消防士や未経験の人がプログラミングを勉強する最強最短はデイトラ

この記事では、消防士だけど転職をしたいかもしれないから他の仕事に触れてみたいという人にプログラミングをオススメするのと、どうやって勉強するといいのかを紹介しています。

 

実際にプログラミングを勉強し始めて約半年が経ち、以前もスライダーについてツイートしましたが、仕事を受注して納品できるレベルまで達成したので説得力はあります。

まず最初に、プログラミングを学ぶ手順を自分の経験も踏まえて紹介します。そして転職や他の仕事を考えるならなぜプログラミングがいいのかというのを紹介していきます。

 

※2020年1月26日リライト

消防士や全くの未経験の人がプログラミングを勉強する、実務に活かせる、稼げるようになる最短ルートの勉強方を紹介してから、私が行った遠回りの勉強方法を紹介します。

後半の方は消防士がプログラミングを少しでも勉強することをおすすめする理由について紹介しています。

 

(※この記事でプログラミング言語ではないものもプログラミングと呼んでいますが便宜上なのでご了承ください。)

 

消防士や未経験の人がプログラミングを最短で勉強する最強の方法

 

結論から言うと、デイトラっていう無料サービスが最強です。

実はこの30DAYSトライアル自体は昨年の2月?(あれ?いつからだっけ?)ぐらいからスタートしていました。

東京フリーランス(@Tokyo_FreeIance)という企業をショーヘーさん(@showheyohtaki)がCMOをしております。

ここの企業から出しているサービスになっており、ショーヘーさん自身フリーランスエンジニアをしていました。

 

で、なぜこのタイミングで記事を書き直してまで紹介すんねんって話ですが、昨日(2020年1月25日20時)にウェブ版のデイトラアプリをリリースしました。

↓こちらからどうぞ

30DAYSトライアル

 

25日は当務でまったく見れなかったのですが、実際にアプリを使ってみての感想

 

これが無料でいいんかい!!!!!

 

ってのがね、いや、アプリの前の段階で自分もデイトラに参加していたので無料とかやべーまじいいやんって思っていたんですが、アプリになってさらに使いやすくなった。

 

Googleアカウントでログインできますし、ウェブ版なのでいちいちインストールもいらないので、控えめに言って使いやすい。

 

正直、ここだけの話、以前の東フリのサイトだと、1日目、2日目、3日目が分かりづらかったんですよね。

自分だけかもしれませんが。

それもあって2ndに関しては、はにわまんさんのページが1日ごとに区切られていて分かりやすかったため2ndは、はにわまんさんのサイトをブックマークしていました。

 

ですが、そんな煩わしい心配もノープロブレム!心配無用!(直訳やん‥)

アプリ版の30DAYSトライアルの特徴は以下の通り

・デイトラの内容自体がえぐ過ぎてもう素敵

・学習履歴があってどこを学習したか見やすい

・プロフィールを作っておくとスカウト機能が使える

・制作物をポートフォリオとして使える

少し深堀していきます。

前提として、自分は東京フリーランスのものでもないですし、ショーヘーさんやその周りの方とも関わったことは一度もありません。

ただの田舎の消防士です。(ステマじゃないよってことねw)

 

そもそも30DAYSトライアルの内容がよすぎる

ここ最近というか自分が知った頃には十分、評判も良く初心者に寄り添ったサービスと名が高かった30DAYSトライアル(以下、デイトラ)ですが、実際に自分がやってみて‥

えぇ、勉強始めたときにデイトラあればよかったのに‥

というのが感想です。

デイトラは1〜3まであって3ヶ月で副業でも稼げる、転職ももちろんできるスキルになるのがデイトラの目的です。

全て無料で(語弊があるかもしれませんが)勉強できるので、ここまでサービスしちゃっていいんかい?って話です。

 

理由としては、初心者が挫折しないようになっているし、ショーヘーさん自身、励ましのツイートも多いので頑張れます笑

で、初心者の参加者も多いからすごく励みになるんですよね。

孤独との戦いが他のサービスとは違ってないですし、slackに参加すれば案件もありますし、今日頑張った報告とかもあったはず(このスラックは継続させていくのかな?)。

 

とにかく全くの未経験ですって人でも参加できる敷居の低いサービス、かつ高品質のコスパ最強のサービスとなっています。

 

