消防士が転職するのに向いている仕事3選

この記事では「消防士が転職するならこの仕事がオススメ」というのを3つ選びました。

消防じゃなくて別の仕事がしたいな‥でもどんな仕事が消防からだと就職できるんだろう?

とお悩みの方に、これからのロードマップとなればと思います。

後半の方では、消防士が転職を考えたときすべきことを紹介しています。

 

消防士が転職すべき仕事3選

結論からいうと

・IT関係

・ポンプなど自動車関係

・医療関係

この3つです。

ネットで検索すると、土木関係とか物流が多いという情報が得られますが、正直オススメしません。

まだ土木はいいですが物流は特に将来的になくなる可能性が高いからです。

ここから自分の体験談も踏まえて深掘りします。

 

消防士が転職すべき仕事:IT関係

IT関係といってもかなり幅が広いですが、エンジニアになるのが1番オススメかなと思います。

理由としては

・独学しやすい

・需要がある

・年齢そこまで関係ない

というポイントがあるからです。

自分はWebの方に行きましたが、プログラミングの方でもしっかり勉強すれば転職も可能です。

また需要があるというのが大きなポイントで、今、圧倒的にプログラミングができる人が足りていないんです。

よく聞きますよね?

 

そして年齢はそこまで関係ありません。プログラマーは35歳まで説がありますが、あくまでそれはキャリア的な話です。

Twitterとかみると40代でエンジニアに転職した方もいますから、可能性は無限大ですね。

 

 

消防士が転職すべき仕事:ポンプなど自動車関係

ポンプに限らず、セイバーズ(消防で使う道具のメーカー)であったり消防設備とかもオススメです。

実際に自分がこれまで仕事をしてきた知識が活かせるので入りやすいと思います。

さらに消防設備なんかは独立してしまえば忙しいは忙しいですがかなり儲けられるみたいですよ。

 

自分も転職先を考えたときにセイバーズや森田ポンプは候補にありました。

大型自動車免許を持っていればなお入りやすいかと思います。

 

消防士が転職すべき仕事:医療関係

正直、自分が一番最後まで消しきれなかった業界が医療業界です。

自分は救急隊で、すごく救急が好きだったので救急外来やフライトナースになりたいという風に考えたこともありました。

 

ここまで頑張って蓄えてきた知識を放棄する訳ではないですが、離れるというのはすごく寂しい気持ちもありました。

消火隊だろうが救助隊だろうが最低限の救急の知識は持っているはずです。

看護学校に通って資格を取ったり、医療関係にいくのも十分ありなのかなと思います。

 

消防士が転職を考えたときにすべきこと

消防士が転職を考えたときにすべきこと

消防士の人が転職をしようかな‥と考えたときにすべきことは以下の通りです。

・転職するまでに最低1年間は余裕を持つ

・転職活動の前に必ず準備をする

・実際に転職活動を行う

以上3つをしっかりとすることで、転職活動もスムーズに行きます。

 

消防士は転職するまでに1年は余裕を持つ

消防士は転職するまでに1年間余裕を持つというのは、次の準備をするという部分に大きく繋がります。

本当に辞めていいのか?

辞める理由は何なのか?

これからどういう仕事をしたいのか?

特にここの部分をしっかり考えてください。

 

この3つは転職活動の面接でもよく聞かれることです。

とくに公務員である消防士の人が、なんでわざわざ安定を捨てて辞めたのか?ビジネス経験がないけどこれからどうしていきたいのか?気になりますよね。

 

しっかりと自分に向き合って焦らずに答えを出しましょう。

 

消防士は転職活動の前に必ず準備をする

消防士を辞めるまでに1年間余裕を持たすことで

・辞める理由とこれからのビジョンに向き合える

・希望職種の独学ができる

この2つが分かります。

 

辞める理由とこれからのビジョンについては前述した通りですが、面接だけでなくて、周りを説得する材料にもなります。

詳しくは「消防を辞めるとき先輩や上司や親から大反対をくらった!?解決法を紹介します」の記事で解説しているので参考にしてください。

 

そして希望職種の独学ができるというのは、消防士って公務員で転職市場ではビジス経験皆無とみられています。

デメリットではありますが、逆にこの部分を逆手に取ってアピールポイントにもできます。

コロナウイルスで転職市場が縮小?逆にチャンスだろ」この記事でデメリットをアピールポイントに変換する方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

 

消防士は実際に転職活動を行ってみる

転職活動をするかしないか迷ったときは、どりあえず一回してみましょう。

職務経歴書と履歴書を作って、とりあえず書類選考通してみてください。

もちろんほとんど落ちると思います。ですが、それでいいです。本格的に転職活動に入る前に、転職活動ってこんなものかというのを知っていたほうがかなりスムーズに行きます。

 

実際に自分も9月から転職活動をスタートさせましたが、8月に3社だけ書類選考を出して面接を2社し内定を1つ頂きました。

ここの経験のおかげで9月からエージェントを利用して転職活動をスタートしましたが、流れが一通りわかっていたのでスムーズに行きました。

 

百聞は一見にしかずなのでぜひまずは書類選考だけでも体験してみてください。

 

 

消防士が転職するのに向いている仕事3選のまとめ

・IT関係

・ポンプなど自動車関係

・医療関係

この3つです。

消防士は独学する時間がたくさんあるので、ぜひ自分でガンガン独学していってください。

 

あなたにオススメの記事

消防士がエージェント経由で書類選考通らない?そうです通りません コロナウイルスで転職市場が縮小?逆にチャンスだろ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です