消防士を辞める直前の心境を正直に書く

この記事では「消防士を辞める直前の心境」を正直に書いています。

今日が2020年3月16日

コロナウイルスで日銀が金融緩和して12兆円ぶっこんで経済対策するわって言ったけど、その対策は焼け石に水やんってみんな思って本日も見事に下落で終わった日です。

こんな記事書いているときに、ニューヨーク株が2000ドルも下がって取引が自動停止になっている状況です(いやまじでリーマンショックまでいく?)。

 

忘備録的な感じで書いています、ここから始めます。

 

消防士を辞める直前の心境はどんな感じ?

さきほどツイートした内容

これが直前の心境です、はい。

と言っても伝わりませんね笑

今の心境は以下の通りです。

正直、消防に未練があるのか?ていうか先が見えなさすぎて不安、この間までの自信はどこ行った? 

んまぁ弱音でしかないのかもしれませんが、Twitterとか色々見てて疲れたというか不安になったというか‥

そんな感じです。

 

だいたい理由は見えているんですが、一時的なものだと信じて今、無理やりタイピングしています。

 

コロナにビビりすぎている消防士

いやまじで本当にコロナひどいよ、別に感染とかじゃなくて経済的な話な。

こんな時期に転職って正直不安でしかない。

まぁやるしかないんだけど、それでも不安、正直ね。

 

消防やってりゃこんなことにビビる必要もないわけで。

頭をゼロにして救助訓練やってりゃ済む話なんですが‥

 

でも自分が決断したことだから、やるしかねぇんすよ、どうせコロナが落ち着いたら経済は回復する余地はあるし、そこに向けて虎視淡々と準備するしかないんです。

分かってる、だからおそらくここではない、疲れている原因は。

 

でもビビっていることは確かです。

通用すんのかな?稼げるんかな?とか不安要素はいっぱい、でも伸び代もあるってこと。

なのでやり切るしかないです、頑張ります。

ここは特段Twitterが疲れた原因ではないかなと。

 

消防に未練がある?

 

ないと言えば嘘になります。

だって面白かったもん。

消防士は楽しいぞ!辞めるけどな!

この記事でも書きましたが、できることなら、医療に携わりたいという気持ちはある。

正直、フライトナースになるか?とも思ったぐらいです(決して看護師を舐めているわけではございません)。

 

この4年間頑張ってきましたし、小さな消防での話ですが「隊員はお前がいい」と救命士から選ばれる自信もあります(ここ最近の私の活動を知っている人は)。

このまま消防を続けたら救命士を取らせて欲しいと立候補していたと思います。

それぐらい面白かったです。そりゃ未練はあります。

 

でも決めたことですもんね。

 

 

辞める直前に消防で身についた他人と比べる悪い癖が出る

以前、こんなツイートしました。

めっちゃ噛み砕いて要約すると、「日進月歩で他人と比べず昨日の自分を超えろ」ってことです。

他人と比べることって正直まじでどうでもいいですよね。それは分かっていて過ごしてきました。

 

消防時代も先輩から他の消防士と比較されては怒られてきたので、他人と比較してできていることが大事だなんて認識も一時期ありました。

なぜかこのくせというか、感覚が戻ってきてしまって、現在かなり凹んでいるというか、モチベ一気に切れました。

 

一種の挫折なんでしょうか。

 

ちょうど2月頃からTwitterで消防のことより、デザインやウェブ制作のことについてツイートしていました。

いままでフォローしてくださった方には申し訳なかったですが、自分の知識定着と承認欲求を満たすためにも、いいスタートを4月から切るためにもツイート内容を変えていました。

 

そんなこんなしているときに、レペゼン地球がドームツアーを行うということで最後の動画を見たときです。完全にこのときから自分の劣等感はスタートしました(と人のせいにする)。

彼らは2年ぐらいかけてドームを埋めたいという夢を掴みました、まだツアーやってないけど満員間違いなしでしょう。

ここに来るまでにいろんなことを乗り越え‥的な動画でした。

 

そこで一番自分の中で劣等感というか、自分にないものを感じたのは

 

「自分がどうなりたいか?」

 

っていう部分です。

 

彼らはドームで音楽をやりたいからYouTubeを集客として使って努力してきたと。それはいいとして、その「ドームでライブしたい」っていう目標が自分にはないものだなと思いました。

 

その日から、「おれは何になりたいんだ?」という自問自答が始まり‥いまだに考えています。

 

本当はどうなりたいの?と。

 

建前を作ってしまえば、webデザイナー としてweb制作者として1人で食っていけるようになりたいって思っていますが、これは本当なのか?と

そんあこんなで、ウェブ制作やデザイン関連のツイートをしてもなかなか反応もないし、ましてやTwitter初めて1ヶ月ぐらいの人が軽くフォロワー1000人行ったりとか‥

 

別に数字なんてどうでもいいのになぜか自分と他人を比べて‥他人と比べずに昨日の自分と比べればいいのに。

今でも思いますが、なんか断ちきれなかったのでちょっとTwitterを休むことにしました。

 

正直フォロワー数とかまじでどうでよくて(そう思っているはず)、そんなんただの承認欲求であって(理解しているはずなんだけど)‥

でもやっぱりWeb制作やデザインで結果出している人って数もすごいじゃん?

