大学受験の失敗談を一浪して国公立に入った元消防士webデザイナーが紹介するぞ

この記事では「元消防士でwebデザイナーのわたでゅの大学受験の失敗談」を紹介しています。

2019年で大学入試センター試験は終了となり大学入学共通テストに移行することになりました。この辺に関しては後ほど紹介します。

 

大学受験の失敗談を一浪して国公立に入学した元消防士webデザイナーが紹介

自分が大学受験をしたのがもう9年前と8年前になるなんて歳を取ったなと感じるところですが、私は一回余計に受験を経験しています。

結論から言うと

現役:前期後期、私立全滅

浪人:前期合格、滑り止め合格

といった感じです。

もし、大学受験に失敗して、どうしようもなく落ちこんでいる人は「大学受験失敗したぐらいじゃ人生そんなかわらん」というこの記事を読んでください。

現役時代から順を追って深掘りします。

 

受験失敗談:全滅の現役

もともと田舎生まれで地方の進学校に通っていました。しかしながら高校時代は野球に熱中しすぎて成績はめちゃくちゃ低かったです笑

いろいろ家庭事情もあれだったので親の希望としては高卒で働いて欲しかったと思います。

 

しかしながら、働きたいとか将来の夢なんてのもなくて、とりあえず自分探しみたいな感じで大学にいきたいなと。

野球が終わったのが7月、そこからブーストかけて勉強するも成績は伸びたものの地方国公立に受かるかなぁぐらいでした。

 

とにもかくにもセンター試験次第ってことで、当時の成績の予想通りのセンター試験でした。

記憶では540?点ぐらい、判定はC判定でしたが担任からGoサインを頂き志望校の工学部を受験しました。

 

その間に滑り止めの私立も受験していましたが、まさかのその大学も落ちました‥後から書きますが、浪人のときも同じ大学、同じ学科を受けています。

浪人のときは問題簡単すぎって思いましたが現役のときは「何じゃこりゃっ」だったので相当勉強が追いついていなかったんだなと笑

 

そして迎えた前期試験は数学を受けたときにできなさすぎて、こりゃやべぇってなり案の定、前期不合格。

んでもって後期もC判定の大学を受験。

 

その後期試験の勉強を学校でしているときに東日本大地震がありました。

かなり鮮明に覚えていますね、化学室で勉強していて先生がテレビを付けたら全部あの映像でした。

当時はやべぇなこれ‥ぐらいしか思いませんでしたが、消防士になったときに改めて振り返ったら壮絶だったなと思いました。ご冥福をお祈りいたします。

 

で、後期試験の筆記は簡単すぎて無理だなって思いました。もうセンター試験の点数で決まるようなものでした。

自分ですらほぼほぼできたので差はほとんどつかなかったんです。

 

現役のときの受験の失敗談の流れはこんな感じです。

この現役のときの反省としては以下のポイントが今では思います。

・とにかく基礎は覚えろ

・現役合格は私立だろうが専門学校だろうがかなりおの親孝行

ここは現在の現役生にも考えて欲しいところかな。

 

受験失敗談からとにかく基礎は覚えろ

ここは自分ぐらい成績がめっぽう低い人になんですが、基礎を覚えてなさすぎるので、まずは教科書全覚えが早いです。

ここは賛否両論あるとは思いますが、プライドなんかすてて覚えれば一定レベルは上がりますから。自分は「勉強は暗記するもんじゃないだろ」っていう謎の方向性があったので笑

 

そりゃ覚えなくてもいいことはあるかもしれませんが、そういうのは数をこなしたから息を吐くようにできる訳で‥当時の自分はアホやなって思います笑

 

現役合格は専門学校だろうが親孝行

ここに関しは、それぞれの家庭の経済事情がありますし、私の場合は親が本当に頑張ってくれたと思います。浪人させる金なんてなかったはずなのに捻出してくれたことは本当に感謝しています。

 

後半でも書きますが、浪人して思うことは現役合格は本当に親孝行になるよってことです。

現役で受からなかった人たちが親不孝ということではないですが、間違いなく親孝行にはなります。

ここは浪人してみないと分からないかもです、専門学校でも親は安心しますから。

 

受験失敗談:浪人でセンター失敗して志望校を下げた

浪人時代はめちゃくちゃしんどかったですし楽しかったです。浪人時代の話については別記事で書きますので後日リンク貼っておきます。

【体験談】大学受験を失敗して一浪したけど楽しかった

 

一浪を経て地方国公立大学に入学しましたが、志望校下げて合格しました。

センター試験失敗したんですよね。英語も8割は取れるでしょうといった模試の予想。

この英語が、後半の長文読解がほぼほぼ間違っていて5割しか取れませんでした笑

逆に前半の文法はほぼほぼ合っていて勉強の成果がでていましたが‥はい、志望校下げて受験しました。

 

