消防士を何となく辞めたい人は必見!辞める人間の考え方

 

この記事では、消防辞めようかなぁ…キツイしなぁって思っている全国の消防士の方に、今年度で辞める自分がアドバイスできることを紹介しています。

実際に先日、消防2年目の後輩から「辞めたいです」というLINEをもらったのでこの記事を書くことに至りました。

前提として、辞める辞めないは自分が選択することです。

 

消防を何となく辞めたいなら考えるべきこと

消防を何となく辞めたいなら考えるべきこと

仕事辞めたいなぁって思っている消防士はたくさんいると思います。

 

特に若手の人は、民間の給料より全然低いですし(もちろん仕事量の部分はありますが)、休みもないから面白くないかなと。

 

漠然と辞めようと思っていて、今回相談してきた後輩のように誰か辞めるからおれもやめようかなって思っている消防士さんは以下のことを考えたほうがいいです。

 

消防を辞めるときに考えること
  • なぜ辞めたいのか?
  • 環境が悪いのは理由になる?

1つずつ解説していきます。

 

なぜ消防を辞めたいのか?

 

まずこれが1番かなと。

自分の場合は、たくさんありますが1番の要因は「自分の考え方と所属する消防考え方が違う」という部分です。

消防士を辞めようと思った理由

上記の記事に深く書いているので参考にしてください。

 

なぜというのは、他の部分にもつながってきます。

消防の仕事自体が面白くない?
給料が低いから?
パワハラがひどい?
やりたい仕事がある?
遠距離の彼女のところに行きたい?

いろいろ理由はあると思います。

 

かっこつけなくていいですから、正直に辞めたい理由を考えてみましょう。

実際に自分は、自分の考え方と所属する消防の考え方が違うの他に、

・もっと年収が欲しい
・もっとサーフィンがしたい
・稼ぐことにチャレンジしたい
・もっと刺激が欲しい
・遊びたい
・元カノを見返したい

いろいろな理由があります。

欲望だらけですよ。

 

でもいいと思います、正直に自分が辞めたい理由を出していって、本当に辞めるべきなのか?どうなのかというのを考えるべきです。

これを最初にやっておいたほうが転職活動をするときに迷うことがありません。

 

転職活動時に迷いがでるのは当たり前ですが、自分がやりたいことを叶えるためには転職しかないというのを再認識することで、軸がぶれずに転職活動もうまくいきます。

 

消防を辞めなくてもいいという人は、辞めたい理由を出した段階で、今の消防でも叶うじゃんっていう人です。

その人は、消防に注力して市民にとって素晴らしい隊員になってください。

 

ここに気づけた人は絶対に頑張れるはずです。

 

消防の環境が悪いのは理由になる?

 

今回、相談してきた後輩にも当てはまることなんですが、消防の仕事を1度でも本気になって頑張ったことがある?というのは大事です。

 

彼の状況を見ていて思うことは、特にやる気も出すことなく仕事をこなして、ゆえに現場も動けなくて先輩に怒られ続ける毎日…救助訓練も頑張る理由が分からないから全くもって芽が出ないという状況です。

彼から来たLINEの内容は

「辞めようと思っていて、環境が悪いし、消防も嫌いです」

といった内容でした(実際はもっと長かったですが要約したらこれ)。

 

いろいろ返信はしましたが、自分から1番言いたいことは

「環境を変える努力はしたか?」

ということです。

消防が嫌いなのも結局、現状怒られてばっかりで嫌な先輩ばかりだからだと思います。

というかそうですね、彼を見ていてそんな感じです。

 

こういった若い人は少ない訳ではなく、そこそこいると思います。

何となく仕事する→先輩から怒られる→やる気失せる→自分は悪くない→頑張る理由が分からない→環境が悪い→消防嫌い

この無限ループ。

 

一時期、自分もそうでしたし気持ちは分かります。

 

しかし、果たして環境は悪いでしょうか?

