消防士から未経験の転職の独学はどうしたらいいか?

この記事では、消防士から未経験で転職する場合、ズブの素人よりも独学である程度知識があったほうが転職に有利なため、その独学方法はどうしたらいいか?という内容になっています。

これまで、消防士から未経験の業界に転職するときは、とにかく独学してアピールできる部分を増やそうということをたくさん言ってきました。

 


不利に働くことはないので、気軽にスタートさせてみましょう。

 

消防士から未経験で転職するときは独学を始めよう

消防士から未経験で転職するときは独学を始めよう

実際に、独学をして転職活動をしてみて、独学をしていてよかったなと思うことは以下の通りです。

独学によって分かること
  • その仕事の適正が少し分かる
  • その仕事の基礎が理解でき評価される

ざっくりとこの2つです。

やってみて全く合わないなと思うこともありますし、意外と面白いじゃん!って思うこともあります。

そして基礎のきの部分を分かっておく部分で、未経験ながらもスタート地点は他の人よりも前だよというのをアピールできます。

ここから、どの職業にも共通する独学の方法を最初に紹介して、そのあとにWebマーケティングとWeb制作の独学の方法を紹介します。

 

 

消防士が未経験で転職する際のどの職業にも共通する独学法

この方法は、営業だろうがプログラマーだろうが、どの職業の人も間違いなくやっておくべき独学の部分です。
何かと言うと「専門用語を覚える」という独学方法です。

自分が実際にWebマーケティングやWeb制作を独学していると勝手に専門用語とかは頭に入っていました。

ですが、営業などの場合は自分で、営業を磨くというのはなかなか難しいところです。だからこそ専門用語をまず身に着けて会社に入ったときに周りの会話に付いていけるようにしておきます。

 

これだけでも最初から周りとコミュニケーションが取れるというアピールになりますよね。

営業の専門用語であれば、アウトバウンド、アウトソーシング、アイミツ…などなどたくさんあります。

また、営業の中でも営業をしたい分野が決まっている人はさらに専門性を深められます。

住宅であれば、建築関係の勉強もできますし、SEであれば下流工程のことや上流工程のことも勉強できます。
早めに分野を絞るというのも大事ですね。

 

 

消防士が未経験でWebマーケティングに転職する際の独学法

ここからは自分が実際に行った独学について紹介していきます。

Webマーケティングについての独学は一言で言ってしまえば「とにかく行動する」というのが大事です。

マーケティングの世界(自分が感じている)ってとにかくPDCAを回して成果を上げていくことが大事になっています。

マーケティングといっても分類がありますが、自分が行っているのはWebマーケティングですね。

どのようなコンテンツを作成していくことでSEO的に評価が高くなって上位表示できるかという内容です。

 

じゃあどう独学すればいいのか?というと、ブログ始めるかYouTube始めるかをしましょう、今すぐに。

別にどちらでも全く構いません、大事なのは今すぐググりながら始めること。

ブログの方だけ、自分がブログ開設の際に参考にした人、つづきさんの記事を紹介しておきます。

参考 WordPressブログの始め方を解説【初心者でも100%失敗しない方法】Tsuzuki Blog

 

このフットワークの軽さというのは非常にWebマーケティングにおいて大事だと思っています。とにかく試してみて、ダメだったら策を練ってまた試す、これの繰り返しがWebマーケティングです。

 

いくらWebマーケターだからといって、いきなり上位表示できる方法を知っているか?というと疑問です。

そんな方法を知っているのであれば、稼ぎ放題ですからね。

どんなキーワードでどんな内容で情報発信をすれば上位表示ができるのか?PV数が上がるのか?再生回数が上がるのか?CVRは高まるのか?

ここを追求していくことがWebマーケティングの独学になります。

 

最初の参入の難易度が低いのはブログです。これは間違いないなですね。ただデメリットとして初心者がスタートしても現状は3年ぐらいかかるということ。

もちろん個人差はありますが、正直SEOに関しては運要素もあるので初心者が上位表示できる方法なんて正直あまりないと思います。

初心者も玄人もできるだけのSEO対策をして良質なコンテンツを発信して、個人ブランディングをしていくしか方法はないのかなと。

(もちろんクロネコ屋さんやなかじさんみたいな個人でも化け物クラスはいますが昔からSEOに関してやってきた人たちですしね…)

 

ブログをやっていこうと思っている人は以下の人をTwitterでフォローしておくと言い情報がゲットできますよ。

初心者向けに情報発信してくれているので非常に参考になりますが、あくまで行動するのは自分ですから、独学するのであればしっかり腰を据えてやりましょう。

 

消防士が未経験でWeb制作に転職する際の独学法

 

