消防か民間企業かで迷うなら必見!どっちに行っても後悔するからね

この記事では、「消防に入るか、民間企業に入社するか迷っている」人に向けて、どう決めたらいいか?というのを解説していきます。

先日、ありがたいことにTwitterのDMでご相談がありまして、私のようなたかだか4年の経験ですが解答させて頂きました。

その方が迷っているように、他の方でも民間に行くべきか、消防に入るべきか迷っている就活生や転職活動中の人は多いのではないでしょうか?

 

実は自分も消防に入る直前は内定5つ貰っていて悩みに悩み抜いて消防に入ることを決定しました。

ここの部分を踏まえると非常に説得力があるのではないかと思います。

消防のリアルもお伝えしつつ深堀していきます。

 

消防か民間企業かで迷っているときの改善策

 

結論から言うと、

「自分の欲望に従って判断基準を決めること」

です。

先日のツイート

この判断基準に迷っている消防と企業を照らし合わせてポイントが高い方に決めるだけです。

そんな簡単に決めるの?って思うかもしれませんが、これまた結論から言いますと

消防に行こうが、民間企業に行こうがどっち道、後悔します!

つまりどっちに行こうが後悔するんだから後悔が小さい方にいけばいいだけなので、基準を決めて判断するだけです。

 

ここからはどんな判断基準をすればいいのか深掘りします。

 

わたでゅの消防か民間かの判断基準

いたってシンプルです、自分がこの先どうなりたいかを考えて、譲れないものを決めるだけです。

自分の場合は

・年齢制限があるかどうか

・他の職業でも経験できるか

・サーフィンができるかどうか

最終的にこの3つに絞りました。

 

多くてもいいですし、少なくてもいいと思います。当時の自分はこの3つで判断して、消防に行かせてくださいと連絡し、民間に全てお断りをしました(消防に決まっていた時点では1社だけに絞っていました)。

正直、嘘だろ?って思いますよね笑

1、2つ目はまだしも、3つ目のサーフィンできるかどうかって‥笑

 

ですが、自分にとってサーフィンは譲れなかったんです。

当時大学4年生、22歳のわたでゅは消防と民間を比べたときに、

年齢制限:民間なし消防あり

他の職種:民間なし消防あり

サーフィン:民間あり消防あり(後々消防なしということに気付きます笑)

ということで民間1ポイント、消防3ポイントで消防に軍配が上がりました。

 

こういう決め方をしました。というか、この決め方がいいと思いますよ。

変に人の言うことを聞いて決めて後から

「あいつの言うこと聞いてなければよかった‥」

なんてくそみたいな言い訳しなくていいですからね。

(人の言うことを聞いたとしても、最終的に判断したのは自分だから人のせいにして生きるのは辞めましょうね!)

 

方法はわかって頂いたと思います。

でも、その基準ってどっから持ってくればいいの?って思いますよね。続きます。

 

消防か民間か判断基準の作り方

 

いたってシンプル、先述した通り「自分がこの先どうなりたいか?」に素直に答えるだけです。

安定したいのか?

稼ぎたいのか?

親を安心させたいのか?

起業したいのか?

彼女のために生きたいのか(オススメしない)?

人を救いたいのか?

憧れの仕事は何なのか?

ブラックはいやなのか?

ちやほやされたいのか?

早く結婚したいのか?

それぞれありますよね、こうなりたいって気持ちが。

それに従ってポイントを決めるだけです。

不純な気持ちも含めて全然OKです。消防士はモテるって聞いたから箔をつけたいとか。ここの判断基準に人の目を気にする必要はありません。

どうせ世間には出ないですからね。

 

先ほども言ったように、迷っている時点で民間企業に行こうが消防に入ろうがどの道、後悔します。

その後悔を小さくするためにも、この判断基準を作っていきましょう。

 

どうせ後悔します。

このツイートの通りです笑

最初に民間に行ってから消防に入れば、年下の人が上司になります。年功序列(入った順での)での逆転は田舎では厳しいです。

今となっては新卒カードは消防で使ってもいいのかなと思いますよ☺️

 

繰り返しますが、民間に行こうが、消防に入ろうがどっちみち後悔します。

民間企業に入社すれば、消防士になりたかったという気持ちがどこかで引っかかります。

しかもブラック企業なら、消防だったらこんなブラックじゃないのに(いいえブラックです)‥なんて思っちゃうかもしれません。

 