いくらミスをしてもクビになることがない公務員

何となく仕事をしても給料をもらえる

怒ってくれる先輩がいる

 

自分も民間はアルバイトでしか経験したことありませんが、公務員の環境はいいと思いますよ。

もちろん風通しが悪い、給料低いなどありますが、その分手厚い保護を受けています。

 

さきほどあげた3つだけでも十分だと思います。

しかし、環境が悪いという後輩の言い分も分かります。

 

何かと揚げ足取りだし、小さいことをすっごい大きいミスかのようにみんなの前で怒るなどあります。

ですがそれは、その怒られている消防士さん自身にも問題はあります。

 

環境が悪いとか言う消防士は、だいたい使えない消防士が多いです。

こんな言い方で申し訳ないですが、自分が実際に周りを見ていてそうです。

 

環境が悪いなど愚痴っている人は基本頑張っていないから自分を取り巻く環境が悪いのです。

この記事は若い消防士さんに読んで欲しいですね、ドキッとする人はいるはずです。

 

自分を取り巻く環境は自分でコントロールできます。

それを知らずに何となく仕事をやっていて、自分で環境を悪くしていることに気が付いていません。

環境が悪いから仕事を辞めたいという消防士さんにアドバイスするなら

 

環境のせいにするなら
まずは死ぬほど仕事を頑張ってみろ

 

と言いたいですね。

 

実際に現場で動けるようになれば、事務処理をしっかりぬかりなくできるようになってくれば、分からないことはしっかり聞くようになれば、今まで怒ってきた先輩や試してきた先輩も何も言わなくなってきます。

 

自分の頑張り次第で環境はコントロールできます。

 

ここを理解していない人は、辞めて別の仕事についても同じルートをたどりがちです。

頑張って自分が仕事をしやすい環境を作るというのは必須です。

 

消防を何となく辞めたい人は黄色信号

消防を何となく辞めたい人は黄色信号

何となく辞めたいなという気持ちは分かります。

ですが、何となく辞めたいなって思っている消防士はだいたい現場でも事務処理も使えない人が多いです。

自分の消防だけであってほしいですが…

 

先ほどLINEをくれた後輩だけでなく、先輩とかも含め同じだと思います。

理由は簡単で、先ほど言った無限ループと同じようなものです。

頑張る理由が分からない→怒られる→辞めてぇ

って感じですよね。

 

分かる分かる、1年目の自分なんてまさにこれでしたからね。

今、反対番にいる1つ下の後輩なんてまさにこれです。

 

何も動いてくれないし、教えても覚えていない、興味もない、頑張る理由も分からない、だから現場もできない…

こういう消防士は、先輩から試されてばかりですし、基本的なことを聞かれても答えられずにやる気が失せていく

 

完全に負のスパイラルですよね。

市民にとっても全くプラスにならない。

 

こういった人におすすめなのは

環境のせいにするなら
まずは死ぬほど仕事を頑張ってみろ

これともう1つ

環境のせいにするなら
期限を決めて頑張ってみろ

ということです。

 

1年なら1年間、救助訓練も現場も非番も週休も全て消防に捧げてみて変化に気づいてみろということです。

 

実際に自分も3年目までとにかく頑張ってみて、所属する消防を自分が変えるんだ!という気持ちがなければ辞めようと思ってがむしゃらにやっていました。

気づいたら試されることもほぼなくなり、先輩も仕事のことをいろいろ教えてくれる状況になりました。

 

さきほど言った環境を自分でいつの間にか変えていたんですよね。

何となく辞めたいなと思うなら1度立ち止まってみて今の消防の仕事を頑張ってみましょうよ。

 

せっかくなった消防士ですし、かっこいい仕事なのは間違いないですからね。

頑張ってみて自分のように心境が変わらないなら転職を選べばいいですし、やっぱ消防がいいなと思うなら続ければいいだけです。

 

消防士を何となく辞めたい人は必見まとめ

 

何となく辞めたいのであれば

何となく消防を辞めたいなら
期間を決めて必死こいて仕事を頑張ってみる

これが1番かなと思います。

自分の環境を変えるのは自分です。

周りのせいにしているうちは絶対に変化はありません。

まずはチャレンジしてみましょう。

 

何となく辞めたい、転職したい…けどやりたい仕事もない人が転職するにはどうしたらいいのか?というのを解説した記事が下記の記事です。

まずは消防を頑張ることを前提に参考にしてください。

消防士が未経験で転職したいならどの業界に転職するべきか?

