公務員はブラックすぎる?薄給サビ残休日出勤?現実をどうぞ

この記事では「公務員って仕事楽だし安定しているから最高だよね」と思っている方で公務員を就職先候補に入れている人に現在を知っていただきたい記事になっています。

公務員って楽だし安定しているからありだなぁ

就活生さん

ぜひ公務員の現実というものを知ってください!

筆者わたでゅは4年間、地方公務員の消防士を務めてwebデザイナーに転職しました。

市役所の知り合いや友達などたくさんいるのでリアルを知っています。

公務員はブラックすぎる?薄給サビ残当たり前です

結論から言うと

公務員はブラックだし、サービス業として捉えないと痛い目見る

というのが現実です。

 

先日のツイート通りですが、公務員、はいみなさんが思っているよりブラックです。

ではここから以下の点について深堀りします。

・残業代が付くなんて夢物語

・土日休みだけどボランティアしまくり

・有給なんて取れたもんじゃない

先に断っておきますが、世間が言う公務員のイメージは「仕事が少ない部署で、かつまったくモチベーションがない人」のことを指します。

こういう人たちがいるから税金泥棒と言われますが、まぁ一部の話で改善の余地もないので辞めても野垂れ死ぬだけですから雇ってあげているって感じですね。

民間だったら間違いなくクビになっている人たちのイメージが世間のイメージです。

 

これから深堀りすることは正直、その職場によって上下差ありますが、現実でもあります。

 

公務員はブラックで残業代なんて夢物語

公務員はいいよね、残業代もちゃんと付くし‥へぇそうなんですね、どこの職場ですか?って感じです笑

 

市役所の話をすると、それぞれの部署に予算というものがあります。

その予算内での残業は確かに付きます。

ですが予算オーバーすると全てサービス残業が待ち受けています。

 

民間だったらみなし残業を超えたら全額支給ってなっているとこをが多いはずです。

もしそうでない企業なら早くスキルを盗んで転職したほうがいいですよ。

 

市役所の予算なんて微々たるもので、すぐにオーバーするという話ばかり聞きます。

とくに税務課、年金関係、市民課、教育課は激務と聞きます。

残業という概念を捨てて市民のために働いて嬉しいという感情がないときついかもですね。

 

では消防はどうでしょうか?

消防は24時間勤務でだいたい22時〜5時は仮眠時間となっていて給料は発生しません。

そうなんです仮眠時間って給料発生しないんですよ、だから夜間特殊勤務という時間外手当てが付くんです。めっちゃ少ないけど‥

つまり消防士って休み多そうに見えて働いている時間ってすっげー長いです。拘束時間が半端じゃない。

 

そしてその22時〜5時の間は現場に出たり通信員をしたら夜間特殊勤務が付きます。

事務処理をしていたら?そうです、手当てなんて付きません。

しかも係によっては毎当務仮眠は2時間なんて人もいますし、若手なんて先輩が寝ないと寝れないですし‥ただ働きしまくっているんですよね。

 

ここの現実を知らない現役消防士さんもいるので知っておいて損はないと思います。

 

公務員はブラックでボランティアがたくさん

公務員のもう一つのいいところとして休みが確立されているところですね。

 

はい、休みもボランティア活動が多いですね笑

これは市によってイベントの数が違うので一概には言えませんが、休みでもイベントがあれば出なきゃいけないです。

それも手当てとか付くんだろ?って思うじゃないですか、自分の市だけだといいんですが、消防なんて特にボランティアばかりでした。

 

役所の方も手当てがついても、イベントが10時〜12時だったら準備と後片付けをするのに、イベント時間の2時間しか付かないとかざらです。

少しでも予算を使わないように、市民のためという名目で搾取されまくります。

 

そして休日出勤も多いです。もちろんサービス!

消防も仕事明けや休みの日に、救助訓練っていう無駄な市民に失礼な訓練をしていますが、これもサービス!

 

ぶっちゃけて言うと、本当に休みってそこまで多くないですよ。

生半可な気持ちで入るぐらいなら、しっかり就活してホワイト企業に入ったほうがよっぽどマシですよ。

 

公務員はブラックで有給って何?

これは消防に関してですが、市役所はどうでしょうか?

自分がいた消防はほんとに有給が取れませんでした。

多い人で8日とか。

 

働き方改革で5日以上取れとなりましたが、消防って有給2日分をつかってやっと1日休めるんですよ。

しかも自分が希望して有給をとるというのは難しいです。

ここは消協に入っているとかいろいろ難しい部分があるので割愛しますが、人数が少ない消防は間違いなく有給が取れません。

 

市役所も部署の人数が少ないと有給はなかなか取りづらいでしょう。

そして公務員は体育会系っぽい風習があるので若手もなかなか休み希望は言いにくいといっている友達もいましたよ。

 

ブラックの公務員になるか迷っている就活生

実際に公務員の消防士を経験してから民間へ転職した私の経験から言うと、「公務員でまよっているぐらいならプログラミング勉強して民間行ったほうがいい」というのがアドバイスです。

 

実際、半端な気持ちで公務員になっても面白くないです。

やっぱり民間でバリバリ頑張ったほうがよかったかな‥なんて自分のような道になるのがオチです。

 

なので誰でも取っ付けて年収が上がりやすいプログラミングを勉強するのがオススメです。

ここに関しては「【体験談】公務員の転職はプログラミングで解決します」の記事で紹介しているので参考にしてください。

【体験談】公務員の転職はプログラミングで解決します

 

公務員がブラックなのは安定しているから当たり前

公務員がブラックなのは安定しているから当たり前

人は何かを得ようとしたら何かを捨てなければいけないですよね。

公務員ってクビにならない、必ず給料出るって確約されているのでブラックなのは当たり前なんじゃないか?って思いはじめてきたのは消防士3年目ぐらいですかね。

 

自分としては、そんなブラックとかよりも「もっと市民のためになる消防になって市民に納得してもらえれば、公務員の待遇をあげても問題はないんじゃないか?」と思っています。

 

市民のみなさんが、公務員んをひがむということは「市民が働きっぷりに納得していないから」ではないでしょうか?

没頭で話した「仕事にモチベもない、ただ甘い汁を吸っているだけ」の公務員がいるから市民は納得しないんだと思います。

 

安定しているけどブラックです、サービス業だと思ったほうがいいです。

 

公務員を目の敵にしている人たちの心理

おそらく公務員になろうかなと思っている人のなかで「公務員は市民の目が厳しいからなぁ」と思っている人もいるのではないでしょうか?

田舎消防士は周りの目がめんどくさいのは事実です

以前、上記の記事でも書きましたが、確かに市民の目はあります。とくに田舎だとこの気は強いです。

なので私生活から気にして生きないといけないということもあります。

 

しかしながら、公務員を目の敵にしている人たちに私が思うのは

「そんなに羨ましかったら公務員になればいいじゃん、でもなれるぐらいの頭がないんでしょ?」

って思っています。

 

こう思えばクレームがきた時も、そんなにイラついたりとかもしません。

公務員になっている人たちはある程度勉強はできます。

理不尽なクレームを言われたらこう考えておけば全くダーメジ食らわないのでオススメですよ!

 

公務員はブラックすぎる?のまとめ

まとめると、公務員はブラックなので市民に尽すという気持ちを持って就職するのがいいですよ。

 

また、公務員ブラックかぁ辞めとこうかなぁ、でも何になろう?と思っている方にはプログラミングが断然おすすめです。

ここに関しては「【体験談】公務員の転職はプログラミングで解決します」の記事で紹介しているので参考にしてください。

【体験談】公務員の転職はプログラミングで解決します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です