失敗しない転職をするのは簡単!この3つをするだけで転職は失敗しない

転職したいけど失敗したくないな‥失敗しない転職方法とかないの?

転職希望さん

こんなお悩みにお答えします。この記事で分かることは以下の通りです。

・失敗しない転職方法3つ

・転職に失敗しないために失敗例を知る

転職は成功させるのではなく、失敗しなければいいと考えています。失敗しなければそこからは自分次第ですから。

失敗しない転職方法3つ紹介!

売り手市場のとき、新型コロナウイルス真っ只中のときと、酸いも甘いも知っている私が紹介する失敗しない転職方法は以下の通りです。

・ハローワークやIndeedにしか登録していない企業は選ばない

・目的・転職条件をはっきりと決める

・ワークライフバランスなのか稼ぐのかどっちを取るのかはっきりさせる

この3つをしっかり決めて自分の転職のルールとしておくことで、失敗する確率がグッと減ります。なんだそんなことかと思わずにこれから深堀りしていきます。コツと理由が盛り沢山です。

転職で失敗しない方法:無料でしか求人を出していない企業は避ける

リクルートやdodaなど転職サイト、エージェントを使わずに無料で出せるところのみに求人を出している企業は避けたほうがいいです。なぜかと言うと「転職者が転職成功したときにエージェントに払うマージンの売上がない」ということです。

エージェントがなぜ転職者に無料でサービスを提供できるか?というと企業から転職者の年収の5〜15%(企業によって違います)のマージンをもらっているからです。

例えばあなたが年収400万円で転職したら20~60万円の利益がエージェントや転職サイトにでます。だからこそエージェントは年収交渉をしてくれますし、できるだけ転職者にいい転職をして欲しいとサポートをしてくれます。

ここのマージンが払えないからハローワークやIndeedなどにしか求人を出せないんです。一概には言えませんが「あまり儲かっていない企業」ということが言えます。

事業が上手くいっていないところに転職したところでお先真っ暗ですから、やめておきましょう。転職で失敗しない方法の1つ目は「どこに求人を出している企業なのか」というのをリサーチすることで失敗はしません。

ちなみにハローワークから転職者を受け入れれば、企業が国から補助金がもらえます(特別な計算方法あり)。そこ狙いで必ずハローワーク通すようにと指示する企業もあります‥、辞めておこう。

転職で失敗しない方法:目的・転職条件をはっきりときめる

転職で成功は別として失敗しない方法2つ目は「転職の目的と譲れない条件をはっきりさせる」ということ。

全て自分の思った通りの企業だ!なんていうことは雇われている以上あり得ません。つまりどこかで妥協をしないといけない訳です。

ここの妥協できるラインをしっかりと決めておきましょう。どんな転職をするかでも大きく変わってくると思います。

まったくの未経験の職種にいくのであれば

・年収は最低でも300万円、ここは譲れない

・給料は安くていい変わりに実家から通えるor家賃手当てがしっかりしているところは譲れない

・経験のためなら多少休みが少なくてもいいから105日までは受け入れる

・未経験だから先輩がいるところがいい

・上場してなくても経験させてもらえればOK

割と福利厚生メインになってしまいましたが、こんな感じでライン引きをしましょう。ただこのライン引きをしてもここをギリギリ通過するかしないか?という企業の求人がでてきます。

そんなときにはしっかり価値観を伝えて面接のときにすり合わせた方がいいでしょう。

それじゃあ悪い印象になって落とされるって?それなら落とされた方がましです。あなたは使い捨てのコマじゃない。転職者だって会社を選んでいいんです。

自分の希望を伝えて何が悪いでしょうか、それで悪い印象を持つのは古い体質が残っている証拠です。もし古い体質がいいのであればすり合わせなくていいですが、転職で失敗したくないのであれば条件もしっかり確認してすり合わせましょう。

ここでは自分の譲れない点をメインにすり合わせていくと失敗は遠のきます。希望よりも、これだけはクリアして欲しいという部分ですね。

転職で失敗しない方法:稼ぎたいのか生活を取るのか

転職で失敗しない方法は稼ぎたいのか?安定した生活が欲しいのか?という永遠のテーマだと思います。

先日のツイートですが、いっそのこと消防に戻って低いところで安定して生きるのも一つか?と思ってツイートしました。安定を取るのか、自分の実現したい夢を取るのか、本当に永遠のテーマだと思います。

ただ1つ言えるのは、昔と価値観は変わってきていますよということです。

10年前にスマホで動画を見る生活が普通なんてそんな価値観はなかったですし、ネット上で赤の他人と簡単に繋がれて素性まで知れてしまうなんて思ってもなかったです。

ということはあと10年先、2030年の頃には今ある価値観というものは変わっていきます。つまり安定を取ったつもりだけど安定しない世の中になっています。

公務員ですらどうなることやらという時代です。それだったら自分が全力でやりたい生活を掴みにいくのが大切ではないでしょうか?

