コロナウイルスで転職市場が縮小?逆にチャンスだろ

この記事では「コロナウイルスによって転職市場が縮小することは逆にチャンスになる」という内容になっています。

転職を考えていた人はコロナショックで転職はやめておくか‥ん〜と悩んでいると思います。

今回このコロナの時期に公務員の消防からベンチャーに転職した私が考える、転職希望の人がすべきことを紹介していくことで、転職希望の人の今後のロードマップの助けになればと思います。

 

コロナウイルスで転職市場が縮小すればそれはチャンスです

結論からいうと

コロナで転職の機会が失われたならスキルアップのチャンス

ということです。

 

先日のツイート

転職するべきじゃないから、何も考えずに今の仕事をしよう

っていうのがだいたいの人の考えです。

 

転職考えていたけどやーめたってタイプはだいたいものごとを考えていないので、ぜひこの記事を読んで、これから考えるくせをつけていきましょう!

 

転職活動を考えている人はどういうことをすべきかというと以下の点になります。

・独学でアピールポイントを作る

・案件を取って実際にやっていく

・実際に転職活動をしてみる

以上の3つが今、転職を考えている人がすべきことです。

 

コロナ不況でも転職市場が小さくても独学すべき

コロナで不況→転職市場が小規模化→転職辞めた〜

という考え方はいいのですが、そこでストップしてしまうと間違いなく周りに差をつけられます。

 

転職を辞めるのはいいですが、どうせ後からまた市場が復活してきたときに転職したくなります。

そのときを見据えて行動していきましょう。

 

具体的に何をするかというと独学です。

自分が転職したい職種の独学は絶対に必要になってきます。

 

独学については「消防士から未経験の転職の独学はどうしたらいいか?」を参考にしてください。

消防士から未経験の転職の独学はどうしたらいいか?

 

転職辞めたと言って思考停止になったら何もすすみません、むしろ年齢だけ重ねてマイナス要素が増えていきます。

ぜひともこのコロナショックで市場が小さくなった転職活動の前準備のチャンスを活かしてください。

 

コロナ不況でも案件を取っていく

ここはエンジニアやWeb制作などクリエーター系の人向けになりますが、コロナ不況でもどんどん営業をかけて案件受注に乗り出していきましょう。

なぜかというと、

・営業力を鍛えられるから

・実案件でスキルアップするから

という2つの利点があります。

 

コロナショックでも営業かけて案件を取りに行く

特に私と同じ領域の駆け出しのwebデザイナーさんやコーダーさんに言えることですが、いつまでもプロゲートやドットインストールで勉強してもスキルは上がりません。

 

基礎を勉強するのは大事ですが、特にhtmlを何周回っても仕方ないです。

まだjsやphpであればわかりますが、終わったらさっさと模写に入って、実案件に進みましょう。

 

早く実案件をすることで、ガンガンスキルアップしていきます。

なぜなら、納期やお金がかからないと、どうしてもなぁなぁになるからです。

 

自分だけの制作ってなると、やっぱり人間ですから、どこかで妥協してしまいます。

それよりもお金がかかってプレッシャーがあるほうが間違いなくスキルアップするし、なによりも自力という素晴らしい力が付きます。

 

もちろん人に聞けるという環境も大事ですが、だいたいのことは調べれば解決します。

自分も勉強を初めて3ヶ月ほどのときに案件を無料で受注して、朝4時まで粘ってやったこともあります。

あの経験があるからこそ、今の自分の調べる能力になってきています。

 

当時の自分の失敗談を「消防士がプログラミングの仕事を受注した時の失敗談」にまとめましたので参考にしてください。

 

 

コロナ不況でも実際に転職活動をしてみる

コロナで転職は辞めておけ!と言われて、それなら辞めておこうと何もしないのではなく、落ち着いて状況が戻ったときに転職したのであれば、この時期でも転職活動をしましょう。

 

なんでやらない方がいい転職活動をするの?めんどくさって人はいいですしなくて。

でも本当にコロナが落ち着いて転職したいなら今のうちに転職活動を経験しておきましょう。

 

自分は本格的に転職活動をする前に、実際に転職活動をしてみました。

そこからエージェントを利用して転職活動をした訳です。

 

全くの未経験なのか、面接もしたことがある、職務経歴書も作ったことがあるという人では大きな差があります。

エージェントも全くの無知な人よりも間違いなく手助けはしやすいんです。

 

準備しているうちに、職務経歴書を練っているうちにいい求人はどんどんなくなっています。

ぜひとも今のうちに職務経歴書の書き方や面接のポイントなどしっかり勉強し体験していきましょう。

 

内定いただいても必ずしも転職しないといけない訳ではないですからね。

 

 

コロナウイルスで転職にビビってる?

コロナウイルスで転職にビビってる?

コロナウイルスで不況を目前にビビって転職はちょっと‥って思っていますか?

今回のコロナウイルスで明らかになったこともあります。

・リモートワークの可能性が理解できる

・田舎の方が安全性が高い

ここの2つは高まってくると思います。

 

コロナウイルスで転職希望者はリモートワークの可能性を理解できる

ということで田舎の私のところですら少しずつリモートワークになってきています。

ただ統計では5%ぐらいしかリモートになってないみたいで‥IT企業とかは正直リモートにしづらいですよね。

個人情報のことを考えたら社外にデータを持ち出すなんて正直無理ですし‥

 

その点に関してはweb系であればリモートはかなり可能性は広がります。

実際に海外で働いている人たちもいますし。

 

何はともあれ、コロナウイルスの影響でこれからリモートでもできる職業は需要が高まってきます。

転職するにもここの分野を視野にいれてもいいかもしれませんね。

 

コロナウイルスで転職希望者は田舎住みが増える?

これはリモートワークと結びつきますが、リモートワークができてかつ田舎に住めたら最高ですよね。

つまり場所を選ばない働き方の需要が高まってきます。

 

今回のコロナウイルスで田舎の方が安全なのは間違いないですし(これから増えるかもしれませんが)、田舎で安い家賃で住めればさらに幸福度も上がりますよね。

また自然もたくさんですから、やはり田舎でリモートワークができる仕事の需要が高まってきます。

 

希望の転職をかなえるためにも今の時期も活動すべき

やはりこうやって需要が変化していく中で、自分の希望の職に付くためには今のうちから動くべきですね。

少なからず、自分の今の状態が転職市場でどれぐらい需要があるのか?というのがわかるだけでもかなり大きな違いです。

 

本格的活動でなくてもエージェントの話を聞いたりするだけでも全然違いますから、まずは転職エージェントやサイトに登録してみてどんな求人があるかだけでもみてみましょう。

 

 

コロナウイルスで転職市場が縮小だからこそチャンスのまとめ

・独学でアピールポイントを作る

・案件を取って実際にやっていく

・実際に転職活動をしてみる

以上の3つが今、転職を考えている人がすべきことです。

転職は辞めといたほうがいいから活動自体を辞めるのではなく、活動はしつづけて、どんな人材なら企業は欲しがるのか?をしっかり考えていきましょう。

 

あなたにオススメの記事

未経験からWeb制作会社へ転職するときどこまでスキルがあるといいのか? 消防士がWebデザイナーに転職するまでにやったこと3選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です