消防や職場で後輩がいる人は後輩にこそ気を使え

消防の世界に関わらず、部下や後輩を持つ人にはぜひ読んで頂きたい記事です。

この記事では、後輩に気を遣ってもらいたい(動いてもらいたい)のであれば、先輩がまずは気を使えという内容になっています。

先輩の言うことは絶対って思っている人ほど読んで頂きたい。

この記事を読めば、人を動かす方法も学ぶことができます。

 

消防で職場では後輩にこそ気を使え

 

この間のツイート


後輩は先輩に気を使えと言うのは消防の世界で絶対です。

先輩は後輩に何をしてもいいという雰囲気なのでパワハラが普通にまかり通っている世界です。

高校卒業して消防に入って他の世界を何も知らずに何十年も入り浸っていればこれが常識になってくるわけですが、人を動かしたいと思うのであれば間違っています。

 

人を動かしたい、後輩に気を遣ってもらいたい、雑務をもっとして欲しいと思うのであればあるコツがいります。

“人を動かすコツ”
  • 自分が先に気を遣う
  • その人を褒める

この2つがめちゃくちゃ大事です。

 

最近気づいたことですが、2つ目の褒めるということは自分もこれまで実践できていませんでした。

先日書いた別の記事
消防士の後輩の指導方法についてため息が出るほど悩んだ結果

この記事で書いていますが、Twitterで言われて気づきましたね。

 

後輩指導で悩んでいる現在ですが、本当に教えても教えてもなかなか覚えないし反応がないといった状況です。

そこで自分に足りていないものは何か?と考えて聞いたところ、褒める要素が足りていませんでした。

ここから1つずつ深掘りします。

 

 

職場では自分が先に気を遣う

結局のところ、give&takeの世界なんですよね。

 

何か欲しいなら自分がまずはやらないことには相手に求めるのはおかしいと思います。

与えずに動かそうとすると恐怖政治で頭ごなしに怒って押さえつけるしかありませんよね。

まぁ公務員だから生産性クソでも通るのですが、民間の場合はそうはいきません。

いまだにトップダウンの雰囲気しかないところはすぐに変えるべきかなと思います。

 

よく、お手本を見せてくれって言うじゃないですか、あれですよあれ。

気を遣うお手本を見せて、こうするべきなんだよと言うのを教えましょう。

 

そして、自分が気を遣うことで後輩も、「この先輩にはなんでもしたくなる」と思わせる先輩になる必要があります。

これだけしてくれる先輩なのだからもっと頑張ろう、期待に答えよう!と思わせるのです。

ただ肝心なのが、この方法だけだと後輩に舐められます。笑

実際に自分が経験済みです。

何が必要かというと次のことが必要です。

 

 

職場では後輩を褒める

 

先ほど言った、自分がして欲しいことを先にやってあげるというのに追加して、もしそのことをやってくれたり、他のことでナイスな行動を取ったらその後輩ちゃんを褒めるのをオススメします。

 

気を遣ってばかりだと後輩に舐められるので、あくまで自分は先輩だという立場を保つために、後輩を褒めるのです。

ここが自分に足りなかった部分だなと思いました。

 

褒めればかなりWin-Winですね。

自分の立場もですし、相手もやる気になってさらに仕事を良くしようとする、好循環です。

 

これを逆にしてみましょう。

ミスをしたから怒ったり、仕事をしなかったから怒った、となるとどうでしょうか?

後輩は萎えますよね、ましてや一年目だと、この先輩と一緒に仕事するの嫌だ‥ってなりかねません。

 

人は相手の悪い部分を見つける能力にもともと長けているので悪い部分をつくのは簡単なんですよね。

ですが、相手のいいところを見つけて褒めるのは苦手です。

 

だからこそ普段から鍛えておけば、相手がミスをしても怒ることもないし、次に活かそうという頭になります。

相手を褒めるというのは営業マンも良く使う手だと思いますが、人を動かすにはこの「褒める」というのはかなり大事です。

 

最初は全く関係ないことでも構いません。髪切ったね似合うじゃんとかそんなコミュニケーションでいいんですよ。

ここの切り口が大事です。仕事上のことだけ褒めようと思ってもなかなかできないので、小さいことから褒めていくことにしましょう。

 

消防、職場では上にゴマするよりも大事なこと

消防、職場では上にゴマするよりも大事なこと

これまでもTwitterやブログで言ってきてはいますが、人望のある人ってあまりゴマスリしていないですよね。

むしろ後輩に優しかったり、後輩に気を遣う人が多いですよね。それだけ余裕があるということですが、後輩を大事にするのはゴマをするよりも大事なことです。
消防士で仕事ができる先輩は後輩を大事にしている

この記事でもありますが、この先消防士として年齢を重ねていった時に一緒に仕事をするのは先輩ではなく後輩とです。

そんな中、人望皆無の後ろ指ばかり刺されている状態でどうやっていい消防を作り上げようとするのですか?

 

先輩に媚び諂うのはいいですが、それよりも後輩を大事にしてあげましょう。

少なからず後輩を持って3年目の自分が感じることです。

仕事ができる人ほど後輩を大事にしていますよ。

 

消防で職場では後輩にこそ気を使え

“人を動かすコツ”
  • 自分が先に気を遣う
  • その人を褒める

後輩に動いて欲しいのであればまずはgiveすることから大事にしていきましょう。

 

お勧め記事

消防士で仕事ができる先輩は後輩を大事にしている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です