未経験の転職で失敗?未経験可の求人に騙されない簡単な方法を紹介!

未経験から転職したいけど失敗したくないなぁ‥未経験可で絞っても本当に大丈夫なのか不安。だれか実体験教えてくれないかなぁ

未経験さん

こんなお悩みにお答えします。今回の記事で分かることは以下の通りです。

・未経験可の求人の種類と企業側の意図

・未経験可でこういう求人は注意!

実際、未経験から転職するときは本当に不安ですよね、実体験も踏まえつつ今回の記事は書いていきます。上記2つの内容を理解して未経験からの転職を失敗させないようにしていきましょう!

未経験の転職で失敗しないために未経験可の求人の特徴を知る

では求人である未経験可の特徴を知っておきましょう。未経験可とはいえど実は3つの種類に別れます。

・業界未経験可

・職種未経験可

・業界職種未経験可

上記3つに別れます。求人票にちゃんと書いてあるのでこの記事が読み終わったらチェックしてみてください。

未経験可の種類:業界未経験可

業界未経験可は、業界が未経験だけど職種が一緒ならカモン!っていうことですね。

たとえるなら、MR(医薬業界の営業)をしていたけど、業界を変更して広告をしたい!というときは当てはまりますね。これまでの営業という職種を活かして別の業界でも活躍していきたい人向けになります。

どこの業界で戦ってきたか?というのは転職市場においても大きな価値になるので、長く働くのであれば業界選びも重要になってきますね。

未経験可の種類:職種未経験可

業界は同じで、職種だけ変更したいならカモン!ということですね。

さきほどの営業で例えるのであれば、広告業界で営業をしていたけど、同じ広告業界でマーケティング職に転職するということです。

将来のキャリアパスを考えて職種を選ぶというのは転職でも大事になってきます。かくいう私もWeb業界ではありますが、職種をもっと別なのにしておけばなぁなど後悔もあります。

後半で深掘りしますね。

未経験可の種類:業界職種未経験可

こちらは前回のわたしの転職のような、公務員からWeb制作といったまったくの畑違いの業界業種にいくことです。

業界も職種も経験したことないよっていうパターンですね。今回の記事をよんでいるあなたも、ここの部分が気になるのではないでしょうか?後半で解説します。

未経験の転職で失敗しないために未経験可の求人の注意点を知る

未経験の転職で失敗しないために未経験可の求人の注意点を知る

未経験可の求人は種類があることは理解できた上で、未経験の転職で失敗しないための注意点は以下の通りです。

・どこで求人を出しているか?

・未経験可じゃないと内定が貰えない訳ではない

・条件をどこまで妥協するか

上記3つは今回、わたしが公務員からwebデザイナーに転職して実際に反省した点も含んでいます。ここからは完全に未経験の人が転職するときの注意点を紹介していきます。

職種未経験や業界未経験で転職しようとしている人は転職でよくある失敗事例から学ぶ転職失敗学のススメ!実体験を元に誰でもわかりやすく解説!で失敗例からの教訓を学ぶことをオススメします。

未経験の転職で失敗しないためにどこで求人を出しているか確認する

今回の記事で1番気をつけて欲しいところです。「ハローワークやIndeedやエンゲージなど無料で求人を出せるところのみにしか求人を出していない企業は注意」です。

なぜかというと以下の通りです。

・有料のエージェントやサイトにお金を出すほど売り上げがない

・給料が明らかに低い

という特徴をもちがちです。

このブログでもオススメしているリクルートエージェントなど有名な転職サービス、サイトがありますよね。私たち転職者は転職サイトなどは全部無料で使えますし、な職務経歴書などの添削までしてくれます。

なぜ転職者は無料で使えるか?というと、私たちが内定してその企業に就職するとなったときに、転職時の年収5〜15%(企業によって違う)をマージンとして企業から頂くからです。

無料のハローワークなどにしか求人を出していない企業は、売り上げがないから人材獲得するときにそのマージンを払うことができないのです。

 

もっと言うと、ハローワークを通して転職者を受けいれれば国から補助金が貰えます。

必ずハローワーク通してねっていう企業はそこの補助金狙いです。非常にややこしい計算式が組まれていますが補助金はもらえるし、お金を出すこともなく勝手に転職希望者が集まるというシステムです。

こう考えると使って普通だからいいじゃんって思うかもしれませんが、人材獲得という1番投資すべきところに投資するお金のない企業に行ったところで成長はできません。

 

そういった求人に限って未経験可などしており、入ったら違うポジションでずっとしたい仕事ができずに搾取されるだけというパターンもよく聞きます。

後述しますが、未経験だから未経験可ではない求人は無理ということではありません。すべて未経験可で絞って求人を探すとブラック企業にハマってしまう可能性も高いです。

未経験可でないと内定が貰えない訳ではない

完全未経験から転職するときに転職活動をしていて感じることですが「未経験可ではないところは書類選考すら通らない」というのは幻想です。

実際にわたしは今回を含めて2回の転職活動を行っておりますが、未経験可でも落ちるところはありますし、未経験可でなくても書類選考が通って、かつ内定までもらえることもあります。

そうか、それならさっそくエントリーしよっと!

