消防士になるまでの準備期間は何をしたらいいのか

 

この記事では、消防に受かって4月までに何をしていたらいいのか?という内容になっています。

私が消防に合格を頂いたのが大学4年生の11月でした。

自分の就活状況と合わせて紹介していきます。

 

消防士になるまではどんな過ごし方をしたらいい?

 

都会の方では前期後期と試験が分かれていたりしますが、だいたい11月とか12月には合格通知は来ているのではないでしょうか?

4月まで残り3、4ヶ月どう過ごしたらいいのか?というのは以下の通りです。

・学生生活を満喫する
・5万円貯金する
・ケガをしない身体を作っておく

消防4年目の自分はこの3つが大事かなと思います。

 

消防士になるまでは学生生活を満喫する

 

現在、学生の方はあまり分からないとは思いますが、この先の人生ずっと消防士でやっていくとなると、今の学生という身分は二度と味わうことはありません。

 

こう言われてもあまり実感しないのは分かります。実際に自分も大学を卒業して社会人になるまではこんな感覚ありませんでした。

 

ですが、本当にラストです。とくに責任もなく自由な時間をいうのは最後です。

十分、学生生活を満喫してください。

満喫する=遊ぶ

と思いがちですが違います。

しっかり卒業することも満喫するうちの1つです。

 

お恥ずかしい話ですが4年生の後期は授業が5つ?ぐらいでした。

そのうちの1つのテストが最後にできなくて教授に土下座しに行ったことがあります(笑)

他の点数で普通に単位は取れていましたが先手を打つために頭を下げにいきました。懐かしいですね。

 

もちろん遊びも大事です。社会人になるとなかなかまとまった休みも取れませんし、意外とお金もありません。特に田舎の消防なんて給料が安いですからね。

オススメとしては旅行に行くこと。高校生は難しいかもしれませんが、大学生なら3月は春休みなので卒業旅行に向けてお金を貯めるのがオススメです。

 

 

消防士になるまでに5万円貯金する

 

以前、記事にも書きました。

自治体によってなので一概に言えませんが、ゴーグルやライトを支給されず自腹を切らないといけないこともあります。

だいたい5万円ほどあれば最低限は揃うのでアルバイトをするなり、家の手伝いをしてお小遣いをもらいなりして貯めていくのをオススメします。

 

記事内にもありますが、最初お金がなさすぎてそろえるのがきつかったですね。

 

一か月1万円貯金していけば約5万円は貯まるので、別でお金を作っておきましょう。

 

消防士は支給品が貰えず自腹をきらないといけない

 

消防士になるまでにケガをしにくい身体を作っておく

 

消防=筋肉バカ

ってイメージがあるので消防入る前にめちゃくちゃ筋トレする人もいます。

もちろんある程度の筋肉は必要ですが、採用試験で体力テストが重要視されていないことで分かるように、新人に筋肉については期待していません。

どうせ入ってからしこたまやらされるので自然と体つきは変わってきます。

 

下記の記事でも書きました、筋肉よりも欲しいのは気遣いができる人です。筋トレもある程度大事ですが、それよりも小さいことに気づいてすぐ動けるようにすることが大事です。

消防士は現場で気が利く隊員になれ

 

でもあれば有利でしょ?ってのは間違いないですが、それよりもケガをしない体づくりの方が大事。

 

筋トレしつつストレッチなどをメインでしてください。

 

自分はここが後悔しているところです。

 

実際、消防士になってみると分かりますが、

肩が痛いからできません

なんて先輩に言えないんですよ。

 

ケガをしてもある程度はそれを隠してやり通さなければいけません。

我慢できる範囲なら我慢するといった感じです。

 

よくケガをする体だと、若いのに使えないなって思われがちなので、しっかり柔軟やインナーマッスルを鍛えてケガをしない体つくりをしてください。

 

消防に入って、軽い肉離れをしても騙し騙しで走っていますし、訓練中にケガをしても公務災害なんてできないです。

ケガをしない体つくりをして初任科程に進んでください。

 

消防士になるまでに情報収集はしないほうがいい!?

消防士になるまでに情報収集はしないほうがいい!?

消防の実態のブログを書いておきながらこんなことを言うのは野暮かもしれませんが…消防に入るまでは、あまり消防のことは知らなくていいのかなと思います。

 

なぜかというと、先入観があって消防に入るとクセが出てしまうからです。

 

郷に入っては郷に従えという言葉がある通り、各消防でカラーは全く違います。自分が発信している内容はだいたいは田舎の消防の話ですから、東消や大阪などの消防では違う部分が多いでしょう。

 

変に先入観があると頑固になってしまうので、消防のことあまり知りませんよってぐらいが丁度かもしれません。

 

消防の勉強するのは非常にいいことだと思います。

火災について救急について学ぶ分には多いにいいですが、どうせ初任科で習うのでやんなくてもいいかなって。

 

先ほど上げた3つをしておけば問題はないかなと。

消防士になるまでに
・学生生活を満喫する
・5万円貯金する
・ケガをしない身体を作っておく

もちろん先方からこれをして、というのがあれば全力で取り組みましょう。

 

ただ1つ、消防は誰のために働いているかというのだけ、この記事で知っておいてください。

 

消防は国民のために働いています。

 

消防士になるまではどんな過ごし方をしたらいい?のまとめ

 

自分の消防の経験も含めて、合格からどんな過ごし方をしたらいいかは以下の3つです。

消防士になるまでに
・学生生活を満喫する
・5万円貯金する
・ケガをしない身体を作っておく

せっかく合格をもらったので、犯罪や違反をすることなく4月を迎えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です