消防士の試験の合格のコツはあるか?

この記事では、消防士の試験の合格のコツを紹介しています。

自分は田舎消防に最終面接までいって、追加合格で合格しました。ここの内容も含め、消防士の試験の合格のコツについて紹介していきます。

 

消防士の試験の合格のコツってあるの?

 

都会の消防・公務員のことは知らんので、東京消防庁に所属していたあきらさん(@akira-san)のTwitterやブログを参考にしてください。

あきらさんのブログはこちら「akiralog

 

ここからは田舎消防について話していきますね。

結論からいうと

とにもかくにも地元を受けて一次試験合格すればなんとかなる

というのが自分が思っているコツです。

 

そんなことかよって思うかもしれませんが、まぁ4年間消防にいて感じたこと、採用についてのことを書いていくので読み続けてください。

 

なぜ地元で、なぜ一次さえ受かってしまえばなのか?というと以下の点が挙げられます。

地元で一次さえ通ればの理由
  • 地元ってだけで有利
  • 一次の後は面接さえ潜り抜ければ勝ち
  • 採用側がプロではない

この3つです。

自分が落ちた理由とか裏側についてもちょっとご紹介しますね。

 

消防の試験は地元ってだけで有利

これは言わずもがなかもしれませんが、特に田舎はこの傾向が強いと思います。

実際に自分も消防士枠1人に対して、自分ともう1人残りました。

どこで勝敗が付いたかというと、「地元出身かどうか」です。

 

もちろん市町村によって違いはありますが、基本的に最終決定権は市長にあります。

このときの裏話では、消防長は私を推していたみたいですが、市長が地元出身の方という決定になったので自分はそこでは不合格でした。

 

結局、職員に退職者がいて欠員が出たので追加合格となりましたが‥

おそらく都会ではこんなことないと思います、能力基準で見るはずなので。

 

一次試験の点数とか体力テスト、面接と負けた気はしませんが(笑)、最終決定は市長にあるので、やはり地元は強いかなと思います。

 

 

消防の試験は一次面接さえ通れば

この内容に関してですが、田舎消防で一次試験合格しないのは、本当に勉強不足だと思います。

東消とか大卒枠になってくると別ですが、高卒枠の問題で落ちるのは勉強不足なだけです。

運要素もあるかもしれませんが、田舎消防は一次試験さえ通ればなんとかなります。

 

なぜかというと、体力テストはおまけだし、面接次第だからです。

 

消防の面接試験が他がどんな風になっているかは分かりませんが、市長とか消防長であればラッキーなのかなと思います。

だからこそ一次試験さえ通れば、あとは準備次第でなんとでもなるので、筋トレや走り込みよりもとにかく勉強しましょう。

 

ちなみに体力テストとか並あれば十分です。

別に体力期待していないですし、市町村によっても体力テストの内容は違うので一概に腕立てができるから合格するなんてことはないです。

 

筋肉バカより一次試験通るぐらいの学力があって体力は並で、面接でもしっかりコミュニケーションがとれる人の方が消防は欲しいんです。

 

噂で腕立て1000回して合格とかありますが、まぁあくまで噂なので‥

 

 

消防の試験は採用側がプロではない

これは各市町村で違うとは思いますが、面接官が市長や消防長だったりします。

仕事で採用のことを常にしている訳ではないので民間の人事に比べると劣ります

だからこそいい部分もありますが、最終的に地元採用なんていうデメリットもある訳です。

 

プロではないからこそハッタリもかませますし、思っていないことでも言えます。

正直面接ってどれだけ上手く盛るかどうかですからね‥民間はむりですよ、相手がプロなので、等身大で行った方がいいです。

 

実際、なぜ消防に入りたいか?なんて、モテるとか安定しているからとかの理由が多いと思います。

でも、「市民のために」と言わなければいけないんです。

この意識は消防士になってからで大丈夫ですよ。面接のときは自分の言葉で伝えましょうね。

 

こういうとレベルが低いのか?と思わせていますが、公務員試験って面接次第な部分があると思います。

市長にどれだけ気に入られるかですね‥

 

コツというよりは、面接で決まるから一次試験は通ろうねって感じですね‥勉強頑張りましょう!

 

後半はこれからの公務員について書いていきます。

 

消防士や公務員試験は倍率が上がるかも

消防士や公務員試験は倍率が上がるかも
現在、2020年2月12日で、世の中はコロナウイルスのパンデミックで不況な空気が漂っています。

日経平均も18000円台まで下がって約20日間で4000円も下落しています。

 

こんな時期に転職になるとは正直ビビっていますが、これで東京オリンピックが仮になくなったとしたら、不況の波はデカデカとくるでしょう。

となると、みんなどういう思考になるか?というと

「景気に影響されない公務員がいい」

となる訳です。

少しは関係あるんですが、確かに不景気でも安定してボーナスはありますし給料も約束されています。

 

となると、倍率上がりますよね。

自分の消防もなんですが、倍率が恐ろしいぐらいに下がっていて、自分のときも10倍だったのでそれでも低かったのに一桁でしたから。

おそらく次回からはまた二桁になるのでは?と思っています。

 

さきほどの話に戻りますが、倍率が高いということは通りにくいですよね、尚のこと勉強が必要になります。

再度いいますが、筋トレよりも勉強です。

 

消防士の試験のコツのまとめ

 

結論、田舎消防は面接まで行けばなんとかなるから、筆記をとにかく頑張ろうということです。

勉強についてのアドバイスは、とにかく覚えろってことですね。

別に数学でも物理でもないし覚えたら勝ち要素が多いので覚えましょう。

大卒レベルはめっちゃ勉強しましょう、覚えるだけでは足りないと思います、頑張ってください。

 

オススメ記事

消防士は楽しいぞ!辞めるけどな! 先輩が一緒に仕事がしたいと思う後輩はこんな人です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です