 

でもその数を追うというのは本質ではないというのは分かっているのに、何に疲れているんだ?と今タイピングしながらバカバカしくなってきました。

タイピングしながら、なんかいろんな感情が埋めいて、着地点がまったく分からなくなってきています。笑

 

おそらく、辞める直前のくせにビジョンが霞んできた自分に嫌気が指しているんだと思います。

でもそれは軌道修正するしかなくて、それには目の前のことを全力でやる以外ないとなんか記事書きながら理解できたので、後半はTwitterについて少し書きます。

 

辞める直前の消防士がSNS疲れ?

辞める直前の消防士がSNS疲れ?

読み返してて、ポエムみたいな、話ブレッブレの着地点わからない謎の記事になっているので話を変えてTwitterの話に。

最初のツイートの通り、他人と比較しすぎてTwitter疲れました。

どうせここから月末まで引越しやら挨拶周りやら無料案件の納品やらで忙しいので休むにはちょうどよかったかもしれません。

 

で、後半はどんな中身かと言うと「なぜ、わたでゅはフォローをあまりしていないのか?」という部分です。

結局自分のことかいって思うかもしれませんが、自分は少し気になることがあって。

 

なぜわたでゅはフォロー数が少ない?

さっき言ったフォロワー増やしたければフォロバ貰えばええやんって思うじゃないですか。

フォロー数多いのは嫌なんです自分。

なぜかというと理由は2つ。

・フォロバとか意味あんの?

・管理仕切れない

この2つをちょっと掘り下げます。

 

SNS疲れ:フォロバとか意味あんの?

いや別にこの人と仲良くなりたいとか思ってするのはいいんですけど、なんかフォロバ企画とかアカウント説明蘭に「フォロバします!」とかあるじゃないですか。

いやそれって何の意味あるん?ってめっちゃ思うんですよ。

自分が興味持っている人、もしくはこの人いいこと言ってんなって思ってフォローとかするじゃないですか。

 

つまりフォロワー稼ぎにするフォロバってお互い意味なくね?って思うんですよ。

たかが1増えたところでどうなんの?

 

結局ミュートとかして、されてってなればインプレッションもつかないし、ただ数字でマウント取る用の1ですよね。(いやまぁ確かに発言に重みを乗せると言う面でも働くは働くけどフォロー数多かったら、あ‥ってなるよね)

 

リプで絡んでフォロバとかなら意味わかりますが、無意味のフォロバは分からんのです。だから自分は必ずフォロバします的なことは言わないです。

 

 

SNS疲れ:管理しきれない

正直これが一番大きいかなと。

わたでゅ(@surfcodo)のフォローが85名です。

正直この人数でも全員分ちゃんと見れていないです。

 

僕はちゃんと見たいんです、ためになったな、面白いな、ありがとうって思うようなツイートにはいいねしたいんです。

現時点でも見切れなくて上までスクロールしちゃうのに、フォロワー数が200以上ってもはや確実に自分は見れません。

 

そこまでTwitterに費やしている時間がなくて、もうちょっとデザインやWeb制作のスピードが上がれば増えるのでしょうけども‥

 

という理由で現時点でこの人数です、もうちょっと余裕できたらみなさんフォローさせてください🙇‍♂️

 

消防士を辞める心境はどんな感じ?のまとめ

前半だらだらと自分の不安の話しただけで本当にすみません。

ここまで読んでいる方は本当に僕のことが大好きな人ぐらいです笑

 

まとめると、

消防に未練があって将来不安、でもやり切るしかねぇ!

という心境です。

 

そんなこんなでTwitterも疲れてきたのでいっときおやすみします。

Youtubeもスタートさせようと思っていましたが、思いの外進まなくてまだ未定かもです。

 

しっかり元気になってこの記事をリライトできるように頑張ります!

これからもよろしくお願いします。

 

おすすめ記事

消防の人材育成で1番大事なことは仕事を好きになってもらうこと 先輩が一緒に仕事がしたいと思う後輩はこんな人です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です