ダメな消防士になりたくなければ準備はこれをやっておけ

この記事では、消防士になるまでにどんな準備をしておけばいいか?という記事を以前書きましたが、これ以外に何かないですか?というDMをツイッターで頂いたので追加していきます。

以前の記事(以前の記事はこちら)では以下のことを準備しましょうと書きました。

  • 学生生活をエンジョイする
  • 怪我をしない体作りをする
  • 5万円貯金する

DMでは、最初に消防学校ではなく実務からなので心配です‥という内容でした。

この3つに追加して準備しておくと入ってから楽することを紹介しておきます。

 

ダメな消防士になりたくなければこれを準備しよう

 

ダメな消防士というよりは、入ってから楽するためには以下の2つを覚えておくといいです。

消防に入るまでに準備するといいもの
  • 地理を覚える
  • BLSを覚える

 

この2つです。

自力でできて、かつ覚えていると入ってから楽をするというのは上記で間違いないと思います。

他にもありますが、前回の記事の3つも含めたら5つもすることがあるので十分かなと思います。

消防士になるまでの準備期間は何をしたらいいのか

 

1つずつ深掘りしていきます。

 

消防士になるまでに地理を覚えておく

地理に関しては1番最初の壁ですね。

消防に入れば、地理を覚えろよってめちゃくちゃに言われます。

自分も地理に関してはかなり時間を割きました。そもそも地元でもなんでもない消防に入ったので土地勘はほとんどない状態です。

 

で、何を覚えればいいかわかりませんよね。

覚えることは以下の通りです。

  • 公民館を覚える
  • 消防署からの行き方を覚える

この2つです。

で、問題になってくるのが「量が多すぎる」問題。

さっき初めて知ったんですけど、東京にも公民館ってあるんですね。都会にはなんか別の施設があるかと思っていました。笑

これは東京消防庁とか、どこに配属されるかさっぱり分からないという人には当てはまりませんが、本部が置いてある署や局の周辺を優先して覚えるといいですね。

 

自分のところみたいに田舎で移動もたかが知れていて、市全部を知っておかなきゃいけないところならこの方法でいいです。

しかし、都会のように真逆の方に配置されたら全く最初からという状況にもなりかねないので、ここの判断はお任せします。

 

最悪しなくてもいいです。

前回の3つさえしていればいいと思いますし、これはプラスアルファなのでそこまで一生懸命にする必要はないかなと。

ただ覚えておけば楽はするよというのは事実です。

 

もし、最初の配属先がわかるのであれば聞いてそこを勉強するのもいいのかなと思います。

 

その土地に行けないなら行けないなりの方法がある

私みたいに田舎住みで、遠方の消防に決定したという人もいると思います。

この状況だと、引越しするまで地理なんて回れないですよね。

 

ここでできる方法がGoogleマップです。

そうストリートビューを使って道を感じます。これけっこういいですよ、もちろん行ったことにはなりませが、全くしらないのと、道の雰囲気は知っていというのとでは大きな違いですからね。

 

特に都会の消防の人は信号の数まで覚えていたりと素晴らしいなと思います。

自分みたいに田舎ならすぐ覚えられますが‥しかし、年間にたくさん出場しておけば嫌でも覚えるとツイッターでリプを貰ったこともあって笑

都会の消防に比べたらと思うと申し訳ないですね。

 

なぜ消防士は道を覚えるのか?

カーナビとかないの?って思う人もいるかもしれませんが、実際あります、ナビ的なものは。

地域によって呼び方は違うのかもしれませんがAVMって自分のところでは言っています。

じゃあ道覚える必要ないじゃんっておもうじゃないですか?

そうは行かないんですよね、あくまでナビは補助的なものです。

 

経験ありませんか?ナビで走っていたらラグで曲がるところを通り過ぎてしまったとか。ナビ頼りにしていたら間違いなくこの現象に陥るので覚えましょう。

先輩に覚える必要ないって言っている人がいましたが、やっぱそういう先輩って‥お察しください。

 

消防士になるまでにBLSを覚えておく

地理に加えて覚えておきたいのがBLSです。

上記の動きを全部できるようになるのを最初の目標にしてください。

 

そこから、

・なぜ胸骨圧迫をするのか?

・胸骨圧迫のガイドラインは何があるか?

・なぜ人工呼吸をするのか?

ここの部分を覚えておくといいと思います。

 

他にもポイントはたくさんありますが、ここを知っていれば最低限かなと思います。

追加で覚えたいことがあればいくらでも知識を蓄えてください!

 

なぜBLSを覚えるといいのか

そもそもBLSって救急の知識じゃんって思われるかもしれません。

自分は救助隊になりたいんだ、火消しをしたいんだ!という思いもあると思います。

なぜBLSを覚えるかといと、

「救助隊とか警防とか関係なく胸骨圧迫をする機会はあるから」

です。

 

いやねーよって言う消防職員の人がいたら教えてください。

救助隊として現場投入されたときに、要救助者は必ず意識清明状態でしょうか?

CPAの可能性もありますよね。救助隊だからCPR知らないってありえます?

 

もちろん消防学校の初任教育でどこの都道府県もBLSはすると思います。

そもそもBLSってベーシックライフサポートってなっているだけあって、ベーシックなんですよ。

つまり基本ってことです。

 

なので初任教育でも習いますし、一般市民の方にも教えます。

BLSの次はALSになります。

アドバンスライフサポートです。

一次救命措置ができない人が二次救命措置なんてできる訳ないですよね。

 

なので動きだけでも覚えておくと入ってから楽をするのでBLSは覚えておきましょう。

 

ダメな消防士になりたくなかったらこれを準備しようのまとめ

以前書いた記事以外であれば以下のものをおすすめします。

消防に入るまでに準備するといいもの
  • 地理を覚える
  • BLSを覚える

 

4月までしっかりと学生生活をエンジョイしてください!

 

オススメ記事

消防士になるまでの準備期間は何をしたらいいのか

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です