消防士は現場で気が利く隊員になれ

この記事では、消防で雑用をこなしている若手は現場で気を使えるようになれという内容です。

 

雑用をして先輩からのポイント稼ごうとしている勘違い消防士がいるのでここについて言及させてください。

 

消防士は現場でこそ気がきくようになれ

消防士は現場でこそ気がきくようになれ

消防士は集団生活の中で仕事をしていきます。

その中で、雑用であったり先輩の世話をしたりというのは後輩の役目で、縦社会である以上仕方がないことだと思います。

しかし、その雑用やお世話も現場で役に立つことがあります。

雑用やお世話って小さいことに目を向けないときけないので、気が利くようになってきます。

これは自分も大事にしていて、非常に現場に役立つなとは思っています。
(まぁもちろん、年が若いっていうだけで雑用をしないといけないのは謎ですが…)

 

現場で気を利かすことができる隊員になるために雑用や先輩のお世話をすることは良いことだと思っています。

 

ですが、没頭にも書いた通り、この雑用で先輩のポイント上げようとしている消防士がいることも事実です。

 

単にそれがイライラするとかではなくてですね(笑)

 

いいと思います、先輩へのゴマすりも消防では大事かと。自分は苦手ですが。

 

気に入ってもらえた方が上手くやっていけますからね、どれだけ仕事できなくても。

 

雑用頑張って先輩に気に入ってもらってというのも大事…

ですが、自分が言いたいのは「現場でも気を利かせれるようになれ」ということです。

 

 

消防士の雑用の本質は現場のためにある

 

自分は救急隊なので救急のお話になりますが、気が利かない人と気が利く人だと活動が全く違います。

何が違うかって、隊長の負担が全く違ってきます。

 

気が利く人は先回りして活動ができますが、気が利ない人は目の前のことしか見えないし、言われるまで突っ立っているという隊員が多いですね。

 

何をしたらいいのか気づかない人が多いです。

若手のみならず年配の方も。

 

逆もありますね、余計なことをするタイプの人もいます。

傷病者がきつそうにしているのに、隊長がさっき聞いたことをまた聞いて…何度も聞くのは大事かもしれんけど、ほんとさっき聞いたばっかやんっていうのも…

 

先日の救急であったのも、隊長が接触時に患部を聞いた後に、ストレッチャーに乗せて搬送中にどこが痛いですか?って傷病者に話かけ出して段差に気づかず、おっとってなるシーンとか

 

いやそれさっき聞いてたし、今は搬送に集中しろよって…

ちょっと揺れただけで痛がっているのに…

 

やっぱりそういった隊員は気が利かないなぁと思います。

 

(まぁ先輩だからなんも言わないけど…)

 

何のために普段、雑用をしているのか。

 

気が利くというのは活動を隊長の代わりに全部することではありません。

 

隊長がこれをやって欲しいだろうなということを、自分がやるべきことをやってから活動することだと思います。

 

先ほどの救急の話なんて、下り坂の搬送だったので本当に危なかったです。

あれで転んでいたらアウトでしたね…

 

雑用の本質というのは、先輩のポイントを上げるためではなく、現場で気を利かせるようになるためにあると思います。

 

ここ汚れているな、ごみ落ちてるわ…

小さい変化を逃さなければ傷病者の小さな変化もキャッチできるのではないでしょうか?

 

 

若手消防士が雑用をしないといけないのは謎?

 

自分が社会不適合者なのかもしれませんが、現場へ繋がるということがなければ雑用とか皿洗いってなんで若手がしないといけないんでしょうね(笑)

消防とか先輩が何かもってたら5人とかで

あ~私が持ちます、持ちます、大丈夫です

とかやるじゃないですか(分からない方はすみません)。

あれって本当に無駄の塊ですよね。

他にすることあるやん、1人でいいじゃんって。

先輩が持っているから何?って感じですね。

それぐらい持っていけよってのが本音です。

自分はあまりそれに参加はしないで他のやることをやっています。

 

もちろん手が空いていれば変わればいいでしょうが、自分がやっていることを投げ出してまで行く必要はないかと…

 

この話には続きがありましてですね、これは先輩側にも問題があると思います。

 

 

気を利かせたくなる先輩かどうか

 

消防士で仕事ができる先輩は後輩を大事にしている

この記事でも書いていますが、この先輩のためならキツイことでも変わって楽にさせたいという気持ちが働くかどうかですよね。

 

いつもお山の大将で、飯食い散らかして、片付けもしない、汚しては若手が掃除しとけ

なーんて人は後輩から、この先輩のために何かやってあげようって思われる先輩かどうかって話です。

 

もちろん先輩たちは自分たちより仕事が多くて責任もあるからというのもあるでしょうが、自分はだから雑用は若手で年取れば何でもしていいとは思いません。

 

やっぱ、やってあげたくなる先輩にならないといけないなと思います。

 

私が社会不適合者なのは分かっているのでこの辺の話の説教はご遠慮ください(笑)

 

普段はちゃんと雑用等もやっていますのでご安心を。

 

 

若手消防士同士で足を引っ張りあっても仕方ない

 

雑用となると若手が何人かですることになりますが、仕事次第では人が余ることももちろんあります。

そのときに先輩はぜひ後輩に譲ってください。

後輩がかわいいそうです。

いやいいよ

って言って、雑用をやられても後から怒られるのはその後輩です。

 

なんでお前が変わらないの?って

 

自分は先輩のポイント稼ぎをしたいのかもしれませんが、後輩や同期を陥れてまですることではないです。

消防士で仕事ができる先輩は後輩を大事にしている

この記事でも書きましたが、後々一緒に仕事をするのは後輩のほうが多いです。

 

若いときから陥れるような行為をしておけば、あなたのために動こうと思ってくれる人は少ないですよ。

 

若手同士で足を引っ張りあっている場合じゃない。

 

これは自分のところの消防の雰囲気なので他の消防は分かりませんが…

わざわざ若手が失敗したこととか、やり玉にするのはよくないです。

 

それならもっといい部分を、頑張っている部分を話に出してあげてください。

いつも噂話ばかりしていても消防の実を上げることにはつながりませんよ。

 

 

消防士の全ては現場のために市民のために

 

雑用も含め、現場のためになることは全て市民のためになります。

消防士の雑用の本質

雑用の本質は現場活動で小さな変化に気づくこと、隊長がしてほしいことに気づくこと。

 

若手同士で足を引っ張るとかではなく、20代がはつらつと消防を引っ張っていくような雰囲気になるといいなと思っています。

少し愚痴っぽくなりましたが、雑用は現場につながります。

小さい変化を逃すことなく、活動していけるように自分も残りの期間、頑張ります。

消防士で仕事ができる先輩は後輩を大事にしている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です