消防に入れば自分のように、新卒カードをもっと大事に使えばよかったと後悔します。

 

最終的に言えることは、自分で最後の判断はする、でもどの道、後悔するんだから後悔の小さい方に行きましょうということです。

 

しかしですね、1つ困ったことに価値観なんて環境と経験に左右されるので消防に行ってから、民間に行ってから変わってくるんですよね‥

 

ということで、

民間企業か消防か迷って決めたけど後から後悔がデカすぎるという人のための解決策を紹介する

消防か民間か迷っている人に現実をチラッとお見せする

ご紹介します。

 

消防か民間企業か迷った末に後悔をしてしまったときの解決策

消防か民間企業か迷った末に後悔をしてしまったときの解決策

 

迷って判断基準作って民間に行った、消防に入った、けど後悔が大きすぎる!という悩みの結論から言うと「転職すればOK」です。

ただ、この解決策には1つネックがあります。そう消防には年齢制限がありますよね。

 

先日、自分もここまで来ておきながら評判のいい宮崎市消防局を受験しようかと思って受験要項を確認したら2年前が最後の年でした。

(評判で決めるのかよとかは受け付けないので、他にも考えてです、当たり前)

 

つまり民間から消防に転職しよう!と思っても年齢制限で弾かれることがあります。

(東京消防庁とか大きい消防のことは知りませんのでググって調べてください)

だからこそ新卒で民間企業に入った方は見切りを早くしなければいけません。

 

しかし自分の観点からすると、迷うぐらいの企業であればさっさと消防に転職して、合わなかったらまた民間へ転職すればいいだけです。

民間行って1年、2年死にものぐるいで頑張ったけど、やぱり消防士になりたい!のであれば消防へ転職しましょう!

 

消防入ったけど後悔しているという自分と同じパターンの人もいますよね。

ここで解説すると長すぎるので下記の記事を参考にしてください。

消防士で自分の消防がクソだなと思ったら転職を考えた方が身のためです

消防士でもちゃんと手順を踏めば転職できますよ。

 

消防か民間企業かで迷っている人へ消防の現実を

少しだけ消防の現実について紹介します。

とは言えど、私は田舎消防で東京や大阪など都会の消防のことは知りませんので、ここからは田舎消防の話になります。

 

自分もこれまでいろいろ記事にしてきましたが、下記のakira(@akira-san)さんの記事が超絶いいところを突いているので読んでみてください。

参考 【暴露】田舎の消防士がブラックな4つの理由【消防士を目指す方向け】akirablog

 

akira(@akira-san)さんは東京消防庁も経験されて、田舎の消防も経験されています。

ツイートも東京消防庁との対比であったり、消防に興味がある人にはかなり有益なツイート、記事ばかりですのでフォローしておくことをオススメします。

akiraさんのTwitterはこちら:@akira-san

akiraさんのブログはこちら:akrablog

 

消防のリアルをということですが、下記記事がオススメです。

消防の未来は結局30,40代の人が鍵を握っているから年功序列くそです

他にも気になれば、私のツイッターをフォローして頂ければと笑

Twitterは消防・転職・Web制作について発信しています。

わたでゅのTwitterはこちら:@surfcodo

 

宣伝みたいな形にはなりましたが、現場迷っているとか、消防士になりたいけどこういったことが聞きたいっていう人はぜひDMでもいいですしリプでもいいので聞いてください。

ここのコメント欄でも構いません。

少しでも消防に対するイメージとギャップが埋まる形で消防に入って頂いたほうが理想と現実崩れてやる気が失せるよりいいと思います。

 

消防か民間企業か迷ったときの解決策のまとめ

 

消防か民間か迷ったら
  • 自分の欲望に従って基準を決めてポイントの高い方に行く
  • どっちに行こうが後悔する

この2つです。

どうせ後悔するのだからポイントを決めて高い方にいけば後悔は少ないです。

価値観が変わって後悔が大きくなっても転職すればOKです。

 

以上!

オススメ記事

救助技術指導会が無駄だと思っている消防士です 救助技術指導会がなくせばメリットのほうが多いです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です