転職が成功する人失敗する人の違いはたった3つだけ!意外と見落としている!

転職したいけいど‥成功するか分からないし失敗したときのリスクがデカすぎるよなぁ。成功する人と失敗する人の違いってなんだろう?

転職希望さん

そんなお悩みにお答えします。この記事で分かることは以下の通りです。

・転職で失敗する理由と対策

・転職は成功しなくていい理由

失敗する理由と対策を知れば、あなたの転職は失敗することはなくなります。

転職で失敗する人と成功する人の違いは理由と対策を知っているかどうか

転職で失敗する人と成功する人の違いは理由と対策を知っているかどうか

そりゃそうだ!という話ですが、意外とみなさん転職するときに勢いで転職して失敗して、また転職しての繰り返しだと思います。

転職で失敗する人と成功する人の違いは以下の通りです。

・目的なく転職をしている

・今の職場でスキルアップができていない

・転職に軸がない

意外と分かっていてしっかり言語化するところまでしていないのがこの3項目です。転職に失敗する人はこの3つの対策をなおざりにして転職活動をしているからです。

では1つ1つの理由と対策を深掘りします。(※ブラック企業で精神すり減らして体調も悪いというパターンは除きます、早く逃げ出しましょう。)

転職に失敗する人は目的なく転職をしている

こんな気持ちで転職しようかな?と思っている人いませんか?

とりあえず今の職場がなんか合わないから‥

同級生はもっと高い給料もらっているから転職すれば給料あがるでしょ

とくに明確な目的がなく転職して、やっぱり前の職場がよかった!なんて思うパターンの転職失敗です。

転職する上で1番大事なのは「転職する目的を明確に言語化すること」です。あなたが転職する目的をしっかり明確に言葉にできますか?転職を失敗している人はここを抜かして転職活動を進めている人が非常に多いです。

わたしを例に出すと

「webデザイナーをやっていて制作は作って納品したらそのサイトとは終わり。作った以上は売り上げが上がってほしいし、お問い合わせが増えて欲しい。このお思いからwebデザイナーとして作るのではなくマーケティングやコンサルタントとして先方の売り上げをアップさせたい、だから今回転職する」

というような感じです。

ちょっと面接対策っぽくなってしまいましたが、転職をする目的をもっとシンプルに一言で言うなら「マーケッターに転職したい」という目的があります。

 

なんとなく転職したい人は「転職したらこういうことをして利益をあげたい」という目的がありません。もちろん同じ業種、職種で転職して「年収をあげる」という目的もあると思います。

しかしながらなんとなく転職したら年収が上がると考えている人は、後述しますが何となく転職しても年収アップにはなりません。

とにかく転職でどういう目的を果たすのか?が大事です。ここをなんとなくではなく理由付けでしっかり言語化させましょう。

転職に失敗する人は今の職場でスキルアップできていない

今の職場でちゃんと日々スキルアップをし、仕事を通して利益をあげようと務めていますか?なんとなく転職したいなという人は日々スキルアップができていないです。

なぜそう言い切れるか?というと、スキルアップしてるからこそ次の世界が見えるからです。

現状維持は退化だと言われるように、まったくスキルアップすることなく日々を過ごしても後退するばかり。もっと噛み砕いて言うと、「スキルアップしないと年齢ばかりが増して転職市場では価値がない」ということです。

 

いや仕事を経験している!なんて思うかもしれませんが、残念ながら仕事をしているだけでスキルアップしたら誰も苦労しません。確かに現場の仕事には慣れて少しずつスピードアップするでしょうが、あくまで慣れのおかげです。

今の仕事で業界を変えたときに同じパフォーマンスを発揮できますか?そもそもそのパフォーマンスは企業に利益を出せていますか?お客様に貢献できていますか?

意識高い系になれとはいいません、しかし高かろうが低かろうがスキルアップしない人は完全に淘汰されていきます。周りで優秀な人は最初から優秀ではないです。コツコツスキルアップしてきた証。

こういった人は転職市場で価値があります。さらに言えば、優秀じゃなくてもスキルアップしておけば自然と自分が今後どうなりたいか見えてくるので転職の目的もはっきりしています。

 

せっかく会社が保険や厚生年金を半分ほど負担してくれているのですからこの間に自分で仕事を通してはもちろんのこと、それ以外でもスキルアップしていくと転職市場でも価値がでますし、転職に失敗する確率も減ってきます。

自分が今もっている仕事を最大限に力を発揮して貢献していくことをまず考えるといいと思います。自ずとどのスキルを磨けばいいかは見えてくるはずです。

転職に失敗する人は転職の軸がない

転職に失敗する人は、目的もなければ転職の軸もありません。目的があれば必然と軸も出てきます。

なぜ転職するのか?その転職で譲れないものは何か?なぜ譲れないのか?別記事でも紹介しました5つのwhy?を使って炙り出していくことをオススメします。

5つのなぜ?で問題をあぶり出すフローチャート

なぜ転職するのか?という部分からスタートしてみてください。ここを洗いざらいすることで転職の目的は見えてきます。必然的に転職の軸も見えてくる訳です。

 