と思う方少し待ってください。確認しておきたいことが1つだけあります。

あなたは未経験だけど企業に対して利益を出す何かがありますか?

 

この問いは重要です。わたしは独学でマーケティングやウェブ制作、Webデザインを勉強していたので、0からのスタートではなくコーディングやデザインであれば即戦力になれますという強みを発揮できました。

未経験なのは置いておいて、未経験でもあなたは即戦力になるような準備をしているかどうかが大きな分かれ道になります。

もし準備をしていないのであれば、一旦転職は待ちましょう。まずは独学からすることをオススメします。

いや、そうは言ってもね‥という人はよく考えましょう。新卒でもない、職種に関して知識も全くないあなたを雇うメリットって何があるでしょうか?

きつい言い方にはなりましたが現実はこの通りです。では、解決策は明快で、未経験でも雇ってみるか‥と思わせるための独学が必要になります。

しかし独学となると、転職をするまでの期間が長くなるのでもう一つ解決の手段があります。

 

将来的に職種や業界を変えていく軸ずらし転職

これは先ほどの業界未経験や職種未経験の転職の仕方と似ています。正直、業界も未経験、職種も未経験だと厳しい戦いになるのは間違いないです。

簡単な例をあげると、自分は今、マーケティング職に就きたいと考えています。もちろん勉強もしていますし、実際にSEOなど実践もしていますが、あくまで未経験です。

しかも現在はwebデザイナーでクリエイティブの業界です。広告などとは一切関わりがない訳ではないですが薄いです。つまり業界も職種も未経験と判断されてもおかしくないですよね。

では、どういう転職を考えるか?ですが、まずは広告やWebの営業に転職します。こちらも業界との接点は怪しいですが、少なからず接点はあります(マーケティングは条件に営業経験を含む求人が多数のため)。

営業で実績を積んでからここで軸をずらしてマーケティングの職に就こうとおいうキャリアプランです。

 

つまり、業界も職種も未経験の人は「自分がなりたい職業や業界を2回目3回目の転職で叶える」という考え方です。少々軸ずらし転職とは変わってきますが、最終的には業界か職種をずらして自分のやりたい職業に転職するということですね。

では、こういったキャリアパスはどういう風に考えたらいいのか?ということですが、わたしは転職エージェントから教えて頂きました。

マーケティングいきたいけど、なかなか未経験だと書類選考が通らないのでそのキャリアプランを一緒に考えてもらいました。そこで、営業が必須項目になってくるので一旦営業で経験を積んでからマーケティングの方に再度転職するのも一つの手です。

わたしは、リクルートエージェントを2回の転職で2回とも使っていて、求人も多いですし未経験のわたしにも親身になってサポートしてくれました。オススメです。

リクルートエージェント

未経験の転職で失敗しないために条件をどこまで下げるか決める

完全未経験からだと条件を下げてでも入ろうとしますが、ライン引きだけは必ずしておきましょう。

未経験だからといって給与の大幅なダウンを受け入れたりするとけっこうしんどいです(わたしがそうでした‥)。

とにかくここだけは譲れん!というのを持っておけばある程度選別できます。

具体例で言えば、給料、通勤時間、仕事内容、業界、休日数‥などなど。自分でここが低いとストレスを感じやすいというのをこのタイミングで理解しておきましょう。

上記を踏まえた上で求人を選別すると、応募すべき求人がしっかりと見えてきます。自分の棚卸しなんてよくいいますが、未経験の人でも転職を失敗しないためには重要ことだなと感じます。

先述した軸ずらしのキャリアパスを考えつつ業界や職種を選んでいきましょう!

未経験の転職で失敗しない方法のまとめ

未経験でも転職に失敗しないためには

・どこで求人を出しているか?

・未経験可じゃないと内定が貰えない訳ではない

・条件をどこまで妥協するか

この3つを深掘りしていくことが大事です。

自己分析もないまま転職しても失敗するだけですので、しっかり自分の中の棚卸しをしましょう!

あなたにオススメの記事

転職でよくある失敗事例から学ぶ転職失敗学のススメ!実体験を元に誰でもわかりやすく解説!

失敗しない転職をするのは簡単!この3つをするだけで転職は失敗しない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です