上記のようなツイートをしましたが、変動性のある世の中で流れに乗りたいと思っています。安定を取ったつもりで安定しないときに何か策があるのか?というと微妙です。

ここは個人の価値観で違いますが、民間にいる以上、10年先も安定するなんてことはなかなかないということを理解しておきましょう。

ここを理解しておくだけでも転職活動で先ほどあげた「どこまで妥協できるのか?」というライン引きも変わってくるのでぜひ考えの1つに入れておきましょう。

転職に失敗しないために失敗例を知る

失敗しない方法は理解できたと思いますが、そうだとしても失敗してしまう人がいます。

そこで転職失敗としてよくある例を知っておきましょう。

転職失敗事例:給与ダウンが激しすぎる

転職失敗事例として典型は今回の私のようなパターンですね、給与ダウンが激しすぎて後悔することです。

給与ダウンするものの‥ということで事前に話した内容と違ったんですすぐに給料が上がるから心配しないでということでしたが上がる気配皆無です‥。

転職に給与アップは考えていない!といっても年収300万円ほどないと一人暮らしはかなりきつくなります。実家から通える、家がある、社宅が完備されていて手出しがかなり少ないなどであれば大丈夫ですが、300万円を切って、なおかつ福利厚生で家賃補助がないところは辞めましょう。

私の場合、自分で仕事を取ってやっているのでなんとか生活は成り立っていますが、残業だらけの職場であればそういう訳にも行かないので年収の妥協点は一人暮らしであれば300万円に設定しておきましょう。

いくら未経験で採用してくれるとはいえど、年収はある程度は必要になってきます。お金がないと健康に害を及ぼすので、設定金額は妥協しないことをオススメします。

転職失敗事例:面接でできますと見栄を張った

面接でできないことをできると言ってしまって入社した後に困るパターンですね。

自分でスキルが磨ける部分(プログラミングとか)であれば問題ないですが、経験しかものを言わないこと、マネジメントであったりディレクションなどはなかなか独学ではカバーできません。

内定が欲しいのはもちろんですが、「企業側もミスマッチをしたくない」という風に考えています。面接は盛れなんて言う人もいますが、正直私はオススメできません。

入社したところで盛った話ができなければただの役立たずですからね。企業にも自分にも得がないので辞めておきましょう。

これできる?と言われてNoと言ったから落とされるなんてことはないと思います。落とされるということは必須項目であっただけで単に自分のスキルがないだけ。

そこはしっかりと受け止めて今の会社でもっと磨くか、社内異動してそのポジションに付くかなど、いろいろな選択肢があります。

再度言いますが、見栄を張ることは自分にも企業側にもいいことはありません。

転職失敗事例:前の会社がよく見える

これは隣の芝がなんちゃらですね。確かに私も失って初めて気づく大切さはありました。こんなにも守られていたのか!と。

こういう状態になると「出戻り転職」をしようかな?なんて考えるでしょうが、一旦立ち止まりましょう。何もやめろという訳ではなくて「出戻り転職していい人としない方がいい人」に分かれるからです。

転職失敗して出戻りしてもいい人、しない方がいい人の違い3選!あなたはどっち?」こちらの記事で出戻り転職したいけど迷っている人の判断の手助けになる内容を読んでみてください。

ここで出戻りした方がよければ出戻りしてもいいでしょう。即戦力にもなれるかもしれませんし、在籍時以上に力を発揮できるかもしれません。

個人的にはあまりオススメできません。

失敗しない転職のこつ3つ紹介のまとめ

上記をまとめると

・ハローワークやIndeedにしか登録していない企業は選ばない

・目的・転職条件をはっきりと決める

・ワークライフバランスなのか稼ぐのかどっちを取るのかはっきりさせる

ということになります。

自分の欲望をはっきりとさせて転職の求人などをしっかりと精査しましょうということです。

この3つを理解して転職に失敗しないコツを掴んでください!

あなたにオススメの記事

公務員が使うべき転職エージェント・サイトまとめ5つを元公務員が紹介

Webデザイナーに転職したら2週間で13万円稼げた方法〜営業編〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です