2 COMMENTS

こんにちは!はじめましてNと申します。コメント失礼しましす。
現在24歳大卒2年目に入る元消防士です。私は現場に配属されてからずっと職場の雰囲気が嫌で、朝起きるのすら憂鬱でした。同期にもずっとLINEで愚痴をこぼしていました。そのLINEの内容が、同期の歓迎会で見られてしまいました。私の上司がその同期の歓迎会に行き、「NとどんなLINEしてるんや、見せろ」と言われ、全部見られたそうです。その日から、私の隊の人たちの風当たりは強くなり、24時間気軽に話せる人がいなく孤独でした。そして現場に配属され2週間目に、私の出動した現場で父親を亡くしました。1月から休職をし、3月末に退職しました。組織のトップもまた同じになるのは、組織的にも、、とおっしゃられ、その瞬間は地元消防に吹っ切れて辞めました。
今悩んでいるのが、どこの消防でも雰囲気や、ハラスメント行為はあるのかと言うこと。他の消防を受験した方がいいのか、民間に行った方がいいのか、手に職をつけて一人で稼げるようになったら楽しいんじゃないか、ずっと悩みのスパイラルから抜け出せずにいます。

返信する
wavy

初めまして、コメントありがとうございます。
コメント読ませていただきました。
いろいろあって心中をお察しいたします。
「どこの消防でも雰囲気や、ハラスメント行為はあるのかと言うこと。他の消防を受験した方がいいのか、民間に行った方がいいのか、手に職をつけて一人で稼げるようになったら楽しいんじゃないか、ずっと悩みのスパイラルから抜け出せずにいます。」
ということですが、まず、多かれ少なかれどこの消防にもハラスメントはあります(と思います)。
自分の消防も余裕でハラスメントありましたし、もうどれがハラスメントか分からないぐらいでした。笑
これは差はあるけども民間でも同じかなと思います。
ハラスメントに関しては線引きも難しいですし消防の世界ではなくなることはないのかなぁと思います。閉鎖的な空間ですからね。
そして、他の消防をうけるのか、民間にいくのか、独立するのかの部分ですが、自分だったら、消防なら消協に入っているところを受験します。同じ都道府県かどうかはそこは噂がひっついてきてもいいのなら同じ都道府県でもいいのかなと。
そこは自分がそれだけ挽回できる自信があるかどうかだと思います。
民間に関しては、今コンテンツを投下しまくっていますが、ビジネス経験がないので、独学でちゃんと勉強してからじゃないとかなりジリ貧になると思います。
コロナで恐慌を目前にしているのでこれからさらにきつくなると思います。
独立に関してですが、世の中にはいきなり独立して成功する人もいますが、私は石橋を叩いて渡るほうがいいと思っているので、民間を経験するなりしてからの方がいいかなと思います。
時代を考えて、まだ消防に気持ちがあるのであれば消防がいいのかなと思います。
消防に入ろうが、民間に行こうが、どの道頑張らないといけないことには間違いはないと思います。
不平不満を見られたということでしたが、不平不満も聞いてもらえるぐらいのそ力は必要だと思います。
自分も2年目までは意見すれば叩かれてきましたが、3年目ぐらいから頑張りが認められてきて、先輩に話を聞いてもらえるようになりました。
どうしても階級社会ですから、その辺は実力を付けるか、年齢を重ねるかしかないと思います。
おすすめは消防ですがお父様のこともあるので、しっかり自分で判断してください。
自分から言えるのはどの道、頑張らないといけないということです。
上から目線で申し訳ございませんでした。
解決されなかったらこのコメントやTwitterのDMでもいいのでメッセージください☺️

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です