わたでゅの生い立ち、当ブログの運営のきっかけ

はじめまして、当ブログを運営しているwavyわたでゅと申します。

今回は自分の「生い立ち、ブログ運営のきっかけ」までご紹介します。

基本プロフィールwavyってどんな人?

基本プロフィールwavyってどんな人?

introduce
・年齢:20代
・趣味:サーフィン/スケボー/ファッション/読書/筋トレ
・仕事:消防士(2019年9月現在)
・家族:結婚してません彼女もいません(笑)

現在は田舎で消防士をやっています。2020年3月まで消防士をして転職する予定です。

転職先としての候補は1番はフリーランスになりたいですが最近諦めムードです。Web系エンジニアかWebマーケティングのほうに進みたいと考えています。

自分の生い立ちについて紹介します。

 

小学生から高校生まで野球漬け

 

自分が生まれたのは田舎でした。人口も当時は3万人ぐらいで漁業が盛んな地域で、野球が盛んな田舎町でした。

 

父は単身赴任で東京で月に1週間ほど帰省し、あとは母親1人で育てられてきました。兄弟も兄、姉といて地元では先輩たちにもかわいがってもらえる末っ子です。

 

小学生から野球にドハマりして高校生まで12年間野球をやらせてもらいました。小学生のときに全国大会に出て1回戦でコールド負けしましたが(笑)ここが1番いい思い出です。

高校は進学校に行ったにも関わらず野球ばかりして勉強を全くしませんでした。

それがあだとなり、受験は全滅で浪人確定です。浪人をさせてくれた親には本当に感謝しています。

 

【浪人時代】とにかく勉強の毎日だが成績が上がらない?

地元の高校に行っていましたが、予備校など田舎にあるわけもなく地元を離れて寮生活の浪人でした。

もちろん友達0からのスタートでしたが寮生活ということがプラスになり今でも浪人時代の寮生とは付き合いがあります。

 

しかし監視カメラが付いている寮で毎日毎日ずっと勉強です。我ながら勉強量だけでいえば、たっくさんやっていましたが、なかなか成績が伸びずに半年が過ぎました。正直、焦りしかないですよね。

我慢して勉強を続けていくと模試で旧帝大がB判定が出るまで成績があがりました。

自分の第一志望は千葉大学の工学部に行きたかったので非常に嬉しい結果でした。

 

自信を持ってセンター試験を受けて自己採点、今でも忘れないですねあの日のことは…最初に英語の採点をしました。

英語って前半が文法、後半が読解の問題なんですが前半9割とっていましたが後半3割ぐらいしかなくて100点を切りました(英語はリスニングと合わせて250点を200点に圧縮)。

付け焼き刃だったのか何かは全く分かりませんが、英語が壊滅的に悪くて志望校を落とすきっかけになり結局、地元の県の大学を受験しました。

あのときの絶望は何にも代えられないです。

 

二次試験の数学も物理も特に問題なくでき、英語もなんとかできたので余裕をもって合格発表を迎えられました。

しかし本当に受かってよかったです。親も喜んでくれました。

 

【大学時代】1人暮らしスタート!バイトと勉強の嵐!

実は浪人の条件として「大学の仕送りなし、入学金のみ払う」という約束だったため、頼りになるのは奨学金とバイト代だけでした。

入学金を払ってくれただけでもありがたいですよね。本当に親には感謝です。1人暮らしの最初の資金は親に借りました。

 

バイトばかりの金なし君でしたが、20歳のときにサーフィンに出会ってドハマりします。先輩にいっつも連れていってもらっていました。

現在もそのサーフィンが趣味となり淡い夢ですがサーフショップを構えられたらなぁと思っています。

 

大学時代は、これまでで1番勉強したと思っています。

工学部だったため簡単に留年できます。毎日毎日レポートで数学と専門物理をやっていました。

遊んだ記憶もありますが大変だったな~という記憶のほうが強いですね。

 

【就職活動】ここで人生の分かれ道に立たされる

自分の就活時代は売り手市場に入ったばかりで就職が決まらない人のほうが珍しかったです。

実際に自分もすぐに民間は決まりましたし、専攻も専攻外も内定をいただきました。

 

その中で、なぜ現職の消防を受けたかというと、サーフィンに一緒に行っていた先輩が消防士だったのです。

その先輩の影響をもろに受けて消防受けてみようということで受けました。

 

消防士になってから驚きましたが、みなさん消防に入るきっかけが壮大で、自分の理由が恥ずかしいなと思うばかりでしたが、正直にサーフィンやってて一緒に行っていた先輩の影響です。

 

なりたい職業のうちに消防士がはいって、その中で年齢制限があるのが消防士だけでした。

なのでまずは消防受けてみようという気持ちで受けました。

 

消防士の採用試験

内定もいただいて、あとは公務員試験のみという状況で公務員試験は4ヶ月ほど勉強しました。

理系の問題はまったく問題なく解けたので、英語、歴史が関門だと思ってこの2つに絞って勉強をしました。

 

