どの職業も簡単には稼げない簡単に稼げるのは消防士だけ

この記事では、よく広告で簡単に稼げる!スマホで隙間時間で月10万円!などのあまーいことを言っている広告に対して、1番楽して稼げる職業を紹介します。

自分もこれまで、楽して稼げるのはアフィリエイトだとか、YouTubeなら不労所得!などの情報を探しては試してみてダメでの繰り返しでした。

いつかはこの方法で消防士を辞めてやる!と思っていましたが、結局のところ自分の給料に届くことすらなかったのです。

先に筆者のスペックを紹介しておきます。

地方国公立大学に一浪で入ってそのまま消防士になった27歳男。

大学時代からアフィリエイトをしていて大学生のときに月5万円を稼げるもアルゴリズムで吹っ飛ばされる。

 

どの職業も簡単には稼げません楽して稼げるのは消防士だけ

どの職業も簡単には稼げません楽して稼げるのは消防士だけ

先に断っておきますが、消防士の人に喧嘩売っている訳ではないですし、4年間市民のために!と思って誠実に頑張ってきて感じることを記事にしています。

結論からいうと

楽して稼げる職業は?
田舎の消防士だけが楽して稼げる

ということ。

では田舎の消防士がなぜ楽して稼げるかというのを紹介していきます。

 

田舎の消防は出動も少なく仕事も少ない

 

出動に関してですが、田舎の消防は都会に比べて非常に少ないです。

実際に田舎の消防に属していて、件数少ないなと感じます。あっても1日5件とかですし、7件とかあれば多いなと感じます。

場所によっては1日1件とか。正直めっちゃ楽ですし訓練ばかりできます。

そのせいもあって救助訓練ばかりしているのかもしれませんが、それは本末転倒で別な話なので気になる方は下記の記事を参考にしてください。

救助技術指導会が無駄だと思っている消防士です

出動が少ないということは、報告書作る機会も少ないですし、他の仕事をする時間も多いです。

もちろん夜中まで起きてしないといけない仕事もありますが、毎日毎日全く仮眠を取れずに仕事が終わるということはありません。仮眠も4時間ほどは取れます。

田舎の消防はこんな感じではないでしょうか?

東京消防庁の救急隊なんかに比べたらめちゃくちゃ楽です。

楽して稼ぎたいって思っている人は田舎の消防士になるのが1番なんじゃないのかなと思います。

ある程度のやりがいもあるし、仕事しなくてもクビにはならないし、仕事は楽だし、いいことづくめではないでしょうか?

もちろん生涯年収が下がる、地域のコミュニティが強いなどデメリットはありますが普段楽をしているのでそれぐらいいいのではないでしょうか?

 

消防士は仕事量に見合った給料を貰う

年齢を重ねると給料が上がってしまうので当てはまりませんが、若いうちは消防士はかなり給料が低いです。

ですが、仕事量を考えれば低くて当たり前なのかなと思います。

実際、大卒4年目で手取りが15万円ぐらいですが、仕事量を考えればそんなものかなって思います。

1日たった4~6件出動して予防業務をして4時間は仮眠できれば十分ですよね。

 

1ヶ月のうち10回これを繰り返せばあと20日は休みみたいなものですから。

やっぱこの仕事プライドを持ってやらなければ楽だなと思います。

これで年収300万円ぐらい。

40歳ぐらいになれば年収400万円超え。みなさんが目指している楽な仕事ってこれじゃないですか?

 

 

田舎でも消防士はプライドを持ってやれば変わってくる

田舎でも消防士はプライドを持ってやれば変わってくる

ここから少し厳しい話に入ります。

これまで紹介した、楽な仕事は消防士だという意見はあくまで「プライドもクソもない消防士になったら」の話です。

いわゆる現在の職場の先輩のことを言っています。

その先輩は間違いなく最高の仕事だなって思っているはずです。

1日中スマホゲームをして仕事は全て下に流して、できたら自分の印鑑を押して上へご報告。自分の株は上がるから何をしても大丈夫、こういった流れですね。

あなたがプライドがどうとかどうてもよくて自分さえ良ければいいというのであれば、ぜひ消防士にはなって欲しくはないですが、自分にとって皮肉にもそういうタイプの方が消防士に向いています。

自分としては、プライドもなく、ある程度でいいやって思っている人には消防士になってもらいたくないですし、既に消防士の人は意識を変えて欲しいと思っています。

ですが、プライドを持って市民のために仕事をしよう!と思えば思うほど消防の体制に疑問を抱いて苦しむことがあるのは間違いないです。

 

実際に自分も苦しみました。市民のためにならないと分かっていることを多額の税金を使って、隊員のプライベートの時間を奪ってでもする。

 

人員を増やしていかないといけないのに増える気配もなく、有休は全くとれない…いろいろと思うことはありますが、ここまでにしておいて本題に戻ります。

疑問を持って苦しみ、自分の場合は転職をしようという気持ちになりました。

 

この消防を変えようという気持ちがあれば耐えて耐えて偉くなったら変えるという風に考えられたのかもしれません。

ですがそんなの約30年後の話、消防自体どうなっているかも分かりませんし、民営化するかもよ?合併するかもよ?そんな先の見えないことに耐えていくことに自信はありませんでした。

だからこそ、プライドもなく、そこそこの仕事でいいやっていう人ほど消防に向いています。

ましてやベーシックインカム同等のことが仕事ですので最高ですよ。自分には向ていません。そして社会的地位も高いですから言うことなしですね。

 

田舎の消防でもプライドがあれば向上心に変わる

 

去年、一緒に救急隊を組んだ救命士から習ったことでしたが、プライドさえ持って仕事をしていればおのずと向上心が出てくるということです。

自分は消防士として市民のために働く、ここのプライドがあれば学ぶし訓練もしっかりする訳です。

そうすることによって、技術、知識は出動件数が少なくとも都会の消防士同等、もしくはそれよりも高いレベルを維持できる可能性があります。

もっとレベルが上げられないだろうか?

ここにフォーカスすることで市民のためになります。

もし自分がプライドもなくそこそこの仕事でやってきたという人が読んでいるのであれば、少しずつでいいので意識を変えていってほしいです。

その先に消防の組織の在り方との間に挟まれるときがくると思います。

そのときはあなたが組織の在り方を変えてください。自分のように転職する道ではなく消防をよくしていってもらいたい。

自分はある意味逃げです。のこり約30年耐えてというこの30年を犠牲にしたくないって思ったから転職する道を選びました。

ある意味、市民のためという気持ちが薄いのかもしれませんね。市民のためなら、その30年を捨ててでも消防を変えてみろよって思う人だっているはずです。

そこの部分に注目したら自分はまだ市民のためにという気持ちが弱いのかもしれませんね。

話を戻して、明日から少しずつプライドを持つためには訓練をして、勉強をしてとなると思います。そこで、少しコツを紹介したいので下記の記事を参考にしてください。
消防で仕事ができる先輩は若いときに怒られている

少しでも若いうちに仕事ができるようになって、消防士としての幅を広げてほしいと思います。

 

どの職業も簡単には稼げません楽して稼げるのは消防士だけのまとめ

楽して稼げる職業は?
田舎の消防士だけが楽して稼げる

田舎の消防士になって、ある程度のところで努力しておけば楽して稼げるのは間違いないです。

プライドを持つことなく、そこそこの仕事でいいのであれば田舎の消防士になるといいですよ。

一個人としては、そういう人はなって欲しくないですが、これがリアルだと思います。

これから消防士を目指すのであれば、そういった消防士を目指す目指さないは自由ですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です