消防士が転職活動の面接で聞かれた珍しい質問を紹介します

この記事では、私が9月から転職活動を本格的にスタートさせて4ヶ月間で数社の面接を受けました。

先日受けたマーケティング、企画職での最終面接で聞かれた質問を1つ紹介します。

昔、Googleなどで面接時に突拍子もない質問が来るなど良く話題に上がっていました。

今では面接で技量は見れないとして使っていないそうです。

 

消防士が転職活動の面接で試された質問をされた結果

先日のツイート


自分が答えを言うのを忘れていて笑

なのでブログで紹介させていただいています。

ある企業の二次選考で、内容はプレゼンテーションだったのですが、終わってから社長さんと喫茶店に行って1時間ほどお話をしました。

その中で聞かれた質問がツイートの内容です。

その時は、企画としてマーケティングとしてというのは言われず、

「ここに一億円の現金がある、お前はどうする?」

と聞かれただけです。

 

現金一億円を消防士の自分はどう使おうと思ったか

 

自分の回答は

「アメリカ国債に全部投げて年間手取り約400万円の利益を出します」

wavy

というふうに答えました。

つまり、投資に回すということですね。

社長から聞かれたことは

社長

アメリカの経済が悪くなったら?
あくまでもらった一億なので損失はゼロです。

wavy

社長

おれ、この1億円あげるって言った?
あ‥もらったと仮定したらで‥す‥。

wavy

苦し紛れの言い訳しかできませんでした。笑

確かにあげるなんて一言も言っていないし、そもそもどこからのお金かも分かっていない。

社長

ちょっと公務員に浸りすぎたね?笑

とチクリと刺されました‥

 

しかし、まだ良い方だったみたいで半分貯金して半分は親に旅行させてあげるお金にしますと答えた人もいるそうです。

こういう質問の時って大体、力をみられているので自分含めて路線を外し過ぎるとNGです。

 

 

ビジネスマンとして自分も利益を得るためにはどうするか?

 

この答えの内容として、どういう方法でというのではなく、どういった考え方でが大事だったみたいです。

これまで一人だけ答えれた人がいたみたいで、その人の答えは

1年後にどうにかして二億円にします。なので10%自分にください。

という内容。

企画的な考え方をするとこういうことらしいです。

 

腑に落ちないような腑に落ちるような‥

 

自分の場合は、このお金が会社の資金だという認識がなかったところ、などビジネスにおいての観点が少なすぎたみたいです。

個人だったら別に何の問題もないと言われました。

公務員をしていたらこんな考え方しないもんなぁと実感する話でした。

 

 

消防士から未経験で転職する時の特異な質問はどうするべき?

消防士から未経験で転職する時の特異な質問はどうするべき?

こんな内容聞かれたらどうしよう?と悩む必要はありません。

 

実力を測るとともに、普段からどんな考え方をしているか?ということを見るための質問でもあるので構えたところでどうしようもないです。

対策としては普段から投資とかビジネス観点を持つしかないのかなと。

 

自分の場合、投資に例えましたが、やはりこれまで勉強している内容がそういう時には出てくるのかなと思います。

普段からというのは本当に大事ですね。

 

触れる情報、自分が取りに行く情報、ここがすごく大事。

ニュース見てて世の中のこと分かった風になるのは良いですが、果たしてそれはあなたの人生に取って必要な情報なのかどうかという部分です。

へー

だけで終わるのか

このニュースを見て自分だったら‥

という観点で見るのかは大きな違いです。

能動的か受動的か、大きな違いですよ。

 

実際に能動的に情報を掴みにいくコツは何か?

 

とはいえど、能動的ってことは自分からいくってことか‥どうやって?

って感じですよね。

 

実際に自分がアンテナを高くするために行っていることを紹介します。

方法はめっちゃ簡単で無料です。

 

「なぜ?を3回繰り返す」

 

これだけです。

 

実はこの方法は消防にも生きて来るので少し深堀りしますね。

 

なぜを3回繰り返すとなぜいいのか?

・私が住んでいるような田舎にタピオカ専門店ができました

・救急要請が腰痛でした

この2つの具体例として解説します。

 

・私が住んでいるような田舎にタピオカ専門店ができました

2020年1月現在で田舎にタピオカ専門店ができました。

なぜ?(1回目)

→タピオカブームに乗りたいから

 

なぜ乗りたい?(2回目)

→儲けたいし田舎だから固定費も低いから

 

なぜ田舎?(3回目)

→専門店が無いかつ女子学生の寮が近くにあって収益が見込める、田舎の人は流行りのものに食いつきがち

 

なぜ?の先はそれぞれありますが、タピオカ専門店が田舎にできましたってだけでも深堀りできます。

これでマーケティングの勉強にはなりますよね。

他にも今記事書いているのが1/6で大発会の日なんですよね。−200~300円ぐらい日経平均が下がりましたが、ここからなぜ下がったのか?なども深堀りしていくと世の中の流れを見ることができます。

 

やはり普段から何を考えているか?というのは大事です。続いて消防の事例でいきましょう。

 

・救急要請が腰痛でした

なんだ腰痛か、って思った一般隊員はもっと勉強しましょう。救命士テキスト読まなすぎです。

救命士さんは腰痛ってきたら、もしかして‥と最悪の状況も頭に入れつつ現場に向かうはずです。

何が言いたいってレッドフラッグサインのことを言いたいのですが、なぜ腰痛で救急要請をされたのか?(1回目)

→そりゃ痛いし動けないからですよね。

救命士はなぜ腰痛ごときでしっかりバイタイルをとるのか?(2回目)

→解離や腎不全などを否定したい

なぜ腰痛で解離や腎不全に繋がるのか

→ここは解剖とかの話になるからしっかりテキスト読んでください。

 

ってな感じで何が言いたいって消防士さんは1つ1つ事例を振り返りましょうね。

勉強することが1つの現場でたくさんありますよ。

1日10件以上救急がある隊は厳しいですが、田舎なら多くて6〜8件でしょう。

そのうちの1件でもいいから振り返ってつなげて下さい。

 

これからの時代、転職にしろアンテナは高く生きましょう

消防士だからとかまぁ公務員はクビが無いからいいですけど、転職したいと思っている人はアンテナ高くしていかないと思ったようなことは実現できません。

公務員はぬるま湯ですが、民間は弱肉強食です。

これから5Gなど便利になればなるほど貧富の差というのは広がっていきます。

 

その時に自分がどんな考え方ができて、それを言葉にできるか?というのは普段から考えているかどうかの違いです。

一日1%積み上げれば1年後5年後大きな違いになります。

 

まずは3回「なぜ?」を使ってみて下さい。

わからない時は1回でもいいです。

全く思いつかないなら、今この記事を私wavyが書いているのはなぜ?を考えてみるといいかもしれませんね。

逆に難しいかな?笑

 

消防士が転職活動の面接で試された質問をされた結果まとめ

 

特異な質問の対策

とにかく毎日なぜ?を考える

普段の自分が試されるのが突拍子も無い質問です。

自分の実力がモロにでますから、今すぐに鍛えていきましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です