消防士は辞めておけ‥?消防のリアルを暴く!

この記事では「消防士はやめておけという声に対して思うこと」を消防の本当の姿と一緒に書いて行っています。

この記事を読むことで、周りから消防はやめておけと言われる人に自信が付く、もしくはアドバイス通りやめておこうと決断の補佐になります。

ですが、最終的に決めるのは自分であって、この記事を読んですこしでも消防の理想と現実のギャップが埋められればなと思います。

 

消防士はやめておけ?消防の本当の姿はいかに‥

タイトルが煽っていますが、結論から言うと

消防士を経験したことがない人の言うことは全部信じなくていい

ということです。

消防士を経験したことがある人からのアドバイスで「いや、お前はやめておけ」って言われたら説得力あります。

しかし、消防士の経験なしで人から聞いたことイメージだけで言われているのであれば、あまり聞く必要ないです。

なぜならリアルじゃないから。

あくまでアドバイスとして一旦受け取っておいて、有益っぽいのだけ貰っておきましょう。

 

消防士を4年間経験した私が、消防士になりたい!と思う人に対して思うこと。

ぜひなりましょう!

めっちゃプッシュします。

 

でも合格する自信がないですか?

実はですね、消防士っていろんなタイプの人がいるんですよ。

 

消防士はムキムキで背が高い人だけではない

消防のイメージはおそらくオレンジだと思うんですよ。

紺とかねずみ色もあるよって言ったら、うそ?皆んなオレンジ着ているのかと思った‥なんて人もいますから笑

 

消防士=ムキムキ

ではないです。

 

いろいろなタイプがいて、自分みたいに身長が160cm台ですばしっこい人もいれば、超重量級でめちゃくちゃパワーがある人もいますし、スラっとモデル体系のような人もいます。

目がいい人もいれば悪い人もいるし、体力がある人もいればない人もいる、足が速い人もいれば遅い人もいます。

仕事でも法律に強い人もいれば、パソコンに強い人、救急に強い人、救助に強い人、無線に強い人、様々です。

 

いろいろなタイプがいないと消防はダメなんです。

なぜなら皆んな同じタイプだと補ないからです。

 

救助現場で狭い空間に行く時に超重量級の人しかいなかったらまずいですよね、そういうときに小柄な人はR1,R2で入っていけます。

これはたくさんあるうちの一つの例ですが、何が言いたいかというと、「あなたも求められるポジションは必ずある」ということです。

 

お前はやめとけって言うのが親か親戚か知りませんが、あなたが消防に入って求められるポジションは必ずあります。

そこを見つけて自分のものにするかどうかはあなたの努力次第ですが、必ずと言っていいほどあります。

 

もちろん、ここを放棄してしまって楽な方に走り、とくにこれといった強みのない人もいます。

このブログを読んでいる人にはあり得ないでしょうが、もしその状態なら一刻も早く前傾姿勢で仕事をしていきましょう。

 

消防士はムキムキだけが必要とされている訳ではありません。

 

 

わたでゅはどのポジションだった?

辞める直前で振り返ってみると、救急隊とタンク隊の機関員で、かつ救急救命士を求められる(今後の話)ようなポジションだったのかな?と思います。

予防も持っていたので、査察やら基本的な法律は覚えてもらいたいと思われていでしょう。

救助訓練に関しては引き揚げ2番員のようなすばしっこい場所が求められていたと思います。

 

自分もめちゃくちゃ筋トレはして一般人からすると筋肉質な方ですが、消防のなかではガリガリもいいところですね。

私のような消防士でさえ求められるものはありますし、感じます。

 

もし、自分が消防に入って何か役に立つのかな?って思う人がいても大丈夫です。

何かしら求められるものがあるので、まずは消防に合格すること。

そして、消防に入ったら前傾姿勢で仕事をしましょう。

これについては下記の記事で紹介しています。

先輩が一緒に仕事がしたいと思う後輩はこんな人です

 

消防士のマイナスイメージの本音を紹介します

消防士のマイナスイメージの本音を紹介します

おそらく消防士で迷っている人は懸念点があるのではないかと思います。

少し世間の声を聞いてあるある的なのをいくつか紹介します。他に知りたいことがあればコメントでもTwitterでDMでもください。

わたでゅのTwitterはこちら

 

消防士のイメージ
  • きついくさいきたないの3K
  • 合コン三昧
  • パワハラ地獄の体育会系

この3つを深掘りしていきます。

実際に田舎消防を4年間経験しての話です。

 

東京消防庁の話が知りたいかたは、akiraさんのブログを参考にしてください。

akiraさんのブログはこちら

 

消防士はきついくさいきたないの3K?