ここが浪人時代の失敗ですね。

センターミスってなければ千葉大を受けていたかもです。

浪人のときの点数は覚えていませんが(成績開示していない)、そこまで劇的に成績が伸びた訳でもありませんでした。

最初の半年は全く上がらずに「またどこも受からないかも‥」といった焦りもありました。

 

結局、志望校落としつつも合格できたので本当によかったです。親に感謝ですね。

 

浪人のときの反省点というかもっとこうしておけばよかったなというのは

・もっと寝ろ

・もっと問題を解け

という部分です。

 

受験失敗談、浪人生はもっと寝ろ

当時、5時間睡眠とかで勉強していたので、勉強の集中力が低かった覚えがあります。

量をこなすのはいいんですが、思考停止で量をこなしても意味がないなといった感じです。

 

結局よく寝てるやつのほうが成績上がっていきましたし、なんで自分は伸びないんだ‥というあせりから、さらに量を増やすという負のスパイラルにハマった時期もありました。

自分は寮生だったのでどうしても周りと比べがちですが、比べるのは最後の試験のときだけで大丈夫です。

昨日の自分より1点でも高けりゃOKですよ。

 

受験失敗談、もっと問題を解け

高校のときの教訓を活かして、とにもかくにも基礎の暗記を頑張っていました。

覚えているのに不安なせいか、そっちをしてしまう‥それよりもインプットしたらアウトプットするのが大事ですね。

 

こっちのほうがより知識が定着します。

そのためにもたくさん問題を解くことが大事。

そして解いて、正解だった不正解だったというよりも、なんでこうなのか?教科書のどこに載っているのか?というのを確認することの方が大事です。

 

これは消防士になって救急の勉強をしたときにすごく感じたことですが、「この問題の関連することは、この教科書のだいたい何ページぐらいに載ってる」ぐらい言えるまで教科書は開きまくったほうがいいです。

 

そうしたらいつの間にか覚えていますから、内容も。

ま、救急の勉強とは少し質が違いますが、暗記する部分では一緒かな。

 

アウトプットのために浪人生は基礎を覚えたらところん問題を解いて教科書をひらきましょう!

 

 

受験の失敗談を読んでいるあなたに

受験の失敗談を読んでいるあなたに

実は「大学受験失敗したぐらいじゃ人生そんなかわらん」この記事、けっこうアクセスがあって、やっぱり受験失敗したらめちゃくちゃ凹むし、否定された気持ちになりますよね。

おそらくこの記事を読んでいる人は浪人生だったり、受験したけど全部落ちちゃったりした人だと思います。

 

その方たちに言いたいのは、よく言われることだと思いますが本当に「受験の経験はマイナスじゃない」ということです。

おそらく教師の人たちがよく言うと思うし、はいはいそんなのどうでもいいから受かりたいって思うかもしれません。

実際、自分もそう思っていました。

 

でもね、本当に受験って貴重な体験です。

結果がどうであれ頑張った自分を認めていいし、そして感謝の気持ちが芽生えるでしょう。

 

こんなこと言うと年取ったなって思いますが、今は分からないかもしれません。でもそのうちわかってきます。

自分はとくに一浪して親に迷惑をかけたので尚更この思いは強いです。

 

せっかく私のブログにたどり着いてくれたあなたには、少しでも本気で頑張った自分を認めて欲しいし、受験させてくれた親や周りの人に感謝して欲しいです。

私のエゴにはなりますが、合格以上にここの部分は大事なのかなと思います。

 

そして、受験を失敗したからって実は人生においてそんな大したことじゃないんです。

マイナスじゃないってことね。

 

むしろ不合格になったおかげである出会いもあるし、人生もあります。縁がなかっただけ。浪人するもよし、就職するのもよし、一旦自分の見つめ直すのもよし。

不合格なんてね、地球の大きさで物事を考えたら瞬きよりも短い一瞬の出来事だから、自分を責める必要はありません。

ただ周りが自分よりできただけです。

 

大学受験失敗したぐらいじゃ人生そんなかわらん」の中身を少しネタバレすると、大学に合格したから人生もよくなる訳ではないですよ。

 

大学受験の失敗談を一浪して国公立に入学した元消防士webデザイナーが紹介するのまとめ

まとめると、私の失敗談としては、

現役も浪人もどっち受験失敗したけどなんとか合格した

となります。

受験に失敗して萎えていると思います。

そんな方には以下の記事がオススメです。

大学受験失敗したぐらいじゃ人生そんな変わらん 【体験談】大学受験を失敗して一浪したけど楽しかった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です