わたしを例に出すと、今回マーケティングへの転職ですが、マーケティングは営業経験を重宝されがちです。どうしてもクライアントに提案するときは営業能力というものを使うからです。

なので、わたしの転職の軸の場合、マーケティングにいきたいけど、今回はそのキャリアパスのために営業に行ってもいいという軸を持っています。

こういったようにしっかりと軸を作っていくことで求人の振り分けも簡単になってきます。いくら年収が魅力的でも自分の譲れない部分がアウトであればその求人はノーです。

転職の軸というのは面接でも聞かれがちな質問ですが、面接対策のために軸を作るのではなく、自分のキャリアパスのために転職の軸を作っていきましょう。

実は転職って成功しなくてもいい

これはわたしの意見ですが、転職は特段成功しなくてもいいんじゃないかと思っています。

「転職は成功ではなく、失敗さえしなければOK」です。

よく言っていることが分からない‥と思います。なぜか?というと前述した「転職の軸がないから」です。

つまり、転職の軸さえあれば、「大手企業にいきたかったけど、中小企業しか内定もらえなかった‥でも自分の軸には沿ってるからOK」と考えることができます。全部が全部の希望を1回の転職で掴もうとすると不可能です。

転職の軸をしっかり作ることでキャリアパスというものが見えてきます。

転職は失敗しなければ次に繋がる

転職の成功や失敗というのは転職の軸によって決まります。一概に年収が上がったから成功とか、休みが増えたから成功という訳ではありません。

それぞれの転職の軸があるので、成功しなくとも失敗さえしなければ次に繋がります。つまり転職の軸に沿った転職ができれば失敗ではないんです。

転職の軸は「自分が絶対に譲れないところ」を軸にするのがオススメです。

・キャリアップのためこの職種

・ライフワークバランスのため最低でも年休118日以上

・年収は最低限一人暮らしできる年収

などなど自分の中で譲れないものは入れておきましょう。また先述した通り、転職の目的の部分も必須項目ですから入れておくのを忘れないでください。

転職失敗したらどうすればいいのか?

転職の失敗は人それぞれですとは言いましたが、今回のわたしのように「話と違った、契約と違った」という転職失敗したときにどうすればいいのか?というのを紹介します。

結論からいうと「すぐ転職を考えるのがオススメ」です。

話とちがう、契約と違ったという時点でもうブラック企業への黄色信号は出ています。ここで我慢して仕事を続けたとしても自分が望む仕事ができていない、つまり転職の軸で譲れない部分に触れているということは働いていて意味がありません。

ここで一つデータを紹介します。

転職に失敗した人が転職したか、それとも働き続けたかの割合

(参照:https://corp.en-japan.com/newsrelease/2018/13243.html)

転職失敗したときどうしたか?というデータですが40%もの人が1年以内に転職しております。そうそうに見切りをつけて自分が望む職場へ移っているということです。

すぐに転職した方がいい人と、少し我慢した方がいい人と別れるというのも現実です。ブラック企業は除きます。割と給料も休みもあってというのであれば、ガンガン職場で発言してスキルアップしていくのがいいと思います。

どうしても1年以内に転職というのは経歴に傷がついてしまいます。最低限の生活ができて、ある程度望んでいた仕事、ポジションであれば相違があっても自分で掴み取れる可能性は十分にあります。

そういった方は、今の職場でフルパワーでがんばってみるといいかもしれません。

 

反対に、望んでいた仕事でもないし、聞いていた話と違う、残業もひどい、などという人はすぐに転職しましょう。でも、自分には突出したスキルはないんだよって思うかもしれません。しかしながら望んでいたポジションでないのであれば、望んだスキルはそこにいても付きません。

しがみついても年齢が増すばかりでプラスにはならないですよ。とくに20代後半の人や30代の方は1歳の差はかなり大きいです。1日でも早く転職活動に入ることが大事になってくるので思い立ったが吉日です。

そんな言ってもコロナじゃーんって言う方は新型コロナウイルスで転職市場は?オススメの業界は?2020年に転職経験を元に解説!の記事で現状の転職市場を解説しているのでどうぞ。

転職に失敗する人成功する人のたった3つの違いのまとめ

転職で失敗する人と成功する人の違いは以下の通りです。

・目的なく転職をしている

・今の職場でスキルアップができていない

・転職に軸がない

転職に目的を作れば、求人の謳い文句に騙されることもないですし、転職時には納得して転職できるはずです。転職後に話と違うようなブラック企業であればそうそうに転職しましょう。

その環境にいても成長しませんよ。

あなたにオススメの記事

新型コロナウイルスで転職市場は?オススメの業界は?2020年に転職経験を元に解説!

【必見】転職を失敗して無職になった人がとるべき逆転方法はこれだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です