この記事読んでいる人は、おそらくセンターミスった人かな。

大丈夫です、自分も2回受けて2回とも失敗しましたw

この記事の内容に拒否反応するかもしれないけど、浪人のときも約600点しかセンターとれなかった自分への記事でもあるので、落ち着いて読んで欲しい。

 

大学受験失敗したぐらいで人生においてのミスではない

先日のツイート

別に受験生の応援団長でもないけど、まぁセンターの自己採点で受験する大学が決まる訳ですよ。

自分は2年間とも志望校を下げて受験しました。

 

で、ここの大学受験が人生のターニングポイントなんて思うじゃん?大丈夫です、全然ターニングポイントにならんから笑

まー彼女とか彼氏と一緒に同じ大学目指しているとかあるかもしれんですが、どっちも合格しても9割方別れるから大丈夫です。

そんなもんです、だから志望校下げても全然OK。

なによりも大事なのは一浪した身からすると現役合格ってめっちゃ親孝行だからな。

ということで

・現役合格は親孝行

・受験失敗したぐらいじゃ死なない

・不合格だからといって評価が決まる訳ではない

・その学科いったからって専門的なことは実は学べない

・大学でまた新しいコミュニティーができる

この5つを深堀していきます。

 

現役合格ほど親孝行はない

こう言うと、現役で受からなかったら親不孝だって取る人がいるが、そうは言っていません。

一浪してわりと安い予備校にいきました。

で、年間で200〜250万使ったんですが、国公立なら約4年分の授業料ですよね。

 

まぁ金がかかるんですよ浪人って。

自分みたいに家が裕福ではないっていう人はぜひとも志望校を下げてでも現役合格してもらいたい。

 

これだけで十分親孝行になります。

現役の頃の自分に言いたい、

「C判定で二次試験逆転狙うな、A判定受けろ」

ってね笑

まぁ結果論ですが志望校下げるのもありだなって思っています。

もちろん親のための受験ではないですが金を払ってくれていて、自分の努力不足なんだからそこは折れるべきだよね。

 

金があれば別にいいけど、将来ぜったい返すよとか、まぁそんなモチベは今はないと思うから自分だったら志望校さげるかな。

プライドとか一切いらないです。努力不足のやつあプライドなんてもってのほかですよ、当時の自分へw

 

受験失敗したぐらいじゃ死なない

一浪したときの自己採点は本当に最低でした、

英語からやって予想よりも50点ぐらい低かったんじゃないかな。

5回ぐらい自己採点しなおしましたが現実は変わらず。

 

そのときは

「本当にくそだな自分」

ってずっと思っていました。

 

確かに自分の本番の弱さ、実力のなさには泣きましたが、今思えばあの英語の点数だったおかげてこの人生があります。

あのとき英語を失敗せず志望校を受験していたら3年ほど付き合った元カノとも縁はなかったですし、今の友達もほぼいない訳で、そもそも生きていたかも謎です。

 

センター失敗≠人生失敗

です。

受験失敗≠人生失敗

です。

 

ミスったならミスったなりの人生があります。

はたして志望校にいくことが幸せかどうかなんてわかりません。

 

というか○○が勉強したい!って思って志望校を決める人ってどれぐらいいるのかな?

少なからず自分は「まだ働きたくない」という理由で大学進学を決めたので笑

 

あとで書きますが、自分の志望校の動機を正直に考えてみるとアホらしい動機もってません?

でもそのアホらしいの好きです、自分に似ていて笑

大学に遊びにいくために勉強頑張りましたってやつもいましたし、動機は不純な方が頑張れるんじゃないかな笑

話それましたが、受験に失敗したぐらいじゃまぁ死なないですし、そんな大したことないです。

 

救急で骨盤骨折を見逃して翌日、その傷病者が亡くなった‥

なんて経験ではないですよね?

これから先、受験失敗よりもでかい失敗をします、安心してください。

 

不合格だからといって評価が決まる訳ではない

当時の自分が思っていたのは、浪人=評価低いって考え方。

これもアホな考え方で

 

そもそも論なんですが、周りの評価とかまじでどうでもいいです。

近所話で「あそこの息子さん受験失敗して浪人しているんですって」なんて言われていても余裕ですね。

現時点でその噂話をしているやつらよりも前進しようとしていますし、いちいちそんなことに耳を傾けるほど人生暇じゃないんですよ。

 

これは消防を辞めるときもでしたが「あそこの人は消防の世界に耐えれなかったんだ」なんて噂も聞きました笑

でも、お前消防経験したことあんの?って話じゃん?

