仕事が楽しい消防士と毎日起きるのすらキツイ消防士の違い

この記事では、仕事が楽しい消防士と毎日仕事に行きたくない起きるのすらしんどい消防士の大きな1つの違いについて紹介しています。

消防4年目になって経験値も少し付いてきた今ですが、仕事が嫌だな…行きたくないな…と感じることはなくなってきました。

自分の体験談をもとに紹介していきます。

 

仕事に行きたい消防士行きたくない消防士の大きな違い

 

結論から言うと、

仕事に行きたくない?
基礎をしっかり自信を持って完璧と言えるかどうか

ここの違いかなと思います。

前提としてパワハラとかいじめがない状態です。

実際、自分も1年目は本当に仕事に行きたくなかったです。帯状疱疹までできましたし(笑)

原因は先ほどいった結論にあります。

行きたいとは思わずとも、行くことに苦にならない人は基礎がしっかりしています。

逆に仕事に行きたくない、胃がキリキリするという人は基礎ができていません。

若い消防士は先輩たちにめちゃくちゃ試されます。

もちろん分からないところを理解しておきたい、そこを教えてあげたいという自分の去年一緒に救急隊を組んでいた救命士のような素晴らしい先輩もいます。

消防の人材育成で1番大事なことは仕事を好きになってもらうこと

しかしだいたいの先輩は、後輩を試して「こんなのもできないのか?」という指導の人が多いです。

それに対して新人や若手はプレッシャーを感じて行きたくない…と感じます。

 

ここなんです、結局聞いてくることは基礎的な部分なので基礎ができていれば試されることもないんですよね。

だからこそ消防の若手は基礎の訓練をたくさんするべきです。

その基礎とは?

できておけば試されない基礎とは
  • 地水利
  • 各隊の資機材について
  • 救急の知識

だいたい試されるのはここですよね。

1つずつ解説していきます。

 

 

若手消防士は地水利を完璧にしろ

もちろん都会とか田舎で差はありますが、自分の足で1番稼げるのは地水利です。最悪、水利は覚えなくても、まずは道と病院ぐらい覚えましょう。


水利なんて道覚えれば速攻で覚えられます。体験談です。

自分は道も水利も同時に覚えようとしていたので、なかなか覚えられませんでした。

しかし、まず道と病院を覚えれば、自然と対象物も覚えてきますし、いつの間に水利もだいたいこの辺になったよなってなります。

スティーブジョブズが言っていた「点と点が繋がる」ってやつです。

まず道を完璧に覚える→病院も覚える→対象物もだいたい覚えてくる→水利もだいたい覚えてくる

といった流れになります。

 

まず道、というか対象物まではセットになるので道覚えるために対象物が覚えるみたいな感じです。

オススメの覚え方は車で行くのではなく、走って回ったほうが覚えます。

水利に関しては救急で出場した家がもし火災だったらどこに部署するか?というのを想定するといいです。

これはオリジナルなので、覚え方はそれぞれでいいですが、なかなか覚えられない人は試してみてください。

 

 

若手消防士は資機材を完璧にしろ

自分が今、一緒に仕事をしている後輩ちゃんがよく試されて顔面蒼白になっちゃうのですが…


資機材についての基本知識は間違いなく覚えておくべきです。これは救急隊とか消火隊とか関係なくです。

当たり前だろって思うかもしれませんが、その当たり前ができていない消防士が多いです。

体温計1つにしても、何度から何度まで計測できて、それ以下、それ以上だとどんな表示になるのか?なども説明書を見ると載っています。

そういった部分まで調べると面白くなってきますよ。

何が面白くなってくるかって?

先輩が試してくることに答えることができて逆に先輩を食らわすことができるからです。(笑)

答えて行けばそのうち先輩も試さなくなってきますよ。

 

資機材については完璧にしましょう。

場所が分からないとかはもっての外です。

 

 

若手消防士は救急の基礎知識を覚えよう

消防士は救急の知識は絶対必要だと思っています。


火を消そうが、救助をしようが、救急からは切っても切れない関係になるんです。

救助隊が要救助者に接触することもありますよね?
消火隊が要救助者に接触することもありますよね?

え、脈の取り方分からない、これって速いの?弱いの?この呼吸って速いの?え?ってなりますよ。

自分の消防で年配の方は簡単に「おれは救急のことは知らない」なんて言いますが、正直やばいです。

消防士だからというだけで、プライベートで人が倒れていたら呼ばれますよね?

というか、その現場みたらスルーなんてできないですよね?

仕事面でもですし、消防士として生きていく上で救急の知識って必要だと思います。

 

一般隊員としてぐらいの救急知識は持っておくべきです。

だからこそ、若手は救急の知識を早急に吸収しましょう。

救急隊はもちろんですが、消火隊や救助隊の人も覚えることをオススメします。

専属で消火隊、救助隊、予防となれば優先順位は変わるかもしれませんが、少しずつでいいので勉強すると消防力が向上すると思います。

救急の知識を持った救助隊、消火隊はめちゃくちゃエキスパートだと思います。

救助隊、消火隊の人は外傷やショックなどから入ると勉強しやすいかな。

救急救命士テキストを誰かからか借りて、興味がありそうなところからするといいですよ。

 

 

仕事に行きたい消防士はある能力を身に着けている

仕事に行きたい消防士はある能力を身に着けている

消防の仕事に行きたい人と行きたくない人の差には実はもう1つミソがあります。

それはある能力を身に着けているかどうかです。

仕事に行きたい消防士
仕事に行きたい消防士はスルー力を身に着けている

以前からTwitterや記事で紹介はしていますが、再度、紹介させて頂きます。

仕事に行って怒られるのが嫌だという人はこのスルー力を身に着けて行きましょう。

 

この能力を身に着けることで、いちいち凹まないし、自分のウィークポイントを見極めて改善につなげるので成長スピードも爆発的に早くなります。

試されているうちにこの能力を身に着けておけばどんどん成長できます。

下の記事で詳しく書いていくので参考にしてください。
消防士はパワハラされてもスルー力で乗り切ろう

 

仕事に行きたい消防士行きたくない消防士の大きな違いのまとめ

 

違いをまとめると
  • 基礎をしっかり覚えているか
  • スルー力を身に着けているのか

この2つになります。

せっかく消防士になったので先輩の試しなんかに負けずにガンガン成長していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です