消防士は楽しいぞ!辞めるけどな!

この記事では「消防士の仕事は面白い、楽しいぞ!」という内容を紹介しています。

この記事を書くのが消防からwebデザイナーに転職する直前で、消防は辞めますが消防の仕事は楽しかったよって内容になっています。

 

ぜひ、これから消防を目指している方、消防2年目とかそんぐらいで燻っている人にも届くといいです。

 

消防士は楽しい、面白い、これは間違いない

 

消防人生はたったの4年間でしたが、正直言って辞めたくないぐらい仕事は楽しかったし面白かったです。

なんでやめんの?って話は下記の記事を参考にしてください。

消防士を辞めようと思った理由

自分の辞める理由は置いておいて、何よりも仕事は楽しかった。

なぜかというと

仕事が楽しかった理由
  • 現場で自分の成長と実力不足が感じれる
  • 医療従事者、消防士というプライド

この2つかなと。

 

消防士が楽しいのは現場で成長と実力不足が感じれるから

おそらくここが消防士が面白かった理由のほとんどを占めます。

以前3年目に一緒に組んだ救命士のおかげで飛躍したという記事を書きました。

消防の人材育成で1番大事なことは仕事を好きになってもらうこと

正直3年目まで頑張ってはいたものの、なかなか実力が伸ばせずどうしたらいいのかわからない日々でした。

しかしこのときの救命士に自分の救急スキルをガツンとあげて貰えました。

 

ここから仕事が楽しくて仕方がなかったんですよ。

この救命士さんと勉強すること、訓練すること全てが現場に繋がっていて、休みの日ももっと知りたいと思って毎日救命士テキストをめくっていました。

 

そう成長を感じることができたから楽しかったんです。

それと同時に、現場で動きが悪かったり、救命士が何を考えているかわからなかったときに自分の実力不足を感じていました。

しかしこれも楽しいことの原点でした。なぜって?伸び代でしかなかったからです。

マイナスなことですら、改善したらさらに成長できる!となっていくんです。

 

こうやっているうちに周りのたくさんの先輩から頑張ってんなと言ってもらえるようになりました。

特に若いときって、そんなに知識もスキルもないからスポンジのように吸収できるんです。

 

スポンジになるにはわからないことは分からないと言うプライドを捨てる勇気も大事です。

これは別の記事でまとめます。

 

とにかく若い時って自分の成長が顕著に見えるから仕事がめっちゃ面白いんですよ。

面白くないって人は前傾姿勢で仕事に望んでいないだけです。成長を感じないから面白くないんです。

辞める直前ですが、正直今、成長段階で辞めるのはもったいないなとは思いつつ、組織の問題ですのでどうにもできないなというジレンマがあります。

 

自分の場合は救急でしたが、予防も救助も警防も同じだと思います。

点と点が繋がって線になるときがきます。

それまでは、もがき苦しみですが絶対に通る道なので線に繋がるまで粘りましょう。

 

公務員だからいくらでも腐れます。途中で気づかずに流されて腐れていく人もいました。

でも線になってしまえば、他のことも上手くいくようになります。

頑張るコツを覚えているからですね。

 

消防士って面白いですよ。

特殊職だから、これまでの経験なんてほとんど活きないですしね。

入ってからが問題だからスタートラインは同じです。

だからこそ努力を継続すれば間違いなくいい隊員になれる、成長していく隊員になると思います!