ここから私のデイトラの思い出。

自分がこのデイトラをスタートさせたのは6?月ごろで、その時点で自分は無料で案件をもらってはスキルアップにつなげていました。

救助技術指導会も県大会で全部終わったので転職に向けてスキルアップしないとなという頃でした。

 

いや、案件もらってるならいいじゃんって思いますよね。実はその案件でめちゃくちゃ苦労したんですよ。

お金もらってない( 公務員だから副業できない)立場ですがクオリティは求められますし、もちろん納期もあります。

ここの部分も別記事で深堀しますね。

 

もう一度しっかり基礎から勉強したいという思いでこのデイトラにたどり着きました。

デイトラ1st終わってから転職活動を本格化していて、まったく手をつけることができずポートフォリオの作成にめちゃくちゃ時間をかけていました。

そのおかげもあってか、ポートフォリオやスキルについて評価していただける企業さんが多くあり、やはり独学しておくものだなと感じたところです。

 

結局、オファーを頂いた企業様に4月からウェブデザイナーとして(名目上はですが、入社したらフロントと動画編集がメインになります)転職します。

 

 

アプリの特徴

アプリの特徴として、学習履歴が見れるのが最高なのと、1日1日終わると、あなたは今のスキルでいくら稼げますっていうのが出るんですよね。

この右上の16,000円ってやつですね。

これはいわゆる自分の市場価値ってやつが分かります。

月収とは書いてありますが、市場価値にも変換できますよね。

かなりモチベも保ちやすいので1つの特徴ですね。

 

そしてプロフィールを打ち込んでおけばスカウト機能が使えるということ。

案件やヘッドハンティングがあるのかな、ちょっとまだそこは詳しくは分かりませんが、これから分かり次第ここに追記していきます。

 

簡単ではありますが、デイトラの特徴の紹介です。

これからエンジニア目指そうかな‥フリーランスになりたいな‥転職したいけど特にしたいことないな‥スキル欲しいな‥という人は迷うことなくデイトラをスタートさせましょう。

 

他の情報とか必要ないです、だってデイトラの方がいいんだもん。

そんな遠回りする必要ないです自分みたいに、時間がもったいないから早く「DOCTYPE?何?犬?」っていう感想を持つためにスタートさせてください笑(最後のは冗談ですw)

 

30DAYSトライアルはこちら!

 

 

消防士wavyが全くの未経験の初心者でプログラミングを学んだ遠回りの手順

消防士が初心者でプログラミングを学ぶ手順

 

消防士wavyが全くの初心者からプログラミングを学んだ手順は以下の通りです。

消防士がプログラミングを学ぶ手順
HTML→CSS→jQuery→WordPress→PHP(→JavaScript)

という手順です。

 

CSSまでは手順は守ってもらって、それ以降は順番が入れ替わってOKです。

実際に自分はCSS以降は先にWordPressを勉強してからJavaScriptを勉強しました。

 

jQueryはJavaScriptを簡単に書くためのフレームワークというもので、勉強するだけであれば別にPHPも勉強しなくてOKです。

CSSまでで十分です。興味が出てきて実際に仕事を受注できるまでなりたいという人はPHPもJavaScriptも勉強してくださいね。

 

Web上だけの言語を引っ張ってきていますが、プログラミングの最初のさわりを勉強するのであれば十分だと思います。

 

消防士が無料でプログラミングを勉強する方法

 

自分がプログラミングを勉強するときに無料で使った方法は以下の3つです。

無料で学べるプログラミングサイト

以上3つです。

感想としてはどれも丁寧で分かりやすかったです。
1つずつ見ていきます。

 

TechAcademyでプログラミングを無料で学ぶ

 

自分が1番最初にプログラミングを勉強したのはTechAcademyです。

TechAcademyのいいところは

  • メンターが無料で着く
  • 無料期間が定められている
  • 転職支援付き

という利点があります。

自分はここからスタートして本当によかったなと思っています。

メンターといっても採点してくれたりするだけですが1人ではないという思いがあるので頑張れました。

無料でHTMLやCSSを勉強できる期間が定められているので、腰を据えて2週間みっちり頑張りました。

この2週間で基礎のきは付くので、オススメです。

また、転職支援付きですが、ここで転職するのはあまりオススメしないのは別の記事でまとめようと思います。

全く知識がなく勉強方法も分からない状態でTechAcademyを受講したので非常に効率の悪い勉強をしていました。
以前ツイートした通り


ノートに書いて覚えようなんて愚の骨頂です。そりゃ一浪しますわ…

プログラミングを全部覚えている人はいません、忘れたらググればすぐに出てきます。ノートなんか取らずにガンガン進めていきましょう。

忘れた、なんだっけ?ってなったらググればOKです。

TechAcademyはこちら

 