Web制作というとイメージが湧きづらいと思うのでプログラミングとここではさせてください(厳密にはこれから紹介する言語はプログラミング言語ではないです)。

プログラミングをするにあたっておすすめなのはフロント言語です。

種類を上げると

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • PHP

などです。

なぜフロント言語をオススメするかというと、

  • 身近な言語だから
  • 無料で基本を学べるから

という理由です。

普段からスマホやパソコンでネットサーフィンなどしますよね。そのさいに出てくる画面がこれらの言語で成り立っているからです。

前面に出てくるからフロント言語という風な把握をしてください。

そして、全くプログラミングの経験がない方でもタッチしやすく半年もあればある程度のWebページは作れるようになります。

身近だからこそ、どんなウェブページがいいのかなどイメージが付きやすく、最初のハードルが下がることがおすすめの理由です。

そして何よりもプログラミングは無料で学べる環境が揃っているという部分が非常に大きなポイントです。

月5万円を半年で稼げるスキルを無料で学べるわけですし、それを駆使して転職もできます。パソコンが苦手とか関係なしに、少しでも触れておくことをおすすめします。

神システムとしか言いようがありませんね。

 

消防士が無料で学べるプログラミングスクール

 

中にはスクールではないものもありますが、実際に自分が使ったのは、

この3つです。

この中でスクールはテックアカデミーだけですが、progateもドットインストールもかなりの幅で学べます。

テックアカデミーは転職支援まで受けて無料です。

昔は知りませんが、現代はこれだけのサービスを受けることができます。使わない手はありません。

無料だからこそ、合わないなって思ったら途中で辞めればいいですし、サポートを受けながらやりたいという方はテックアカデミーをオススメします。

メンターがいろいろと質問に答えてくれるので一人だと不安だという方はテックアカデミーがオススメです。
分からないときに聞けるというのはすごく心強いですよね。

これからの時代、ITは間違いなくもっと必須になってきます。義務教育にプログラミングが出てきているように、必要なものとなってきているのです。

それを無料で学べるわけですから、テレビを見ている時間よりももっと大事に時間を使いたいのであれば、テックアカデミーから試してみてはいかがでしょうか?

 

消防士から未経験で転職の独学するときのコツ

消防士から未経験で転職の独学するときのコツ

独学の方法は実際に分かっていただけたと思います。

では、独学と言ってもなぁなぁになりそうだなと心配な方もいるのではないでしょうか?

実際に、自分が使った独学が続く方法を1つ紹介します。

その方法は意外と簡単で、SNSで公言する、ということだけです。

自分は今のアカウントでも、別のリア垢でも公言しました。

転職するために独学します、という風にですね。

今のwavyのアカウントではなかなかアップはできていませんが、デザインをしたものなどはできるだけSNSにアップしたり、このブログの状況というのも以前記事にしました。

消防士がWordPressでブログを開設した結果(最初の1か月)

こうやってどんどん情報発信していくことで、後に引けなくなります。

さきほど言った、専門用語を勉強したものをTwitterなどでツイートします。そうすると、もし意味合いが間違っている場合は知っている方が教えてくれることもありますし、こんな使い方もあるよと教えてくれる人もいます。

TwitterやSNSはグチを書くところだと思っているかたもしますが、勉強ができる場所でもあります。

ツイートする中で、できるだけたくさんの業界の人に見てもらうためには、#を使うといいですよ。#タグを使うことで、例えばツイートの中に消防士という単語を打たなかったとしても、消防士で検索した人は拾ってくれます。

実際に自分が記事を紹介するときは#タグを使っています。

ツイートの仕方はフォロワーが多い人の真似をするといいですよ。

 

初心者のツイートなんて誰のためにもならない?

初心者の方にこの方法を教えてもなかなか行動してくれません。理由は分かっています、こんな何も知らない自分がTwitterで言ったって恥ずかしいしレベルが低すぎるというメンタルブロックが発生するからです。

果たして、本当に恥ずかしいでしょうか?相手の顔も見えないのに?

果たして本当に意味がないでしょうか?自分よりも知らない人だっています。

レベルが低すぎるとかも関係ありません、レベルが低い人はツイートしちゃいけないなんて誰が決めたでしょうか?

日本人って結構、できるようになってから世に出すという感じで、批判されたり笑われたりすることを恐れますが、それはむしろ逆です。

批判されてこそなんぼ、笑われてこそなんぼです。

なぜかというと、改善策が見えるから。

 

これはWebマーケターやブロガーに必要な能力ですが、100%になってから世に出すのではなく、とりあえずやってみてダメだったらまた改善すればいいという考え方をしましょう。

批判されたり、ダメだしされたら、なぜダメ出しされたのか?どこが悪いのか?という自分の成長につながりますよね。

 

ましてや成長の度合いが自分でも見えるからモチベーションの持続になります。

実際、自分はHTML?DOCTYPE?何?犬なの?とか思っていました。

ですが今では企業さんから仕事を受けて納品できるレベルまで来ています。

 

とにかく、レベルが低かろうが自分が独学で学んだことはSNSで発信していきましょう。

自分の勉強スタイルや、時間帯などを理由付けでツイートすると反応がいいかもしれませんね。

 

消防士から未経験で転職するときは独学を始めようのまとめ

独学によって分かること
  • その仕事の適正が少し分かる
  • その仕事の基礎が理解でき評価される

どの仕事にも共通する独学は、専門用語を覚えてSNSで発信することです。

インプットしてアウトプットすることでさらに記憶の定着につながります。

未経験で転職をしたいのであれば、独学をさっそく初めて行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です