2020東京オリンピック延期を受けて消防士目線で感じること

この記事では「東京オリンピック延期を受けて消防士目線で思うこと感じること」を記事にしています。

3/24についてに東京オリンピックが延期となりました。

東京オリンピックは、開催、中止、延期の3つをコンプリートしました。なんかすごいね笑

間違いなく歴史の教科書にコロナウイルスと一緒に載るでしょう。

 

この記事を読んで頂くことで、消防士がどういう目線を持っているのか?ということが理解できます。

あくまでいち消防士の考えというのはご了承ください。

 

東京オリンピック延期を受けて消防士は何を思う?

 

現在(2020/3/24時点)、私自身が消防士を辞める直前で、普通に消防士をしている人たちとは考え方も考えていることも違うのは当たり前ですが、ここではあえて消防士目線を書かせて頂きます。

正直、上記ツイートのようなことなんて消防士は一ミリも考えないんですよ。

まぁ積立とかやっている人はべつかもしれませんが、大概の消防士は、へーぐらいですよ。

なぜかって?

 

公務員に景気ってそこまで関係ないからです!

 

日経がさがろうが不況になろうが給料はもちろんボーナスだって間違いなく支給される訳です。

それが公務員ですから。

 

なので東京オリンピックが延期したからって、経済がどうなったからって正直あんま興味ないです。

それよりもコロナの方が興味ある。

 

そりゃ感染症で自分らが救急で出る可能性があるから当たり前かもしれませんが、ここが世間とのズレかなと思います。

 

世間(全部とは言わん)はコロナ‥自粛?‥経済やば‥売り上げ落ちるやん

ってなりますが、公務員は売り上げとかないので、経済まで考えが行っていないと思います。

 

オリンピック延期についても、「そうかぁ延期かぁ稼ぎどきだったのにね」ぐらいです。

それも公務員の特権なんでしょう!

 

オリンピック延期、コロナに対して消防士はどう思っているのか?

ここからもかなり自分の主観が入ります。

オリンピック延期の以前にコロナウイルスについて消防士はどう思っているか?というと、

「正直、潜伏期間とかあるし呼ばれて行って結果コロナでしたってなってもどうしようもない」って感じです。

 

そりゃそうですよね、コロナ症状ではあるけど呼ばれて接触する訳ですし、通報段階でわかればいいですが、分からず後からコロナってことも十分にあり得ます。

横浜消防の方が感染しましたが、あの状態、完全にウイルスがいるぞってわかっている意外は正直どうしようもないです。

 

毎回、完全防備で救急に出るわけにもいきませんし、もちろんコロナ対策は国からも通知がきていますし、それぞれ消防でも蓄えている訳ですが、傷病者が言わない可能性だってあるわけで。

とにかくにも、コロナで接触してしまったら自分の免疫が勝つことを信じるしかないですよね。

 

だからといって、軽率に行動すると言っている訳ではないですが‥

そろそろ揚げ足取りがうるさくなりそうなのでコロナウイルスに関してはこの辺にしておきます。

 

オリンピック延期について消防士をやめる私はどう思うか?

オリンピック延期について消防士をやめる私はどう思うか?

先日の21日で最後の当務が終わりました。

消防士最後の当務が終わりましたがまだ消防士です

正直な話、この時期に転職はまじで辛いなとは思っています。

使用期間があるのでクビになりやすい人No.1な訳です。

 

ですが、ピンチはチャンスなりってな話であって、ここを乗り越えれたらそれだけ評価してもらっているということですし、やりがいはありますよね。

普通に使用期間よりも背水の陣な訳ですからスキルアップも十分見込めるなと考えています。

 

恐慌に突入しかねない時期だからこそ、ここを耐え抜いて自分に素晴らしいスキルを身に付けたいと思っています。

 

正直このウイルスショックってのはこれからも有り得る話です。

今回のことでへこたれて、やっぱ転職やーめたってなるなら転職はしない方がいいかなと思います。

 

もちろん今の時期に転職活動しろよって言っているわけではなく、他人の意見で転職するしないがブレているぐらいなら転職しない方がいいということです。

あくまで参考にして、最後は自分で判断です。

ここを人のせいにしてやってしまうと続かないし、負けの道が待っています。

民間に入る以上、勝つか負けるかシビアな世界だと思っているので公務員脳を脱却せねばと思っています。

 

オリンピック延期でwebデザイナーはどうなる?

次の職はwebデザイナーですが、オリンピック延期でどうなるか?というと、分からんです。

仕事が減るとか、単価がもっと下がるとかも考えられますが、先ほどもいった通りこういうピンチだからこそチャンスがあります。

 

正直、webデザイナーって独立してもたぶん食っていけないんですよ。

なぜなら感覚の仕事だし、修正きても断れないし、時間かかるから。

 

ちょっとオリンピックの話とはずれますが、webデザイナーってこれからはWebデザインができるだけでは、おそらく職を失います。

AIの急速的な進化もありますが、動画の世界になっていく上でウェブページの需要も減ってきますし、そもそも単価低いので、もっとスキルを掛け合わせていかないとなということです。

 

これは他の職業でも言えますが、今やっている仕事のスキルだけだとこれからは厳しいかなと。

webデザイナーだったらコーディングもできる、UIもできる、営業もできるってなると強いと思います。

 

動画編集のスキルもっているとかでもいいですよね。動画編集で色の調整までって行っている人ってなかなかいないと思います(YouTubeの下位編集界隈の話です)。

そこでもデザインで培ったスキルが生きる訳ですし、自分もコーディングはできるけどデザインができないので、ここの掛け合わせをしていきたいと思います。

 

東京オリンピック延期で消防士が思うことのまとめ

消防士目線で東京オリンピックの延期は、へーそうなんだぐらいです。笑

そもそも経済に興味ないというか、公務員ならではなのかもしれませんね。

 

私は茨の道になるので日々精進していきます!

 

オススメ記事

消防士最後の当務が終わりましたがまだ消防士です 消防士最後の当務を控えている消防士の心境

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です