消防士の消防職員意見発表は忖度の世界で救助訓練と一緒

この記事では、消防士の意見発表は内部のグレーゾーンは出せず、忖度の世界であって救助訓練と一緒やんって内容です。

知らない方のために、消防には意見発表というやつがあるんですよ。(えぇ説明になってない‥)

自分が消防に対してどうやったらよくなるのか、どういう活動をしていきたいのかという内容を5?分以内で発表するっていうやーつです。

弁論大会みたいなもんですね。九州や近畿、関東等の上位大会、さらに全国大会まであります。

 

その前段階の消防署の代表者を決める選考があります。

これは原稿だけで自分の消防は決まります。

 

今回の記事はこの消防の意見発表についての内容です。

とある消防のリアルな話です。

 

消防の意見発表は忖度ありきの救助訓練みたいなものです

 

今回の意見発表は2020年3月いっぱいで(現在2020年2月)退職する私も提出しました。

もちろん選考されることはないので、自分が退職する思いと、自分が所属する消防の問題点について書きました。

これについては総務課長や消防長も読んでいただけたみたいで、自分としては最後に一矢報えたのかなという感じです。

原稿3枚程度だったと思いますが、6〜7枚ぐらい書きました笑意見発表があるのは4月か5月なので選ばれることはありませんからね。

 

これはよかったのですが、自分の消防にも救助技術指導会を辞めて現場の訓練をしようと思っている先輩がいます。

その先輩も対象だったので意見発表を提出したそうです。

先日のツイート

受理されなかったんです。

理由は「個人的な意見で全国まで行くような内容ではなく個人の見解だから」

だそうです。

 

もっとわかりやすく噛み砕くと

この内容だと全国大会いけないから辞めとこうか

ってことですよね。

 

つまり目的は全国大会にいくことです。

 

で、全国消防職員意見発表会の目的をちょっと調べたのですが、よくわからんのですよ。

発表者は、全国9支部から選び抜かれた10名の消防職員で、職務を通じての体験、業務に対する提言や取り組むべき課題等について発表しました。

引用:http://www.fcaj.gr.jp/iken/

職務を通じての体験、業務に対する提言や取組‥

全国大会に行くために意見発表会をするとはどこにも書いてありませんでした。

 

と思っていたのですが、あるリプを頂いたのでご紹介しておきます。

Earl.Pさんありがとうございました。

初めてしりました、つまり忖度ありきで自分の思っていないことでもいい感じのこと発表しなよってことですね。

 

これまで発表者に選ばれた人は「原型はほぼない」ってよく言っていたのを思い出します。

なるほどがってん、そういうことですね。

 

つまるところ上位大会行くことによって接待が受けられるから行こうぜって話ですね。

 

ではここから、どんな内容を先輩が書いていったのかということを紹介します。

 

消防職員意見発表には提出できない内容がある

防職員意見発表には提出できない内容がある

結論から言うと、救助技術指導会反対っていう内容はアウトです。

他にも消防の矛盾点を意見内容にしたらアウトです。

 

なぜかって全国消防長会がやっている意見発表だからです。

全国消防長会は救助技術指導会を推して?いますもんね。

 

それに救助技術指導会はダメ、はよやめろってのは確かに出すことはできないですよね。

 

別にそれはいいんです、その先輩も別に意見発表で全国に行きたいからその内容にした訳でないんです。

自分が消防長や幹部からどう思われようが、市民のためにならない訓練を続けるのが悪いから早く動きましょう!という内容なので受理しないのではなく、飲み込んでほしかった。

 

いち消防職員の意見としてふるいにかければよかったのに、それをしないということは現状この救助訓練に対して目を背けたいって思っているって言っているのと同じです。

 

そろそろ動きがあるかなと思っていましたが、まだまだ道は流そうです。

まぁよく考えてみれば県内でもトップレベルで年間通して救助技術指導会を手当てもなくやっている消防なので簡単には動かないかぁという感じ。

 

周りからはブラック消防本部と言われ、

趣味のない消防士の集団と言われ、

趣味が救助技術と言われ、

時代があそこの市だけ止まっていて市民が可哀想と言われ‥

 

なんとも感じない消防ですから、ここをぶっさすメスはどでかいものか、地道に切っていくしかないですね。

自分は退職しますが、市民に戻るので市民だからこそ言えることがあります。

気力を保ちつつ、自分の市だけでなく県の防災力がもっと高まることを祈っています。

 

消防職員意見発表というものに関して

 

意見発表の内容は書いていいものと書いてはいけないものがあるのはわかりました。

ですが、本当の目的って果たせているんでしょうか?

 

4年間消防をやってきて、県で何位でしたー、全国大会はここの消防が最優秀賞でしたー

ってアホやんまじで。

 

その意見発表の内容はどうなるの?実現されるの?

ここが大事ですよね。

 

まぁみんな知らんけどって感じですよね。

実際この順位決めも最初の段階である程度決まっていて、あとは発表で時間を超えてしまうか早く終わってしまっての減点があって順位が決まるだけなのであんま意味ないかなって。

こんなこと言うと、意味ないことをやるのも大事なんだよ、全国の消防の交流になるんだよって言う謎の勢力がいますが‥

 

はぁ‥といった感じですね。

 

意見発表も救助訓練も似てますよね。

意味ないことに税金使って、出場する職員も職専免で行くから給料は出ているわけで‥

もちろん消防を変えたい!って思って意見発表に出ている人もいますよね。

 

それよりももっと簡単に消防をより、

国民の生命、身体及び財産を火災から保護して、かつ災害等による傷病者の搬送を適切に行う

方法がありますよ。

 

それは私が、先輩が提出した意見発表の内容です。

お分かりの通り、さっさと救助技術指導会を辞めて現場の訓練をすることです。

意見発表の5分なんて長すぎる、一行で十分。

 

さっさと救助技術指導会を辞めて現場の訓練をする

 

これでOKです。

 

意見発表で救急のこと、予防のこと、YouTubeで見れば素晴らしいこと言っています。

よく考えているなぁと感心するばかりです。

でもね、消防組織法第一条を尊重するのであれば、この一行で意見発表は終わりです。

 

消防士の消防職員意見発表は忖度の世界ですのまとめ

 

まとめると、消防職員意見発表は、書いていい内容と書いてはいけない内容があって、消防士の本音は出てこないというのが事実です。

 

(こう書くと、消防士全員がーっていうバカがいるので)先に断っておきます、全消防職員が嘘偽りの内容ではないですが、本音が出ないというのも事実です。

 

今回、先輩の意見発表が受理されなかったのは非常にショックでしたし、まだまだ時間がかかるのか‥といったのが率直な感想です。

 

オススメ記事

救助技術指導会が無駄だと思っている消防士です 救助技術指導会がなくせばメリットのほうが多いです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です