自分が受けたのは田舎の消防のみです。

消防を受ける友達は1人もいなかったのでみんなどういう状況か分からず、予備校にも行かなかったので普通?の受験の仕方ではなかったかもしれません。

 

サーフィンもしていて体力的にも問題はなかったので一次試験と面接が肝心だなと当時から感じていました。

受験した消防は一日で筆記試験、体力試験まであったので非常にハードでしたね。

 

消防士枠若干名(最終的に2名)に対して20人受けていたので10倍の倍率になります。

中には記念受験みたいな人もいたので実質6倍とかそのぐらいでしょう。

 

後から聞きましたが大卒枠は1名だったので、その中では何倍かはわかりません。

高卒を2名取ることもあったと聞きました。

でもそれって試験内容違うから評価できないのでは?と不思議に感じるところもあります。

 

筆記試験は、歴史が自分が勉強していたところがドンピシャ出たので難なくクリアしました。

作文?では3行目から書けって書いてあるのに1行目から書いている人もいて、少し浪人時代を思い出しました。

 

体力試験は、握力、長座体前屈、反復横跳び、懸垂、立ち幅跳び、1500m走の6種目でした。

これもとくに可もなく不可もなくといった感じで終わり、一次試験は不安なく合格を頂きました。

 

二次試験は面接のみ。相手はまさかの市長、消防長の2人でしたが、圧迫面接もいいところでしたよ(笑)

笑っちゃうぐらい煽ってくるのでキレないように必死でした。

 

何をいっても「それで?それだけ?何考えてんの?」って(笑)

 

終わったときは絶対に落ちた…って思いましたよ(笑)

 

なんで初対面の人にそんな言われんないかんと?って帰り道はずっとイライラしていましたね。

忘れたころに合格発表がありまして、一度は不合格でしたが、後に追加合格を頂きました。

 

聞いた話によると、消防長が激プッシュしてくれたみたいで、まったくこれまでご縁がない方でしたが味方をしてくれて感謝しています。

圧迫面接って何の意味があるんだろう?

 

【卒業後~現在】晴れて憧れの消防士に、消防の現実を知り転職を決意

昔から憧れていたわけではありませんが、少なからずかっこいいなというイメージは持っていました。

 

初任課程で

消防組織法第一条
「消防はその施設及び人員を活用して、国民の生命、身体及び財産を火災から保護するとともに、水火災又は地震等の災害を防除し、及びこれらの災害による被害を軽減するほか災害等による傷病者の搬送を適切に行うことを任務とする」

という消防組織法第一条が我々の任務だと教わりました。

 

簡単に言えば、「消防の仕事は国民の生命、身体、および財産を災害から守ることですよこれに全力を尽くしなさい」ということです。

 

いわゆる国民の安心安全が第一なんです。もっと小さく言えば市民のことを第一に、現場を第一に考えるのが消防なんです。自分はこのように思っています。

 

ですが消防の現状はどうでしょうか?自分の地元の組織だけではないはずです、市民ファーストではなく自分ファーストの消防になっているはず。

 

この組織体制が自分には無理です。多額の税金を使っているのにですよ。これが消防の現実なのかと絶望して転職を決意しました。

 

もったいないなどと言われますが、自分にウソをついてまで消防士を続けたいとは思いません。

 

組織を変えるなんて自分が50歳ぐらいにならないと無理です。なぜなら年功序列だから。あと30年も待てるほど自分はお人好しではないですし、使命感もありません。

 

もっと自分より消防士になりたい人が消防に入ったほうがプラスになります。

 

このブログを運営するきっかけ

このブログを運営するきっかけ

ブログというのはこれまで何個目となるか分からないぐらい作ってきました。大学時代からブログでお小遣いを稼ぐ程度のことはしていました。しかし実際に自分のリアルを世の中に出すということはしたことがありません。

こんなにして生い立ちを書いたりするのも初めてです。

 

ですが、消防士からの転職というのをメインコンテンツとして、そして自分のサーフィンなどの趣味をサブコンテンツとして運営させて頂きます。

 

なぜ今回、ブログを残そうかと思ったのは「同じように消防から転職したいと思っている人が少なからずいるのでは?その人たちの参考になればいいな」という気持ちです。

先日このようなツイートをしました。

実際、まったく無反応だろうなと思っていましたが少しではありますが反応があったので(いいね、リツイート、リプしてくれた方本当にありがとうございます)ブログを作ろうというきっかけになりました。

 

昔から文章は書いてきてはいますが、改善しようと思ってやってこなかったので読みにくい文章かもしれません。実際、ここまでダラダラと書いてしまって申し訳ないです。

 

これからは読みやすい文章が書けるように改善していくので暖かく見守ってください。

そして当ブログが、これから転職する人に役立つように、これから消防士になりたい!と思っている人にも役立つように願って自己紹介を終わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です