転職失敗して出戻りしてもいい人、しない方がいい人の違い3選!あなたはどっち?

思い切って転職してみたけどこりゃ失敗かもしれん‥前の職場に戻ってもいいのかな?

転職失敗かもさん

このようなお悩みにお答えします。この記事でわかることは以下の通りです。

・転職に失敗して出戻りしてもいい人、しない方がいい人の特徴

・出戻り転職の方法

・出戻りのメリットデメリット

・転職失敗して出戻りしない方がいい人のキャリア形成

出戻り転職について疑問を持っている方はこの記事で自分は出戻りしてもいいのか、しない方がいいのか?という判断の手助けになるといいです。

転職に失敗して出戻りしてもいい人、しない方がいい人の特徴3つ

結論から

・職場での人間関係が良好だった

・スキル磨きをしっかりとし、惜しまれて退職した

・出戻りしても謙虚な態度で仕事ができる

上記3つの特徴を持っている人は、転職したあとに出戻りしても問題ないです。逆に、持っていない人は出戻り転職はしない方がいいでしょう。

後半で出戻り転職しない方がいい人はどういうキャリアを作るべきか?ということも書いていますので参考にしてください。

では深堀りする前に1つだけ数値を見ておきましょう。

(参照:https://corp.en-japan.com/newsrelease/2018/13243.html)

※クリックしたらポップアップします。

2016年と2018年の調査結果ですが、出戻り転職者を再雇用したことがある企業は70%超えとなっており、思いの外高い数字を出しています。

出戻り転職は企業からすると「悪い印象を必ず持つわけではない」ということですね。

人間関係が良好だった人は出戻り転職OK

これは言わずもがなかもしれませんが、前職場で人間関係が上手く築けていれた人は出戻りしたあとも仕事がやりやすい環境が待っているでしょう。

逆に人間関係が悪かった人は出戻りするべきではありません。そういう人は出戻りしたいと思わないかもしれませんが、妬み恨みは続きますから、オススメできません。

 

ここで「よし、前職場に連絡してみよ〜っと」って思った方、この数字を見て欲しいです。

(参照:https://corp.en-japan.com/newsrelease/2018/13243.html)

この数字は出戻り転職者の再雇用後に感じる周りの反応です。

思いの外、良くないと感じる人が一定数いるのは間違いないですよね。

もしあなたが転職するときに、いくら人間関係を良好に保てていたとしても、出戻り転職に悪い印象を持っている人がいることは理解しておきましょう。

スキル磨きをしっかりとし、惜しまれて退職した人は出戻り転職OK

前職場でしっかりとスキル磨きをしていた人はおそらく周りに惜しまれつつ転職していったと思います。

こういった方は出戻りしても、採用担当の人も即戦力として快く受け入れてくれるでしょう。

かく言う私も、今であれば前職場は私を欲しい人材だと思うはずです(客観的に見て誰もがそう思うはずです)。若手の中でもかなり意識高くスキルアップしていた自信があります。

こういった人は前職場も頭に入れていてもいいと思いますよ。

 

逆に、スキルアップすることなく仕事がただきついからといった理由で転職した人は辞めておきましょう。そもそも内定はもらえないと思います。

私が採用担当であれば内定は出しません。少し慣れたぬるま湯的な前職場に戻りたいという気持ちが見え見えだからです。

仮にそういう気持ちで戻ったとして、内定もらえたとしても肩身の狭い日常が待っているでしょう。

出戻りしても謙虚な態度で仕事ができる人は出戻り転職OK

出戻りしたからといって以前のような態度ではなく、1年目と同じと思って仕事ができる人は出戻り転職はありだと思います。

いくら自分が即戦力だからといって、仕事の流れを知っているからといって傲慢な態度では当たり前ですがダメでしょう。

転職と副業のかけ算という本はご存知でしょうか?

上記の本でも書いてありましたが、転職後1ヶ月は様子見をしましょう。やはり転職していきなりグイグイ前にでたところで日本文化ですから、出る杭は打たれるし煙たがられます。

社内の雰囲気が必ずしも同じというわけではありません、常に時代は動いています。ここをしっかり謙虚にこなせるのであれば出戻り転職はありですね。

出戻り転職はどうやってすればいいのか?

転職失敗して出戻り転職をしてもいい人でしたか?では出戻り転職をしたい人はどうすればいいでしょうか?

1つのデータを見てみましょう。

(参照:https://corp.en-japan.com/newsrelease/2018/13243.html)

こちらは出戻り転職をした人がどういったエントリー方法をしたか?ということですが、自分からという人が半数以上です。

他には元上司へ相談したり、なんと社長や経営陣からの推薦という非常に光栄なパターンもあります。

このパターンを考えると前述した「出戻り転職してもいい人の特徴」があれば自分からエントリーしても問題なさそうですね。

 

転職時の面接でも、転職した後の考え方と当時の考え方を比較しながら、自分がその企業に出戻りする理由の裏付けをしていけばいいだけなのでそんなに悩む必要もないと思います。

例えば、「自分が転職する前は御社にもっとこうすればよかったと感じていました。転職後に他企業で仕事をしたところ、そこの部分の改善策を考えられたので、ぜひ自分が御社に再度入社してもっと利益の出せる社員になれます」

など、具体的に自分を採用することでどんなメリットがあるか?を示せれると強いですね。

 

極端な話ですが、転職失敗して出戻りもできず無職になっても逆転の余地はあります。「【必見】転職を失敗して無職になった人がとるべき逆転方法はこれだ!」の記事で解説しているので参考にしてください。

【必見】転職を失敗して無職になった人がとるべき逆転方法はこれだ!