そもそもそんなくだらない話をしている時点で自分と住んでいる世界が違うから、余裕でスルーです。

 

なので受験失敗したから評価がーってのはどうでもいいです。

 

 

希望する学科に入ったから専門的なことを学べるわけではない

ここから少し、大学についてのリアルも紹介しておきます。

あ、自分は工学部でばりばり4年間数学と物理しかしていませんでした。

その4年間も踏まえていえることは

まじで大学って専門的なこと学べない

です。

もちろん語弊あるので深堀します。

 

大学で専門を勉強できるか?

答えは一部イエスであとはノー。

確かに自分は工学部のなかのある学科でしたが、最初の2年間はずっと数学と物理とその他教養。

数学と物理といっても専門的なものですよ。

 

3年生ぐらいからやっと実験がすこし入ってくる。

やっと4年生からばりばり実験からの卒論です。

 

語弊があるっていうのは

自分から学びに行けば専門的なことは学べるけど、受け身だとほぼ専門性は身につかないということです。

 

偏差値高い大学たど、これを勉強したいって人が集まりますが、自分みたいに地方国公立大で意識低い系だと卒業できればいいやって頭になります。

間違いなく意識高くやっていても周りが低いので流されます笑

19、20の男性が誘惑だらけの大学生活に勝てる訳ないんですよね笑

 

もちろんそんな中でも頑張っている人もいますが、なかなかついていけないのが現実。

実際自分も仕送り0で何もかも自分でお金を出していたのでバイトの嵐でした。

 

勉強したと思っても流されたりするので、なかなか初志貫徹は難しいかな。

 

入学前と入学後では考え方が変わる

周りの影響もあるかもしれませんが、これを勉強したいと思って入学したものの、実際勉強してみるとクソつまんねぇなってなるのも事実です。

 

これは大学側が悪い部分もありますが、こんなこと勉強してこんな大変さがあるよっていうギャップが激しすぎるんですよね。

そもそも大学に勉強しにきているかどうかも問題ですが、高校のときの夢、大学生になって価値観が広がってからの夢っていうのもだいぶ変わってきます。

 

いままで小さいコミュニティーで生きていたのが社会人の人とも関わるようになったりして視野が広がります。

 

だからこそ、志望校下げて合格を狙ってもいいんだよってことです。

 

行った先で自分の考え方なんていとも簡単に変わります。

多感な時期だからこそです。

なかなか理解できないかもしれないかもしれませんが、まずは自分の進みたい道にかすりでもする学校にいくのがいいのかなって自分は思います。

 

大学で新しいコミュニティーができる

 

最初にも言いましたが、だいたい高校で付き合ってて大学行ったやつ別れます笑

大学いけば先輩たちも大人に見えてかっこいいし、いろんな出会いがありますからね。

もちろん大学のときから続いて去年結婚したカップルもいましたが、まじで尊敬します。

 

で、大学にいけば、やれサークルだの部活だのっていろんなコミュニティーがあります。

もちろんバイト先とか、いっぱいあって、高校の時の友達や彼氏彼女を大事にするのもいいですが、新しい出会いってのも楽しむべきかなと。

 

何が言いたいって、あの友達がー彼女がー彼氏がーで志望校きめんなって話です。

んーまぁいいけど、あまりおすすめはなしない。

どうせ学科も違うわけだし、学科1つ違うだけで全然違う世界ですからね。

 

工学部の中でも変わってきますし、ましてや文系か理系かなんて男女比率も全然違います。

せっかく新しい状況に身を置く訳だから、これまでの関係は保ちつつ、新しい出会いも大事にするといいですよ。

 

受験失敗したぐらいであなたの人生はダメにならんのまとめ

 

ということで今回も殴り書きして話が右往左往しましたが、

何って志望校下げようが、受験に失敗しようが、志望校下げて落ちようが、受かろうが、なんだろうが人生には対して影響しません。

 

今はわからないかもしれませんが。

 

むしろ、その経験があとの人生に役立ちます。

負け犬の遠吠えでもなんとでも言ってください。

実際に自分は役に立っているので。

 

間違いなく言えるのは、センター試験ミスっても受験失敗しても、地球と比べてみれば瞬きのような一瞬のことです。

それよりも、どうするのか?という部分に全力を尽くしてください。

 

以上!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です