よく言われますよね、消防は、土木は、なんて。

大学の選考が土木なのでこれも聞いていましたが、消防も3Kだと。

 

じゃあ実際はどうでしょうか?

 

消防士はきつい?

どの仕事もきついです。特別、消防がきついという訳ではないかなと。

ただ、命に直結する仕事だから、甘くはないですよ。

 

公務員というポジションに甘えている人もいますが、それは本当の消防士かな?って思います。

とくだん他の仕事にきついと言えば、体力的にきついぐらいですかね。

睡眠不足だったり、その分休みがある訳ですが、体力的なきつさは確かにあります。

 

ほかの仕事でも睡眠不足なんてのはありそうですけどね。

 

消防士は汚い?

これは事実、避けられない、医者や看護師と一緒です。

血は見るし、嘔吐物の処理もしなきゃならない、脱糞脱尿当たり前です。

汚いという概念がないですね、それよりもこの人をどう悪化させずに適切な病院まで搬送するか?で頭がいっぱいですから。

 

そもそも、それが汚いという認識にはなりませんので、汚くないです。

感染防止はしっかりしましょうね。

 

消防士はくさい

これはどこを指して言っているかわかりませんが、汚いと一緒で当たり前。

人が焼けた臭いとか、腐った臭いとか、茹でられた臭いとか様々なものを嗅いできましたが、そりゃそうなんです、そういう現場だから。

 

くさいから無理とかないです、そもそもそういう概念がない。

そうなっている以上仕方ないんです、そうですそういう仕事です。

 

特段、3Kが当てはまるか?というと、だから何?って感じです。

それで無理なら本当に辞めておいた方がいい。まぁ無理って思っていてもアドレナリンでどうにでもなりますけどね。

 

消防士は合コン三昧

これこそakiraさんのブログ読んで欲しいですけど笑

ちなみに田舎消防で、自分の管轄で合コンなんてしたことありませんでした。

まぁ昔はあったみたいですが、県庁がある市ではさかんにあるみたいですね。

 

合コンするときはそこの消防士さんにお願いして合コンを開くといったパターンでしたよ。

なので、合コン三昧という訳ではないですね。

 

給料も低いですから、そこまで遊ぶお金はないですね。

都会の方はどうなんだろうなけっこう若いときから給料はいいので(少なからず田舎よりは)めちゃくちゃ遊んでいるなんて聞いたり聞かなかったり笑

 

ただ一つ言えるのは、遊びまくっているっていうのも人それぞれだし、合コン行きまくっているというのも人それぞれなので‥

消防士=合コン三昧遊び人

っていうのは当てはまりませんよ。

 

消防はパワハラばっかの体育会系

これに関しては以前書いた記事でも紹介していますが

消防はパワハラが当たり前?訴えれば勝ち?

パワハラとかの概念がよくわからないんですよね笑

 

いじめとかのレベルになれば別ですが、消防で仕事をしていてちょっとのパワハラや怒鳴られたぐらいでいちいち凹んでいる暇ないです。

怒鳴るはまた別ですが、パワハラあったぐらいでは負けてられんってことですね。

 

こんなこと言うからパワハラが減らないんだと言う人もいますが、もちろんパワハラを肯定している訳ではなくて、している側はくそだと思いますよ。

そしてもちろん、パワハラを受けたからといって後輩に同じことをしてはいけません。

嫌な思いは後輩にしていては先輩と同じ穴のムジナです。

あなたで途絶えさせましょう。

 

体育会系かどうかの部分ですが、バリバリの縦社会です。

上が言ったことは絶対なんです。

 

極端な話、隊員全員が救助訓練無駄だから辞めましょう!って言っても、消防長が「やれ」って言ったらやらないといけないんです。

この傷病者は脳疾患を疑うから〜と言っても隊長がいや違うと言えば違います(これも極端ですがつまりはこういうこと)。

 

でもメリットもあるんですよね。

そのことについては先ほど紹介した記事に書いていますので読んでください。

消防はパワハラが当たり前?訴えれば勝ち?

 

消防士は辞めておけというアドバイスについて

 

消防士になりたければぜひなってください、あなたはあなたのポジションがあります。

全員同じ消防士ではいい消防にはなりませんので、大丈夫です、しっかり前傾姿勢で仕事をしていってください。

 

あなたにオススメの記事

先輩が一緒に仕事がしたいと思う後輩はこんな人です 消防はパワハラが当たり前?訴えれば勝ち?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です