 

progateでプログラミングを無料で学ぶ

 

テックアカデミーからでなくてもprogateでも最初はよかったかな?と思っています。

 

スライドで解説してから実際にそのコードを書いてみようという感じで進むので非常に分かりやすい。

テックアカデミーをしたあとは被る部分が多いですが、復習の意味も込めてやっておくといいですよ。

progateは道場コースというのがあるので、そこで力試しするのもOKです。

プログラミングで人生を変えたい、もっと選択肢を増やしたいという人はぜひ月額1000円を払って全コース受講してみてください。

全く分からない言語でも1から優しく教えてくれるので分かりやすいですよ。

progateはこちら

 

実際にprogateで有料コースを受けていますが、お金がかかると人間って不思議なもので損をしたくないがために頑張れるんですよね。

 

今の環境が嫌で何かしらスキルを手に入れたいのであればprogateの無料コースだけでなく有料コースを受講することをオススメします。

 

progateはこちら

 

 

ドットインストールでプログラミングを無料で学ぶ

 

ドットインストールも無料の範囲だけでも十分勉強になります。

これまでテックアカデミーとprogateを紹介しましたが、内容が被っているところもありますのでそこは省いてもかまいません。

ドットインストールはWordPressを勉強できるので、そこはぜひ使ってほしい部分です。無料でできます。

テックアカデミー、progateとくればかなり基礎はできているので、WordPressの学習も楽しくなってきますよ。

またJavaScriptやjQueryに関してはprogateで勉強してからドットインストールで再度勉強すると定着が図れます。

 

ドットインストールはこちら

 

 

3つとも全部やらなければいけないのか?

 

実際に自分が3つとも使ってみて、今だにお世話になっているのが、progateとドットインストールです。

 

TechAcademyは別にいいかなとは思いますが、TechAcademyは教材がめちゃくちゃ丁寧だし、フルスクラッチ(0の状態から)で最終的にコーディングしていくのでオススメはオススメです。

 

ですが、progateの有料版とドットインストールの無料版だけでもOKです。

遠回りしてもいいやという人はぜひ最初はTechAcademyからスタートするといいかなと体験した側からすると思います。

TechAcademyはこちら

 

 

消防士が初心者で学ぶならプログラミングがおすすめ

消防士が初心者で学ぶならプログラミングがおすすめ

実際に自分がプログラミングを学んでみて感じたことは、選択肢が広がるなということです。


以前ツイートしたことがあるように、自分が大学生であれば間違いなくプログラミングを学ぶ機会を設けていました。

副業とか、稼げるとかそういう話でもあるのですが、自分の職業に選択肢が増えることで逃げ道ができます。

自分が消防しかないとなれば、どんなブラックな環境でも耐えないといけないですし、消防以外おれには取り得ないよな…と絶望しかありません。

自分の可能性を広げるという意味でも、無料でがっつり基礎を学べることができるプログラミングがオススメなんです。

 

消防関係に転職したいと思っていてもプログラミングは勉強してみるべき

 

消防関係に転職しようと思っていても、自分はプログラミングを勉強しておくべきだなと感じます。
なぜかというと

  • この先、プログラミングは必須科目になるから
  • パソコンに強くなれるから

という利点があるからです。

義務教育にプログラミングが取り入れられるように、これからIT教育というものが出てきます。親になるかは別の話として、全くプログラミングのことを知らないのか、少しでも知っているのかであなたが相手の気持ちを汲み取ることができます。

また、パソコンに強くなります。パソコンの操作をある程度勉強できるので、消防でもパソコンを使うときに大いに役立っています。

実際に、自分は社内SEみたいな感じになって、簡単なデータ復旧などすることをよく頼まれます。

そしてプログラミングを勉強すると、間違いなく調べる力というものが付くので、これも仕事に活きます。

学んで損することはありません、プログラミング少しやってみようかなって思ってくれたらぜひ無料で学んでみてください。

 

消防士が初心者でプログラミングを学ぶ手順のまとめ

 

消防士がプログラミングを学ぶ手順
HTML→CSS→jQuery→WordPress→PHP(→JavaScript)

以上の言語を勉強するには

無料で学べるプログラミングサイト

この3つのサイトを使うといいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です