転職失敗から出戻り転職のメリットデメリット

転職に失敗して出戻りの転職をしても、もちろんメリットはあるかもしれませんがデメリットもあります。

1つの物事は絶対裏表あるのでしっかりとここも踏まえた上で判断しましょう。

出戻り転職のメリット

出戻り転職のメリットは以下の通りです。

・仕事の流れや内容がわかっている

・即戦力なため重宝される

・転職後に付けたスキルが活かせる

仕事内容がある程度理解しており、お金の流れも見えているとなると強いですね。

上司からの信頼も得られるでしょうし、在籍時よりもいい待遇を受けれるかもしれません。これは出戻りしたときのスキル次第でしょう。

また積極的に上司や周りの先輩ともコミュニケーションが取れるため経営陣からも重宝される人材となります。

出戻り転職をしたときには「やはりこの会社がよかった」と正直にこぼして構わないと思います。経営陣も良い人材には長く働いてもらいたいと考えているので少しばかりのアピールはしていいでしょう。

出戻り転職のデメリット

出戻り転職のデメリットは以下の通りです。特にここではデメリットを知っていてもらいたい。

・上司が変わって好待遇を受けれない可能性

・部下が先輩になることも

・周りの社員のモチベーションが下がる

実は、意外と出戻り転職は失敗している人が多いです。

スキルアップもしないうちに出戻りして、以前いたポジションには別の人がいるために下っ端から再スタートなんて人もいます。

転職失敗したのに出戻り転職でも失敗するなんて嫌ですよね。

出戻り転職するときは、ちゃんとポジションがまだあるのか、それともまた1からスタートなのか、自分がいた上司とまた仕事ができるのか?などしっかりリサーチした上で出戻りすることをオススメします。

 

また、周りの社員のモチベーションが下がるということも言われています。私としては「スキル高いやつがわざわざ戻ってきた」という妬みにしか見えませんが、悪影響を及ぼしているのは間違いないです。

そういった人たちに足を引っ張られない強い気持ちも大事なので周りの声に流されずしっかりとスキルアップを続けていくことが大事ですね。

 

転職失敗だけど出戻りしない方がいい人はどんなキャリアを積むべき?

出戻りしようと思っていたけど、しない方がよさそうだな‥でもどうしたらいいんだ?

転職失敗かもさん

出戻りしない側だからといってスキルがない市場価値がないという訳ではありません。むしろ出戻りせずに転職した方がいい人もいます。

とはいえ、転職失敗したかもしれないという状況でどんなキャリアを考えるべきか?というと以下の通りです。

・自分の市場価値を把握する

・どの業界職種に進みたいかはっきりさせる

この2つだけで十分です。おそらく転職を失敗しているのでメンタル的にしんどいかと思いますが俯瞰的に自分をみて、企業側が求めているものと自分が持っているもの、つまり需要と供給はマッチするのか?ということを考えていきます。

出戻りしない人は自分の市場価値を把握しよう

前の職場の方がよかったかな‥と思うのは「転職に失敗して自分のスキルが通用しないんじゃないか?」と不安になっているからですよね。

大丈夫です、一度転職できているあなたは、市場価値が少なからずあることは言えます。だからこそもう一度、一歩引いたところから自分のスキルというものを確認しましょう。

そうすることでどういった軸を持って転職活動していくかというのが決まります。

しかしながら、自分のスキルを誰かと比較することなく強みや弱みを探すというのは意外と難しい。そんなときはプロに相談するのが1番早いです。

転職エージェントに相談するのが1番早い

あれこれ自分で悩んでいたところで時間が過ぎていくだけです。それだったらサクッと転職のプロのエージェントに相談してみるのが手っ取り早い。

なぜかというと

・転職の事例を知り尽くしている

・キャリアを考えた上で転職先の紹介をしてくれる

何よりも転職者のキャリアを考えて転職を考えてくれるので非常にありがたいサービスです。

某エージェントは特段そんなことを考えることなく転職できそうな求人ばかりを紹介してくるところもありましたが、私がオススメするエージェントは違います。

実際に二回の転職で5つ以上の転職エージェントと転職サイトを使いました。

 

1番のオススメで間違いがないリクルートエージェントです。

求人数も非常に多く、何よりもエージェントの質がいいです。二回の転職のうち二回とも使ったエージェントの1つですが二回とも非常に親身なエージェントの方でした。

 

自分のこれまでのキャリアを教えてくれたり、ライフワークバランスの考えを理解してくれる姿勢であったり、何かとこちらの要望がいいやすい雰囲気を作ってくれます。

この先どう進んでいけばいいか分からない、という質問もしっかり答えてくれるのでオススメです。

リクルートエージェント

他にもオススメの転職サイト、エージェントはあります。「公務員が使うべき転職エージェント・サイトまとめ5つを元公務員が紹介」の記事でまとめたのでどうぞ。

公務員が使うべき転職エージェント・サイトまとめ5つを元公務員が紹介

転職失敗して出戻りした方がいい人の特徴のまとめ

まとめると、出戻りしても大丈夫な人の特徴は以下の通りです。

・職場での人間関係が良好だった

・スキル磨きをしっかりとし、惜しまれて退職した

・出戻りしても謙虚な態度で仕事ができる

出戻りにはメリットデメリットが存在していることを忘れずに転職活動はしましょう。

また出戻りしない方がいい人はキャリアを考えていく上で第三者目線でみてくれる転職エージェントのサービスを使うと一石三鳥ぐらいになります。

オススメは鉄板のリクルートエージェントです。職務経歴書の添削など非常に細かくやってくれるのでオススメです!

リクルートエージェント

あなたにオススメの記事

公務員が使うべき転職エージェント・サイトまとめ5つを元公務員が紹介

Webデザイナーに転職したら2週間で13万円稼げた方法〜営業編〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です