 

 

消防士、医療従事者というプライド

なぜここまでして成長することに気づけたかというと

消防士として、医療従事者としてのプライドがあったからです。

 

消防士として、国民の生命身体及び‥そう消防組織法第一条ですね。

ここを自分は重じていたから頑張れました。

法律で決まっていること、1つ目すら守れないやつが消防士なんて名乗れるか!って思っています。

意外と真面目なんです。笑

 

そして、救急隊である以上、医療従事者な訳ですから、消防士もですが、人の命がかかっている仕事です。

市民は、とりあえず現場に出てくる消防士より、日々勉強して成長しようとしている消防士の方が間違いなくきて欲しいと思っています。

自分がそう思うからです。

 

自分の親や祖父母のところにきて欲しくないって思う隊員もいます。

これは胸のうちにひめておきますが、そう思われてはいけないと思っていたので頑張っていました。

 

また、このプライドを持つことで勉強することへと突き動かしますが、それが楽しかったです。

自己満かもしれませんが、しっかり頑張って現場に還元している自分はしっかり消防士をやっているという認識ですね。

 

自己満でも、これが結果的に市民のためになればいいと自分は思っています。

 

 

医療従事者たちの勉強料はすごい

たまに医療24時とか、ドクターヘリ密着とか番組やっているじゃないですか。

あれ見ると、医者ってくっっっそハードワークですよね。看護師も。

 

学会やら現場やらDMATやら、それに加えて日々進化する医療の勉強もしているって、そりゃ先生、先生って言われますわ、すごすぎる。

あれで年収1000万円って少ない気がしますが‥まぁそこは置いておいて。

 

医療従事者の医者や看護師、放射線とかいっぱいありますよね、あの人たちの勉強って永遠なんですよ。

もちろん消防も永遠です、理解しきる人なんていないでしょう。

 

病院で待ち構えている医療従事者の人たちがあれだけ勉強しているのに、病院にいる人たちよりも先に接触する消防が勉強しない理由がないですよね。

ここも面白いところ。

 

これは特に若手の消防士さんに聞いてほしいのだけども、せめてものの自分たちができる手技ぐらいは理解していて欲しいものです。

 

せめてもののここぐらいは理解しておきたい部分です。車の壊し方とか特定行為とかの前に。

ここを理解して次のステップにいくと面白くなってくるんですが、なかなか基礎を理解せず覚えずに飛び越えちゃうから、勉強していることが何のこっちゃ分からんくなるわけです。

 

医者や看護師とか病院にいる人たちがあれだけ勉強しているんだから救急隊員も間違いなく勉強する必要がありますよ。

興味がないとか関係ないです。

 

消防という公務員の環境もある意味楽しい

消防という公務員の環境もある意味楽しい

消防は公務員で一見、どれだけ頑張っても給料は上がらずという側面もありますが、クビにならないという部分では最高です。

サボる人にとっても最高ですし、頑張る人にも最高です。

 

なぜならチャレンジしてクビはないからです、失敗してクビはないから。

現場ではチャレンジはしませんが、訓練とかそういった場面でチャレンジができます。

 

民間だと基本的に訓練ってことはないと思うのでここは消防のいい部分かな。

つまるところ、自分が勉強したことが試せるし、積極的に失敗ができます。

 

こういう環境ってなかなかないのかなって思います。

 

消防士面白いですか?

はい、いろいろな面で面白いです。

 

 

消防士は面白いし楽しいが最後に一つ

実際に仕事をしてみて、人から言われる感謝の言葉、心拍再開させて家族が駆けつけた時にまだ心拍があって泣きながら感謝の言葉をもらった時‥

いろいろと報われる場面はあります。

 

ですが甘い世界でもないことは言えます。

公務員でクビがないからだらけている人もいますが、それは仮面消防士でしょう。

本気で消防士になるなら、そんなに甘い世界ではないと思います。

自分もまだまだだなと感じまくっていたので。

 

そして、組織が腐っていることもあります。年功序列だから仕方ないです。

それに耐えるのか、変えるのか、はたまた職を変えるのか、それは取捨選択ですから直面してから考えましょう。

 

なんかいいことばっかり言ってもリアルさが足りないなと思ったので最後に足しておきました。

 

仕事は楽しかった、まわりの先輩も良くしてくれた、でも組織に自分は負けた。

辞める決断は簡単ではなかったですよ、でもいい消防人生でした!

 

おすすめ記事

消防の人材育成で1番大事なことは仕事を好きになってもらうこと 先輩が一緒に仕事がしたいと思う後輩はこんな人です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です